\ お買い物マラソン開催中! /

2022年に買ってよかった、家電・雑貨・オーディオ・カメラ・VR・ガジェット37選!

  • URLをコピーしました!

2022年もいろいろ買いました……

今年は衝動買いせずに、吟味して買うぞ!……と誓ったのが2022年初頭。ちゃんと吟味したつもりだったんですが、かなりの数の商品を購入してしまっていました。なんとか絞って37製品になりました。本当です!本当です!

INDEX

ライフスタイル関連の12製品

生活に密着したところで役に立っている製品です。

ウェアラブル:Reon Pocket 3

首の後ろに当てるアイテムで、夏は冷やしてくれるし、冬は温めてくれる、「着るエアコン」は伊達じゃない。先日のM-1グランプリ敗者復活戦を六本木ヒルズアリーナで観戦したんですが、あの冷え込みはReon Pocket 3無しには乗り切れませんでした。

買ってよかったポイント:夏は体を冷やして、冬は温めてくれる!猛暑・極寒には欠かせない。

サーキュレーター:QUADS QS202WH

冷房効率を上げるためのサーキュレーターを探していて、コードレスで動くものを探して見つけたのがこちら。DCモーターで静かだし、上下左右への自動首振りもでき、デザインも洗練されていて、価格も手頃と、買わない理由がありません。軽くて持ち運びやすいし、充電式バッテリーで動くので、使いやすいのです。

買ってよかったポイント:内蔵バッテリーでコードレス運用可、木製ハンドルで持ち運びやすい

加湿器:Dainichi Plus HD-RXT722

昨年まで加湿器の選び方を間違っていたんですよね。ダイニチのサイトで必要な加湿量を調べたら、リビングに対して加湿量が足りていなかったんです。そこで、必要な加湿量に合わせて選んだのがこちら。シンプルなデザインでインテリアにも調和して気に入っています。

買ってよかったポイント:加湿方法にハイブリッド式を採用して、急速な加湿と省エネ性を両立してくれています

プロジェクター:Nextorage NX1 ベッドルームプロジェクター

ベッドルーム用のプロジェクターという、尖った仕様の超小型プロジェクター。天井に映すことに特化しているので、寝たまま映画を見たりドラマを見たりしたいのなら、これを真っ先に検討すべき。ちなみに聞き覚えのないNextorage株式会社は、ソニーグループの企業です。

買ってよかったポイント:最高の堕落型プロジェクター。寝て見る深夜のW杯は最高だった。

ロボット掃除機:ROIDMI EVA

※こちらは提供いただいた製品です。

ROIDMI EVAは、ゴミの自動収集だけじゃなくて、モップによる拭き掃除とモップの自動洗浄も行うオールインワンのロボット掃除機。人間がやることは、タンクに水を入れてボタンを押すだけ。掃除後は汚水を捨てる。ロボット掃除機のモップの欠点は、押し付けが足りないこと(表面をなでるだけ)だと思うんですが、ROIDMI EVAはしっかり押し付けるので、汚れもちゃんと取れるんですよね。ROIDMI EVAなしの生活はもう考えられない。

スタンドライト:EGLO LEDフロアランプAPRICALE + SwitchBot スマート電球

ベッドルームの読書灯を探していて、シンプルな佇まいのフロアランプを見つけたので、Switchbotのスマート電球と組み合わせてみました。NFCタグと組み合わせて、iOSのオートメーションと組み合わせて、NFCタグに触れる→ランプを消す→睡眠アプリとアラームを設定する、という一連の作業をオートメーション化しています。超便利。

買ってよかったポイント:iOSのオートメーションと組み合わせて、寝る前のルーティンを半自動化できる

テーブルランプ:TABLE LAMP ICHI

前述のスタンドライトとは別に、枕元の明かりとして買ったのがこれです。スイッチも見えず、乾電池がどこに入っているかも意識させない、最高のシンプルさ。気に入っています。

買ってよかったポイント:スイッチ1つ見えないシンプルさ。佇まいがよく、見ていて飽きない。

マクラ:ヒツジのいらない枕

これまで使ってきた枕がへたってきたので、枕の買い替えを考えていて見つけたのがこちら。ゼリーのような柔らかさで頭をフワフワに包み込んでくれる、なのに通気性も良い、と最高の寝心地を提供してくれます。

買ってよかったポイント:寝心地最高。肩こりも軽減された気がします。

コーヒー(作るほう):OXO BREW コールドブリュー 濃縮コーヒーメーカー

濃厚で美味しいアイスコーヒーが“安定して”作れるようになりました。夏場はフル稼働でした。超濃厚なアイスコーヒーができるので、たっぷりの氷でも美味しいアイスコーヒーになるし、カフェオレベースとしても使えます。次の夏も継続して使い続ける予定です。

買ってよかったポイント:一晩漬けおくだけで、お店レベルの濃いアイスコーヒーが完成する!

コーヒー(飲むほう):パール金属 銅 マグカップ

上島珈琲店でアイスコーヒーを飲んで、銅カップの良さに目覚めました。銅は熱伝導性が高く、冷たさがより増すので、アイスコーヒーを飲むのにこれほど適したマグカップはありません。前述のOXO BREW コーヒーメーカーで美味しいアイスコーヒーができたので、これを機に購入しました。

買ってよかったポイント:アイスコーヒーの冷たさが抜群!

ダストボックス:MORANDI SMART SENSOR BIN 12L

リビングに置いておくゴミ箱を探していました。フタはついていてほしい、でも開けやすくなっててほしい。結果、手をかざすことでフタが開くゴミ箱にたどりつきました。

買ってよかったポイント:乾電池で動くシンプルさ。フタを開閉する音もとても静か。

玄関:キングジム 収納ボックス ハルペギー

カギを掛けたり、マスクを突っ込んだり、玄関先で必要なものを詰め込める収納ボックスです。背面がマグネット、前面が開閉式の有孔ボードになっています。

買ってよかったポイント:背面がマグネットになっているので、玄関ドアに貼り付けられる。

オーディオ関連の9製品

ウェアラブル(メガネ):HUAWEI Eyewear

2022年は多くの「耳をふさがない」デバイスをレビューしてきましたが、HUAWEIのEyewearはすごかった。どれくらいすごかったかというと、貸し出してもらってレビューしてもらっていたのに、レビュー中に自腹購入してしまったほどに。OWNDAYSでレンズを入れてもらってからは、神デバイス。

テレワークでのマイクとしても使えるし、オーディオデバイスとしても開放型のいい音がする。見た目にはただのメガネなので、周りからは音楽を聴いているように見られないし、通話中は一人で喋っているヤバい人に見られます。

買ってよかったポイント:最高の「ながら聴き」デバイス。

ウェアラブル(オーディオ):Oladance ウェアラブルステレオ ワイヤレスイヤホン

こちらは購入したものではなく、レビュー用にメーカーから提供を受けた製品ですが……ながら聴きのオーディオ機器とは思えないほど、迫力のある音が鳴ります。かけ心地もよく、スリムなケースも気に入っていて、ついつい持ち歩きたくなります。

買ってよかったポイント:完全ワイヤレスとは思えない迫力ある音質、小型スピーカーを耳にのせているよう。

骨伝導イヤホン:オーディオテクニカ ワイヤレスイヤホン ATH-CC500BT

骨伝導イヤホンといえばShokzの独壇場でしたが、軟骨伝導という手段でオーディオテクニカが参入してきました。実は、骨伝導と軟骨伝導は、聴こえ方が全く違います。従来の骨伝導にあった「音を大きくすればするほど振動が大きくなる」がなく、イヤホンのような聴こえ方になります。

このため、ATH-CC500BTは骨伝導とは思えないほど音がよくなっています。aptX HDにも対応しています。

買ってよかったポイント:イヤホンのように聞こえる軟骨伝導、音量大きめでもブルブル震えない

有線ヘッドホン:Teenage Engineering M-1 ヘッドホン

テレワークでのオンライン会議では、OpenCommやZone Vibe 100を使いますが、接続トラブルに備えて有線ヘッドセットも用意しています。Teenage Engineeringのヘッドホンはシンプル&コンパクトで、ブームマイクも付属しています。

買ってよかったポイント:シンプルでコンパクトなヘッドホン、専用のブームマイクも付属する

ワイヤレスヘッドホン:Bowers&Wilkins Px7 S2

2022年はワイヤレスヘッドホン選びに時間をかけました。SONYやゼンハイザー、バングアンドオルフセンのヘッドホンと比較しながら、音質に納得して購入したのが、Bowers&WilkinsのPx7 S2でした。きめ細かい音作りは、心地よいほど美しく、何時間でも聴いていたくなります。

買ってよかったポイント:美しいデザインときめ細かな音質、最高のワイヤレスヘッドホンです。

完全ワイヤレスイヤホン(カナル型):Bang&Olfusen Beoplay EX

2022年はAirPods Proの第2世代が登場し、話題になりました。当然購入しましたし、その完成度の高さには驚かされました。しかし、今年最高の完全ワイヤレスイヤホンを選べと言われたら、Beoplay EXです。音質もさることながら、とにかくデザインが美しい。

買ってよかったポイント:美しい音と美しいデザイン、すべてのバランスが高いレベルで調和した最高の製品

(余談)AirPods Pro 第2世代は、アップデートで隠し球があるはずなので、それ待ちかな。LE AudioとLC3コーデック対応をどういう言い方で実装するのか楽しみです。

完全ワイヤレスイヤホン(オープン型):WF-L900 LinkBuds

耳に入れているのに、周りの音がそのまま聞こえるという体験は驚きでした。音質もよく、何より超小型のケースなので、手軽に持ち運びたくなります。ソフトウェアアップデートでマルチポイント接続に対応したことで、使い勝手が飛躍的に上がりました。意欲的な製品で、楽しい。

買ってよかったポイント:ながら聴きイヤホンの金字塔、街歩きのお供になる。

各種アダプター:Audirect LTOC+Nura Bluetooth® 5.3 Audio Transmitter

クリエイティブのBT-W4や、ゼンハイザーのBTD 600など、USB-C機器をaptX Adaptive対応にするBluetoothアダプターはありましたが、iPhoneでは電力不足のため正攻法では使えませんでした。Nura Bluetooth® 5.3 Audio Transmitterはその問題を解決してくれました。

合わせて紹介しているLTOCアダプターは、ケーブルレスでLightningをUSB-C対応にしてくれる製品です。

買ってよかったポイント:iPhoneがaptX Adaptive対応になる

Mac・iPhone・iPad関連の11製品

ディスプレイ:Dell U3223QE

まさか、AppleのStudio Displayを3ヶ月で手放すことになるとは思いませんでした。理由は、32インチから乗り換えたため、画面が小さく感じること……。なので、Studio Display自体は悪くないです。

32インチに戻る際に吟味して選んだのがDellのU3223QE。USB-Cディスプレイで拡張性は抜群、狭額縁ディスプレイは没入感を上げてくれるし、最高に気に入っています。

買ってよかったポイント:USB-Cポート1基を含むUSBハブ6基を装備、薄くて細いディスプレイも良い。

ウェブカメラ:ロジクール Brio 500

こちらは提供いただいた製品です。ディスプレイの上に載せても圧迫感の少ないデザインで、高画質は当然として、軽く回せるプライバシーフィルターや、手元を写せる機能など、最先端のウェブカメラの機能をしっかり盛り込んでいます。お気に入りです。

買ってよかったポイント:主張の少ないコンパクトデザイン、トレンドの機能もしっかり盛り込まれています

ワイヤレスヘッドセット:ロジクール Zone Vibe 100

こちらも提供いただいた製品です。格納式のブームマイクを備えたワイヤレスヘッドセットで、マルチポイントにも対応して、音質も上々。ヘッドホンとして使ってもいい製品です。本製品の最も稀有な特徴はその軽さ。200gを切っていて、まるでモックアップのような軽さです。

買ってよかったポイント:アラウンドイヤーのワイヤレスヘッドホンなのに、200g以下の超軽量

モバイルバッテリー:Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)

電源接続時はUSB充電器として最大45W、モバイルバッテリーとして最大20Wの出力を誇ります。5,000mAhの容量は、外出時の電力として必要十分です。MacBook AirとiPhoneを使う私にとっては、超使い勝手のいいUSB充電器なのです。

買ってよかったポイント:MacBook Airも余裕で充電できる45W出力、緊急用のバッテリーとしても有用

USB充電器:Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)

前述のAnker 521 Power Bankと合わせて使っているのが、この小型のUSB充電器。昔のiPhoneに付属していた小型充電器(5W出力)とほぼ同サイズなのに、MacBook Airを充電できる最大30W出力を誇るUSB充電器なのです。折りたたみプラグだし。小さいの最高!

買ってよかったポイント:かつてのiPhone付属の5W充電器とほぼ同じサイズで、MacBook Airを充電できる

ワイヤレスキーボード:HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/雪

雪モデルが登場したので、買ってしまいました。打鍵感の良さには定評があるHHKB、今更言うまでもなく最高のキーボードです。

買ってよかったポイント:美しいホワイトキーボード!高速打鍵できる軽やかさが最高!

持ち運びに使っているのは、LOEのキーボードバッグです。

ワイヤレスマウス:ロジクール MX Master 3S

MX Master 3は使っていたものの、ホワイトモデルが出たということで買い替え。静音性がプラスされて、使い勝手がアップしてますね。何の不満もありません。

買ってよかったポイント:正確な操作性に加えて、静音性がプラス。

M650 Signature マウスと迷ったけど、MX Master 3Sで。でも、5000円以下なら、間違いなくM650を推します。

ノートパソコンスタンド:Twelve South Curve Flex

MacBook Airをディスプレイに繋ぐときはクラムシェルモードで使っているんですが、最近では拡張ディスプレイとして使うために、高さが出せるノートパソコンスタンドを探していました。ウェブカメラが使いやすい位置まで持ち上げるので、目線も上がって、いい感じです。

買ってよかったポイント:目線の高さまで持ち上げてくれる、持ち運び用のケースも付属しています

ノートパソコンスタンド(ポータブル):INOVAスタンド

カバンの中に常時携帯しておける、折りたたみ式のノートパソコンスタンド。手のひらサイズまでたためて、手順通りに開いていくとMacBook Airまで支えられるスタンドに様変わり。タブレットやスマホにも対応するので、何かと役立っています。

買ってよかったポイント:ノートパソコンスタンドなのに、手のひらサイズにたためて超小型・超軽量になる

MagSafeスタンド:IPEVO Uplift Magnetic マグネットスマホ スタンド

2022年はMagSafeスタンドを多くレビューしました。中でも気に入っているのが、IPEVOのUplift Magnetic マグネットスマホ スタンド。

IPEVOは書画カメラ(デスク上の書類を映すカメラ)のメーカーで、iPhoneを書画カメラに変えてくれるMagSafeスタンドです、が、そもそも重量感があって安定している上、かなり高い位置まで持ち上げてくれるので、連係カメラとの相性も抜群です。

買ってよかったポイント:安定感抜群のMagSafeスタンド、iPhoneを42cmの高さまで持ち上げてくれる

iPadスタンド:CharJenPro MagFlött Magnetic Stand

iPad Proとマグネットで吸着するスタンド。その使いやすさもさることながら、シンプルで美しい佇まいが魅力です。

買ってよかったポイント:iPadをパソコンのように使えるスタンド。マグネットで着脱がカンタン。

カメラ関連の2製品

デジタルカメラ:SIGMA fp L

レビュー用の写真でトリミングする機会が多いので、手っ取り早く超画素数のデジカメが欲しいと考えていました。もともと使っていたSIGMA fpには何の不満もなかったので、そのまま上位モデルにスライドしています。マップカメラの買い替えが楽でした。

買ってよかったポイント:トリミングしても問題ない、約6,240万画素の超高画素

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

SDカード:SUNEAST SDXCカード 128GB UHS-II V60

SIGMA fp Lを手に入れたは良かったんですが、6000万画素を超えてくると、1枚あたりのRAWファイルの容量が100MB近くなるんですよね。手持ちのSDカードではスピード不足で、1枚撮るたびに待ち時間が発生しました。Amazonのセールで安くなっていたSUNEASTのSDカードを購入してみました。速い!

Macへの転送も時間がかかるようになったので、UHS-II対応のカードリーダーも買い直しました。

買ってよかったポイント:V60の最低保証速度を大きく上回る速度、UHS-IIで高速転送も可能

Meta Quest関連の3製品

Meta Quest 2(アダプター):ROOX HMD ダイヤルストラップ for Meta Quest 2

こちらは提供いただいた製品です。Meta Quest 2を使うのがわずらわしいと思う原因が2つあって、1つ目が「頭に固定するベルト」です。このダイヤルストラップは後頭部にあるダイヤルを回すだけで、締めたり開いたりしてくれる便利アイテムです。装着性が格段に上がるので、Meta Quest 2を使う全ての人にオススメしたい。

買ってよかったポイント:ダイヤルを回すだけで、Meta Quest 2を固定できる

Meta Quest 2(レンズ):ROOX オーダーメイド視力補正 for Meta Quest 2

こちらは提供いただいた製品です。Meta Quest 2を使うのがわずらわしいと思ってた原因の2つ目が「メガネ」。Meta Quest 2を被ると、メガネが邪魔なんですよね、かといって、メガネなしだと見えづらい。このオーダーメイドレンズは、注文時にメガネのレンズの度数を入れておくことで、自分に合ったレンズが届くというもの。

Meta Quest 2にはマグネットで吸着するので、取り外しも楽です。

買ってよかったポイント:Meat Quest 2を使うのに、メガネを気にしなくてよくなった

Meta Quest 2(イヤホン):Anker Soundcore VR P10

Meta Quest 2に最適化されたUSB-Cドングル付属の完全ワイヤレスイヤホン。電源をパススルーできるので、ドングルを接続しつつ、そのまま電源にも繋げます。USB-Cドングルは汎用的に使えるので、iPadやニンテンドースイッチでも楽しめます。アプリでLEDの色を変えられるのも好き。

買ってよかったポイント:電源をパススルーできるUSB-Cドングルが付属、最新のLC3コーデックも使える

2022年のまとめ

振り返ってみると、「耳をふさがないイヤホン」を中心に、ウェアラブルデバイスを取り上げる機会が多かったように思います。より自然な形で人間の感覚を拡張・進化させるガジェットは増えていくでしょうし、個人的にも興味津々なので、取り扱ってみたいと考えています。

一方で、買ってよかったの中に、iPhone 14 Pro MaxやiPad Pro 12.9インチ(M2)を入れませんでした。大きな進化を感じなかった、よく言えばスマホもタブレットも完成されてきたということでしょう。完全ワイヤレスイヤホンも同じで、音質を追い求めるだけでなく「どう聴くか」という点が今後重要になってきそうです。

2022年に公開したレビュー本数は136本。2021年の141本、2020年の210本には及ばず。数を稼げばいいというものでもないんですが、今年はモチベーションの上がらない時期が何回かあり、気分をどう上げていくかは2023年の課題だなと思いました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX