ケース不要!iPad Proをマグネットで吸着する、CharJenPro MagFlött Magnetic Standをレビュー

  • URLをコピーしました!

スマートで着脱が容易なiPadスタンドを探す……

iPad Proを使っていると、ちょうどいい高さのスタンドが欲しくなります。

わが家で使用しているiPad Pro用のスタンドは、klearlookのタブレットスタンドです。ガッチリ固定して、高さ調節も行えるので重宝しているんですが、着脱時の締め付けが厳しいので、付けたら付けっぱなし。逆に外すと、なかなか付ける気になりません。

キングジムのBASE BS03を引っ張り出してくることもあるんですが、こちらは高さがありません。できれば、ディスプレイと一緒に並べたいので、その点ではやや使いづらいです。

理想は、それなりに高さが出て、着脱が容易なiPadスタンドです。いろいろ探した中で、理想的だったのはPITAKAのMagEZ Standでした。何度か買おうとしたものの、躊躇したのは専用のiPadケースを必要とすること。iPad Proにケースを付けずに運用したいので、思いとどまってしまいます。

高さがそれなりにあって、着脱が簡単で、専用のケースを必要としないiPad Pro用のスタンド……そんなものあるんでしょうか……ありました。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

CharJenPro MagFlött Magnetic Standをレビュー

今回購入したのはCharJenProのMagFlött Magnetic Standです。海外からの発送ですが、日本へも送ってくれました。AmazonでもCharJenProの製品を扱っているショップはあるので、いつかMagFlött Magnetic Standも販売されるかもしれません。

パッケージはけっこう大きいです。iPad Pro 12.9インチのパッケージと同じくらい大きいです。

MagFlött Magnetic Standには、iPad Pro 12.9インチ用と、iPad Pro 11インチ/iPad Air 10.9インチ用があります。また、それぞれにスペースグレーとシルバーのカラーバリエーションがあります。今回購入したのはシルバーです。

スタンドは組み立て式。工具は付属しているので、ドライバーは不要です。

付属品はいろいろあるんですが、組み立ては数分で終わります。

さっそく組み立てていきましょう。

MagFlött Magnetic Standを組み立てる

まずは、スタンドの接合部分にアルミのプレートを差し込みます。

差し込んだらネジ穴が合うので、付属のネジで2箇所でしっかり締めます。

次は台座です。背板と台座にそれぞれ3箇所のネジ穴が空いているので、こちらも組み合わせます。

台座の裏には四隅に滑り止めがあります。サポート用のQRコードも並んでいるので、何かあればスタンドをひっくり返してアクセスしましょう。

iPad Pro 12.9を貼り付ける面には、保護用のマイクロファイバーが貼り付けてあります。

柔らかな手触りです。

背面カメラ用に加工されているので、スタンドに設置した後でもカメラが使えます。

スタンドの背面はマットな素材になっています。

ただ、iPad Proにしては縦長……?そう気づいたあなたは鋭いです。

iPad Pro 12.9をMagFlött Magnetic Standに設置する

とりあえずスタンドができたので、立ててみます。シンプルな立ち姿です。

iPad Pro 12.9を近づけるだけで、ピタッとくっつきます。専用のケースも何も使っていません。素のままのiPad Pro 12.9です。

背面から見てみるとiPad Pro 12.9をくっつけるマグネット部は、3/5程度の面積しかありません。着脱する際には下から剥がすように取り外します。一瞬です。

今回使用しているのは第5世代のiPad Pro 12.9です。カメラ穴は第5世代向けになっているので、それ以前のiPad Proでも大丈夫です。

背面パネルは、iPad Pro 12.9の角に合わせてピッタリくっついています。

側面から見てみます。立ち姿が美しいです。

ワイヤレスマウスとキーボードを組み合わせることで、スマート&コンパクトなデスクトップiPad Pro 12.9が完成します。

マウスとキーボードは、ロジクールのM650とK380です。

ポートレートモードにすれば、通話もやりやすくなります。

この状態でFaceTimeが使えるのが便利なんです。

MagFlött Magnetic Stand特製のUSB-Cケーブルとは……?

ところで、MagFlött Magnetic Standにはコネクタが180度に曲がったUSB-Cケーブルが付属しています。

なんと、MagFlött Magnetic StandとiPad Pro 12.9の厚みをカバーするコネクタです。

正面からみると、ちょっとだけ出っぱったコネクタしか見えないようになっています。

さらに、背板にある穴からケーブルをスマートに背面に逃すことができます。

見た目にも、スマートなケーブルマネジメントを可能にします。(もちろん、充電しないならケーブルを使わなくてもいいです)

テンションが上がる、美しい機能性です……!

CharJenPro MagFlött Magnetic Standのまとめ

ようやく納得できるiPad Proスタンドに出会えました。MagFlött Magnetic Stand、最高です。MacとiPadでユニバーサルコントロールが可能になったので、ディスプレイの横に置いて、操作しています。縦でも横でも自由自在、着脱も簡単です。

ただ、MagFlött Magnetic Standの難点は価格ですね、そもそも高価なところへ日本への発送費も高め、さらに円安も加わるので、おいそれとオススメできません……。どこか代理店が立ってくれればいいんですけど(それはそれで本体価格が高くなるでしょうが……)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX