\ 楽天スーパーセール開催中! /

【2022年版】テレワーク用ディスプレイならこれを買おう!Webカメラ内蔵ディスプレイ21機種まとめ

  • URLをコピーしました!

テレワーク推奨で、外付けディスプレイが絶好調?

コロナ禍の中、日本中の企業にテレワークが推奨されたことで、在宅で仕事をされる方が急増しました。その中で急伸したサービスといえば、テレカン・ウェビナー・Web会議関係でしょう。Zoom・Meet・Teamsを使われている方は多いはず。
さて、テレカンに必要なものといえば、マイク・スピーカー、そしてWebカメラです。3月〜4月ごろは、ヘッドセットやカメラ関連が品薄になり、店頭からその姿を消し、メルカリ等では高額で転売されていました。

そして、ヘッドセットやカメラほどではありませんが、ディスプレイの販売も好調だったようです。このサイトでも、USB-Cディスプレイのまとめ記事にはアクセスが急増しました。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

ニッチだけど超便利?!Webカメラ内蔵ディスプレイの世界

世の中には非常に多くのPC用ディスプレイが存在しますが、テレカンに便利な「Webカメラ内蔵ディスプレイ」というカテゴリーの製品があります。ニッチな市場ではありますが、その選び方を見ていきましょう。

Webカメラ内蔵ディスプレイの選び方

HDMIやDisplayPortで繋ぐ?USB-Cで繋ぐ?

ディスプレイ内のWebカメラを使うには、USBでデータのやりとりをする必要があります。このため、映像ケーブルとは別にUSBケーブルを接続する必要があります。映像とデータ、合計2本のケーブルが必要です。
映像用にHDMIやDisplayPortケーブルで繋ぐのは王道ですが、最近のディスプレイやノートPCにはUSB Type-C(以下USB-C)が備えられており、USBデータだけでなく、映像の入出力や電源の供給を担ってくれます。
つまり、下図のようにケーブルを大幅に削減できるのです。

ただし、ノートPCにUSB-Cがあっても実現できるとは限りません。映像出力に対応したUSB-Cなのか、USBで大電力をやり取りするための規格「USB PowerDelivery(以下USB PD)」に対応したUSB-Cなのかを確認する必要があります。
USB-Cディスプレイ/Thunderbolt 3ディスプレイについては、下記の記事で詳しく解説しています。興味があればご覧ください。

なお、USB-Cを搭載したMacBook/Air/Proはすべて対応しているので、気にせずに使えます。

Windows Hello対応か?

Windowsをお使いの方であれば、ログインの認証方式として「Windows Hello」があります。カメラ内蔵ディスプレイの中には、赤外線カメラを搭載して「Windows Hello」の顔認証を利用できるものがあります。

注意して欲しいのは、新しい製品であっても、必ずしも対応しているわけではないこと。Windows Helloを利用される予定の方は確認しておきましょう。

マイクとスピーカーは内蔵されているか?

カメラ内蔵ディスプレイの利用用途は、ほとんどがテレカンです。このため、カメラと一緒にマイクも内蔵されています。
ただし、スピーカーは内蔵されていないこともあります。この場合はイヤホンやヘッドセット、外付けスピーカーを使うことになるでしょう。

有線でも無線でも使えるスピーカーフォンや、マイク性能に優れた各種ヘッドセットが一つあると、非常に便利です。

プライバシーシャッターはあり?なし?

テレカンといっても、常にカメラで顔出しするわけではありません。映したくない場合もあるでしょう。また、意図せず映ってしまうということもあるでしょう。
カメラ内蔵ディスプレイには、プライバシーシャッターを備えたものがあります。つまり、カメラのレンズ自体を物理的に隠してしまう機能です。下図のうち、2と3がそれに当たります。

TeamsやZoomのアプリケーションごとの設定で、カメラをオフにすることもできますが、物理的に隠せるほうが確実です。

メーカー別Webカメラ内蔵ディスプレイ

各メーカーから発売されている、Webカメラ内蔵ディスプレイをまとめてみました。

マウスコンピューター

ProLite XUB2490HSUC

Webカメラの接続方法が合理的で、なんと上面にUSBポートがあり、そこに挿してあるのです。つまり、不要な時は抜けばいいだけ、と分かりやすくなっています。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力HDMI ×1、DisplayPort ×1、D-Sub ×1
Webカメラ2MPカメラ
Windows Hello対応×
プライバシーシャッター○(Webカメラ取り外し)
内蔵マイク○(カメラに内蔵)
スピーカー○(ステレオスピーカー)

HP

HP M27 Webcam ディスプレイ

icon

Webカメラを内蔵したUSB-Cディスプレイになります。USB-Cケーブル1本で映像入力から最大65Wの電力供給まで対応します。リフレッシュレートは75Hzあり、少しだけ滑らかな映像が期待できそうです。

パネルタイプ27型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力HDMI ×1、DisplayPort ×1、USB-C ×1
Webカメラ5MPカメラ
Windows Hello対応×
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク○(デュアルマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー)

HP M24 Webcam ディスプレイ

icon

上記のM27とほぼ同等の性能で、23.8インチサイズになったのがこちらのM24です。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力HDMI ×1、DisplayPort ×1、USB-C ×1
Webカメラ5MPカメラ
Windows Hello対応×
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク○(デュアルマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー)

HP E24mv G4 23.8インチビデオ会議用 IPSモニター

icon

こちらは法人向けの製品です(個人でも購入できます)。4基のUSB出力ポートがあり、USBハブとして使うことができます(USB-Cではありません)。HDMIやDisplayPortだけでなくVGA入力もあるので、古いPCでも使えるようになっています。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力VGA ×1、HDMI ×1、DisplayPort ×1
Webカメラ5MPカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク○(デュアルマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 2W+2W)

Dell

S2722DZ


スリムなベゼルを持ったスタイリッシュなWebカメラ内蔵ディスプレイです。Windows Hello対応のカメラに、ノイズキャンリングマイクに、5Wのステレオスピーカーなど、テレワークやウェビナーにも過不足のない環境を作ることができます。USB PDは最大65Wに対応し、ノートPCを充電しながら使うこともできます。

パネルタイプ27型ワイド IPSアンチグレア
解像度2,560×1,440
映像入力USB-C ×1、Displayport ×1、HDMI ×1
Webカメラ5MP赤外線センサーカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク○(ノイズキャンセリングマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 5W+5W)

S2422HZ

S2722DZのスペックのまま、23.8インチ・フルHDになったディスプレイです。コンパクトに使いたい場合はこちらがいいでしょう。価格も少し安くなっています。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力USB-C ×1、Displayport ×1、HDMI ×1
Webカメラ5MP赤外線センサーカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク○(ノイズキャンセリングマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 5W+5W)

【オススメ】C3422WE

Microsoft Teams向けに認定されたビデオ会議ディスプレイです。Teams用のボタンもあります。Windows Helloの顔認証に対応した5MP IRカメラに、5Wデュアルスピーカー、さらにノイズキャンセリングマイクまで備えています。
USB PDは最大90Wに対応し、デュアルディスプレイ用のDisplayPort出力、最大1Gbpsの内蔵LANポートもあります。まさにテレワークのためのディスプレイと言えるでしょう。
ウルトラワイドな曲面ディスプレイなので、設置場所には注意してください。2021年3月6日発売です。

パネルタイプ34.14型ワイド IPSアンチグレア
解像度3,440×1,440
映像入力USB-C ×1、Displayport 1.4 ×1、HDMI ×1
Webカメラ5MP赤外線センサーカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク○(ノイズキャンセリングマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 5W+5W)

【オススメ】C2722DE

こちらもMicrosoft Teams向けに認定されたビデオ会議用ディスプレイの27インチ・QHD版です。少し大きめのディスプレイを導入したい方にはちょうどいいサイズ感ではないでしょうか。2021年3月6日発売です。

パネルタイプ27型ワイド IPSアンチグレア
解像度2,560×1,440
映像入力USB-C ×1、Displayport ×1、HDMI ×1
Webカメラ5MP赤外線センサーカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク○(ノイズキャンセリングマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 5W+5W)

【オススメ】C2422HE

こちらもMicrosoft Teams向けに認定されたビデオ会議用ディスプレイの23.8インチ・フルHD版です。個人でテレワークに使うにも、法人でオフィスに導入するにもちょうどいいサイズ感ではないでしょうか。この性能でこの価格はかなりリーズナブルです。2021年3月6日発売です。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力USB-C ×1、Displayport ×1、HDMI ×1
Webカメラ5MP赤外線センサーカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク○(ノイズキャンセリングマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 5W+5W)

Dell プロフェッショナルシリーズ P2418HZ

Windows Helloに対応し、テレカンに特化したディスプレイです。法人向けのように見えますが、個人向けとしてラインナップされています。2017年の製品なので、Skype for Businessが推されています。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力VGA ×1、Displayport ×1、HDMI ×1
Webカメラ2MPフルHD赤外線センサーカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク○(ノイズキャンセリングマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 5W+5W)

ASUS

BE24EQK

ビジネスに最適な23.8インチのディスプレイです。USB-Cには対応しませんが、HDMI・DisplayPort・VGA(D-Sub15ピン)と幅広い映像入力に対応します。さらに、内蔵Webカメラは上下左右に稼働するため、ディスプレイの向きを気にする必要はありません(上下に±10°、左右に315°回転します)。何より、Webカメラ内蔵ディスプレイとしてはリーズナブルです。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSノングレア
解像度1,920×1,080
映像入力Displayport ×1、HDMI ×1、D-Sub 15ピン ×1
WebカメラフルHD(200万画素)カメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(カバーシャッター)
内蔵マイク○(ビームフォーミング方式)
スピーカー○(ステレオスピーカー 2W+2W)

Acer

CB272Dbmiprcx

27インチのフルHD、非光沢のIPS液晶、しかもゼロ・フレームデザインをうたう狭額縁でマルチディスプレイにも最適です。Webカメラは回転式で、下を向ければカメラを隠すことができます。2021年6月10日発売です。

パネルタイプ27型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力Displayport ×1、HDMI ×1、ミニD-Sub 15ピン×1
Webカメラ2MPマイク付きカメラ
Windows Hello対応×
プライバシーシャッター○(回転型)
内蔵マイク
スピーカー○(ステレオスピーカー 2W+2W)

CB242YDbmiprcx

こちらは23.8インチで、画面サイズ以外のスペックはほぼ同じ。オフィスでデュアルディスプレイを構築するなら、こちらの方が取り回しがよさそうです。HDMIやDisplayPortだけでなくD-Sub15ピンまで備えているので、オフィスでの互換性は抜群。2021年6月10日発売です。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力Displayport ×1、HDMI ×1、ミニD-Sub 15ピン×1
Webカメラ2MPマイク付きカメラ
Windows Hello対応×
プライバシーシャッター○(回転型)
内蔵マイク
スピーカー○(ステレオスピーカー 2W+2W)

B277Dbmiprczx

こちらはWindows Helloに対応した27インチモデル。USBハブは3基あり(USB-A)、USB3.2 Gen1で最大5Gbpsの通信が可能です。テレワークでもセキュリティに配慮する環境であれば、Windows Hello対応モデルを選んでおきたいところです。2021年6月10日発売です。

パネルタイプ27型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力Displayport ×1、HDMI ×1、ミニD-Sub 15ピン×1
Webカメラ2MPマイク付きカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(回転型)
内蔵マイク
スピーカー○(ステレオスピーカー 2W+2W)

B247YDbmiprczx

こちらもWindows Helloに対応した、23.8インチモデルです。スペックは27インチモデルと(画面サイズ以外は)ほぼ同じです。なお、保証は3年(パネル・バックライトユニットは1年)あるので、安心です。2021年6月10日発売です。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力Displayport ×1、HDMI ×1、ミニD-Sub 15ピン×1
Webカメラ2MPマイク付きカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(回転型)
内蔵マイク
スピーカー○(ステレオスピーカー 2W+2W)

LG

LG UltraFine 5K Display 27MD5KL-B


Apple Storeでも販売されている、Mac向けのディスプレイです。27インチで5Kという驚異の解像度に、入出力はThunderbolt 3とUSB-Cのみ、USB PDは最大94WでMacBook Pro 16インチにも対応と、割り切ったハイエンド仕様になっています。

パネルタイプ27型ワイド IPSアンチグレア
解像度5,120×2,880(5K)
映像入力Thunderbolt 3 ×1(USB PD最大94W)
Webカメラあり
Windows Hello対応×
プライバシーシャッター×
内蔵マイク○(デュアルマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 5W+5W)

Lenovo

ThinkVision T24v-20


USB-Cには対応しないものの、それ以外の機能はバランスよく搭載しており、コスパの高いディスプレイです。上部のカメラは回転させることでレンズを隠すことができます。

パネルタイプ23.8型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力VGA ×1、Displayport1.2 ×1、HDMI1.4 ×1
Webカメラ1080pカメラ(200万画素)
Windows Hello対応
プライバシーシャッター
内蔵マイク○(デュアルマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 3W+3W)

ThinkVision T22v-20


T24v-20の21.5インチ版です。価格差はわずかなので、サイズを取るか、価格を取るか、迷いどころです。

パネルタイプ21.5型ワイド IPSアンチグレア
解像度1,920×1,080
映像入力VGA ×1、Displayport1.2 ×1、HDMI1.4 ×1
Webカメラ1080pカメラ(200万画素)
Windows Hello対応
プライバシーシャッター
内蔵マイク○(デュアルマイク)
スピーカー○(ステレオスピーカー 3W+3W)

Philips

32:9 SuperWide カーブド液晶ディスプレイ 499P9H1/11


49インチの巨大なカーブドディスプレイ。解像度は5120×1440にも及びます。USB-Cを使ったドッキングステーションになるよう作られており、USB PDによる電源供給にも対応しています。スタンドを含めた重量は約15kgになるので、設置の際にはお気をつけください。

パネルタイプ48.8型ウルトラワイド VAアンチグレア
解像度5,120×1,440
映像入力Displayport 1.4 ×1、HDMI 2.0b ×2、USB-C 3.1 Gen2 ×1(USB PD 最大65W)
Webカメラ2.0メガピクセルFHDカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク
スピーカー○(ステレオスピーカー 5W+5W)

32:10 SuperWide カーブド液晶ディスプレイ 439P9H1/11


499P9H1/11の43インチ版ですが、USB PDが最大75Wだったり、HDMIが1基だったり、スペックが微妙に異なります。

パネルタイプ43.4型ウルトラワイド VAアンチグレア
解像度3,840×1,200
映像入力Displayport 1.4 ×2、HDMI 2.0b ×1、USB-C 3.2 Gen1 ×2(USB PD 最大75W)
Webカメラ2.0メガピクセルFHDカメラ
Windows Hello対応
プライバシーシャッター○(ポップアップ型)
内蔵マイク
スピーカー○(ステレオスピーカー 5W+5W)

GREEN HOUSE

GH-ALCT24B-BK


Windows 10のマルチタッチ機能に対応しています。背面にスタンドを備えていて、15度から70度までタッチしやすい角度に調整ができます。

パネルタイプ23.6型ワイド VAグレア
解像度1,920×1,080
映像入力VGA ×1、Displayport ×1、HDMI ×1
Webカメラ有効画素数92万画素/最大解像度1,280×720/固定フォーカス
Windows Hello対応×
プライバシーシャッター×
内蔵マイク
スピーカー○(ステレオスピーカー 1.5W+1.5W)

まとめ

カメラ内蔵ディスプレイは非常にニッチな製品ではあるものの、テレワークでのカメラ需要やUSB-Cの普及によるディスプレイの高機能化で、今後メジャーな周辺機器になっていくかもしれません。引き続きこのジャンルは追っていきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX