\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

不安定なMeta Quest 2を安定させよう!/ROOX HMD ダイヤルストラップ for Meta Quest 2 レビュー!

  • URLをコピーしました!

Meta Quest 2の装着が面倒くさい……

メタバース、VRゲーム、VR教材……などなど、Meta Quest 2で楽しめるコンテンツが増えていくのは嬉しいんですが、Meta Quest 2の盛り上がりとは裏腹に、私自身はVRからやや疎遠になっています。なぜかというと、Meta Quest 2の頭部への付け外しが面倒だから……。

Meta Quest 2の付け外しの問題点は2点。締め付けすぎたり緩かったり調整が面倒という点。それから、ゴムバンドだと安定感がなくMeta Quest 2が徐々に前に傾いてしまう点です。

ちなみに、このバンド問題とともに、面倒くささの一因を担っているのが、メガネ問題です。メガネをかけてMeta Quest 2を装着するのが煩わしすぎるんですよね。ただし、この問題は「眼鏡店が作る視力補正キット」によって、圧倒的に解決されるのでした……(別レビュー記事参照)

さて今回のレビューは、このMeta Quest 2の付け外しを楽にしてくれる製品です。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

HMD ダイヤルストラップ for Meta Quest 2をレビュー

こちらが「HMD ダイヤルストラップ for Meta Quest 2」の箱。

HMDダイヤルストラップは、株式会社 ROOX直販の「ROOX Online」で販売されています。※本レビューにあたって、製品サンプルをご提供いただきました。

こちらが、HMDダイヤルストラップの内容物になります。HMDダイヤルストラップに、マジックテープバンド、左右の留め具が各1点、それから日本語のマニュアルも付属しています。

HMDダイヤルストラップは、Meta Quest 2装着時に後頭部で支えるパーツで、頭を包み込むように構成されています。まるで花が咲いたような形状です。内側にはクッションもあります。

どのように使うものなのか、まずは組み立ててみましょう。HMDダイヤルストラップのベルト穴に、マジックテープバンドを通します。

バンドの長さは後で調整できるので、とりあえず折り返して固定しておきましょう。

次に、ダイヤルを回して左右のアームを引き出します。このダイヤル、小気味よくカチカチ回ります。

保護シールが剥がせる程度の、適度な長さに引き出してください。

そこへ左右のパーツを押し差してください。軽くひっぱって、抜けなければOKです。左右を間違えないように気をつけてください。

ベルトを取り付け、左右のパーツを取り付ければ準備は完了です。次はMeta Quest 2を用意しましょう。

Meta Quest 2から接眼部のパーツを外します。

バンド類もすべて外してしまいます。

HMDダイヤルストラップのマジックテープバンドを、Meta Quest 2のベルト穴に通します。

左右のパーツをはめこみます。今回の組み立てで一番苦戦するポイントかもしれません。外れないようにしっかり固定しましょう。

最後に、接眼部のパーツを取り付ければ完成です。

ダイヤルを右に回せば締め付け、左に回せば緩みます。

ダイヤルを何回かカチカチ回すだけで、簡単に付け外しできるようになりました!

HMD ダイヤルストラップ for Meta Quest 2を実際に使ってみて……

はい、VR熱が再燃してしまいました!ヘルメットを被るように付け外しができるので、「面倒くさい」という心理的障壁がなくなり、気軽に装着できるようになりました。

従来のバンドでは左右の長さを調整するところから始めていましたが、このダイヤルストラップは左右を同じ量だけ広げたり狭めたりするので、まずそのストレスがゼロに。ダイヤルをカチカチ回すだけなので、締め付けもちょうど良い位置で止められます。

それから、ダイヤルストラップ自体が後頭部を包み込むように支えるので、Meta Quest 2が前方にずるずるとズレることがなくなりました。安定感抜群です。クッションも硬すぎず柔すぎずなので、長時間使っていても疲れにくいです。

もっと早く出会いたかった!Meta Quest 2の頭部への装着にストレスを感じている方に、オススメです!

HMDダイヤルストラップを装着した状態で収納できるキャリングポーチも販売されています。

Meta Quest 2用に近視補正レンズを作ってくれるオーダーメイドサービスです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX