Bluetooth

音ズレ解消!テレビの音声をBluetoothで飛ばすBTトランスミッターPTM-BTLLTをレビュー!

先日、AukeyのBT-C1でテレビの音声をワイヤレスBluetoothスピーカーで聴くことにチャレンジしたんですが、音ズレがあるため、視聴にはストレスがありました(というか無理)。

調べていくうちに、Bluetoothの規格そのものに原因があったようです。コーデックごとに下記のような遅延がありました。

コーデック 遅延時間
AAC VBR 800ms(±200ms)
SBC 220ms(±50ms)
AAC 120ms(±30ms)
aptX 70ms(±10ms)
aptX Low Latency 40ms以下

参考:
http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/678/508/html/m.csr22.jpg.html

表にある通り音ズレを無くそうと思えば、選択肢はaptX Low Latencyを搭載した機器のみ。
いろいろ物色している中、プリンストンからこちらの製品が出ると知り、即購入。

「テレビでも快適」って、すでに出オチ感がすごい。

aptX low latencyの文字。CSR社はクアルコムに買収されたそうです。

そして、aptX low latencyのスペック値である、40ms以下がパッケージにしっかり刻まれています。

内容物は給電用のmicroUSBケーブル、専用スタンド、PTM-BTLLT本体、そしてマニュアルです。

PTM-BTLLT本体は、バッテリーを搭載して”いない”こともあって、非常に軽量。

でも、他メーカーのBluetoothトランスミッターと比べるとちょっと大きめ(右上)。

本体は、前面のLEDと後面のmicroUSBポート/オーディオ入力ポートのみのシンプルスタイル。

電源はmicroUSBを抜き差しすることでオン/オフとなります。

次はBluetooth機器とのペアリングです。最近のトランスミッターがそうであるように、PTM-BTLLTも近づけるだけでペアリングが完了。そして、PTM-BTLLTには気の利いた機能が搭載されています。

それは、接続されているコーデックによってLEDの色が変わる!

AnkerのプレミアムステレオスピーカーはSBCで繋がっているため、紫色に。

InateckのイヤホンはaptX対応なので青色に。

そして、aptX low latencyに対応したSC-NA10はオレンジ色に。とても分かりやすい!

さらに、aptX Low Latency対応のイヤホンでも使ってみました。

あわせて読みたい
超貴重!aptX LLで音ズレしないBluetoothイヤホン、ゼンハイザーのCX 6.00BTをレビュー!ドイツ・ゼンハイザーのワイヤレスイヤホン ゼンハイザーといえば「Sennheiser」の綴りからわかるように、ドイツのメーカー。194...

使ってみた感想

いいところ

makkyon
もちろん、テレビ音声の音ズレ解消!テレビのスピーカーを同時に鳴らしても、音声がズレることなく聴こえます。やった!ついに実現!

惜しいところ

makkyon
テレビ用としては抜群の高性能ですが、オーディオ用としては微妙。小音量時に「サー」というノイズが入ります。テレビ用として使うなら問題ないです。

まとめ

makkyon
ここしばらく悩みだったテレビ音声の音ズレ。ようやく解消しました。テレビの音声をBluetooth化したいならこれが最高です。※ちなみに、レシーバー側もaptX low latencyに対応している必要があります。今回はPanasonicのSC-NA10というスピーカーを使いました。
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!