\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

ゼンハイザー BT T100 レビュー/aptX Low Latencyに対応した据置型Bluetoothトランスミッター

  • URLをコピーしました!

高品質なBluetoothトランスミッターを探す

先日、SONYのマルチファンクションLEDライト MFL-1000Aを購入しました。この製品は、LEDライトながらBluetoothスピーカーを搭載していて、低遅延コーデックであるaptX Low Latency(以下、aptX LL)に対応しています。

テレビと接続する前提で使うので、送信側のトランスミッターにも信頼性と安定性が必要だと感じ、様々な製品を検討してみました。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

ゼンハイザー製のBluetoothトランスミッター

今回購入したのは、独・ゼンハイザー製のBluetoothトランスミッターです。もちろんaptX LL対応の製品です。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

なぜゼンハイザーがaptX Low Latencyを?と感じてしまいがちですが、ゼンハイザーのBluetoothワイヤレスイヤホン・ヘッドホン製品はほとんどがaptX LLに対応しています。

完全ワイヤレスイヤホンでは珍しいaptX LL対応製品も、ゼンハイザー製です。

ゼンハイザー Bluetoothオーディオトランスミッター BT T100をレビュー

見た目にBluetoothトランスミッターとは思えない、キレイめなパッケージです。さすがゼンハイザー。

内容物は、BT T100本体のほか、マニュアルとオプティカルケーブル、オーディオケーブル、充電用のUSBケーブルとなっています。

こちらがゼンハイザーBT T100本体です。マットブラックの落ち着いたカラーリングに、優美なカーブを描く、高級オーディオ機器のようなデザインです。

正面には、ペアリングボタンを兼ねた電源ボタンのみ、というシンプルな作りです。

iPhone 11 Pro Max(写真右)と比べたサイズ感です。非常にコンパクトな機器であることが分かります。

BT T100本体の背面には、各種ポートが並びます。左から、アナログ入力、入力選択スイッチ、デジタルオプティカル入力、USBポート(給電用)となっています。

今回は、テレビ側にオプティカル端子があるので、オプティカールケーブルで繋ぎつつ、電源はテレビのUSBポートから給電することにします。

ペアリング前は、正面のLEDランプが赤く点灯します。

ペアリングモードに入る際には、多くのBluetooth機器がそうであるように、電源ボタン長押しです。LEDが点灯し、近くにあるペアリング中のデバイスとペアリングします。

今回は、SONYのマルチファンクションLEDライト MFL-1000Aとペアリングします。こちらはMF Lightアプリからペアリングモードに入ります。

MFL-1000Aのレビューはこちらから。

ペアリングが完了すると、LEDが青く点灯します。

これで、テレビの音声が、MFL-1000Aから直接出力されるようになりました。オプティカル端子から出力しているので、テレビのスピーカーと、MFL-1000Aの両方から音声が出力されています。

出力側のBT T100も、入力側のMFL-1000Aも両方ともaptX LL対応機器なので、音声の遅延がほぼゼロになり、ワイヤレスでも快適なテレビ視聴が行えるようになりました。

まとめ

購入から数週間経過していますが、途切れたり、止まったりすることなく、安定して動作しています。Bluetoothトランスミッターとしてはかなり高価な部類の製品ですが、やはり安心のゼンハイザー製、という印象です。いい買い物でした!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX