起動音に衝撃!Ankerから登場したプレミアムステレオBluetoothスピーカーは低音がズンズン凄い。AppleTV(4th)でも使える!

Ankerさんの怖いところは「こんなの欲しいなー」と思ってたタイミングで新製品がぶっこまれてくるところです。

先日購入したApple TV (4th)はBluetoothスピーカーが使えるので、ポータブルで充電池内蔵で音が良いスピーカーを検討していたのです。候補としては、BOSEのSoundLink® Mini Bluetooth® speaker IIあたりが条件をすべて満たしていたのですが、なにせ値段が高い。ヤフオクで探しても1万円台後半という、ポータブル製品としては高価格帯です。

熟考していたタイミングで、Ankerさんからこんな製品が登場しました。それも初回200個は20%オフという……。その売り方ずるいわあ……即購入。

開封〜セットアップ

購入した翌日には到着。新製品が次の日に届くなんて、このスピード感はかなり重要。

おなじみ「Thanks for choosing Anker!」。

内容物はマニュアル、ラインケーブル(有線接続用)、microUSBケーブル(充電用)、本体、となっています。

外観。片手で持った感じはややズシッときます。安っぽい感じはありません。

前面下に取り付けられたANKERロゴ。マットな質感になっていて、プレミアム感出ています。

右側面には外部入力、充電用のmicroUSBポートがあります。(左側面に端子類はありません)

裏面は緩やかな曲線を描いたスリットだけ。

天面には、電源ボタン、再生・一時停止ボタン、音量ダウンボタン(長押しで前の曲へ戻る)、音量アップボタン(長押しで次の曲へ)

底面には各種表記。滑り止めにもなっているので、デスク上でもがっちり接地しています。

電源を入れて驚いたのが、その起動音。いきなり低音鳴り響かせてくれて、びっくりしました。

新Apple TVでも使えました。Bluetoothから「その他のデバイス」にA3143が表示されますので、選択してペアリング完了。もちろんiPhone/iPad/Macでも使えます。

使ってみた感想

いいところ

想像していた以上にいい音が鳴る。それも低音がすごい。ズンズン響く感じに、いい意味で裏切られた。(高音域は素直な音が鳴っている感じ)。満足度は高い。低音がよく響くとはいえ、ユーザーが持っている音楽によっては気づきにくい。その点、起動音によく響く低音を持ってきたのは大正解。これは演出勝ちだと思う。

悪いところ

音楽が鳴っているときには関係ないのだけど、無音時、かすかに「サー」というラジオのような雑音が入りっている。他のBluetoothスピーカーもこんな感じなのだろうか。Bluetoothイヤホンではこの手の音はなかったので、ちょっと気になるところ。
また、スピーカー正面から聴く分には問題ないのだけど、例えばデスク上に置いて使った場合、スピーカー上方には音が広がらないので、ちょっと篭った感じに聞こえる。(デスク上で聴く場合には、棚やスタンドなどの上に載せて聴くのがいい。)

まとめ

「鳴ればいい」というレベルの製品ではなく、「いい音を聴かせる小型スピーカーがワイヤレスになった」という印象。比較対象にしていたBOSEのSoundLink® Mini Bluetooth® speaker IIは店頭で聴いてみただけだけど、遜色ないのではないだろうか(正確には同じ環境で比べてみないと分からないけど)
この質感とこの低音で5000円台に収めてくるわけだから、他メーカーは大変だ。

この記事を保存&シェアするなら……