iPad

USB-Cでハイレゾ対応!moshiのデジタルオーディオアダプタで新iPad Pro上のハイレゾ音源を聴き比べ!

USB-Cオーディオ市場が本格始動

2018年はUSB-C接続によるデジタルオーディオ市場が本格始動した年になりました。iPhone同様に、Androidスマホでもイヤホンジャックの廃止が進み、Google純正のフラッグシップスマホPixel 3でその流れが確定的になりました。

コスパよし!Siriも使える「Google Pixel USB-C イヤフォン」をMacBookでレビュー!Google Pixel 3とともに関連アクセサリも日本上陸 ついに発売が開始されたGoogle謹製スマートフォンPixel 3 / ...
そして、2018年10月に登場したiPad Proの新モデルはLightningポートとイヤホンジャックを廃止しUSB-Cを採用しました。iPadもデジタルオーディオの世界に突入です。

一方オーディオ機器側も、SHUREからはUSB-Cを採用したMMCX対応ケーブルが発売され、高音質なデジタルオーディオを聴く環境が、着々と揃いつつあります。

USB-Cイヤホン&アダプターオススメ11製品!& SHURE RMCE-USBをレビュー!有線イヤホンはデジタル接続の時代に突入 iPhone 7の登場でイヤホンジャックが無くなって以降、iPhoneのトレンドを追うようにA...
今後、USB-Cを採用したオーディオ製品はますます増えていくことが予想されます。

今回紹介するのは、手持ちのイヤホンを高音質なデジタルオーディオに対応させてくれるUSB-Cアダプターです。

moshiのUSB-C デジタルオーディオアダプタ

今回紹介するのは、moshi製のデジタルオーディオアダプター2製品です。それぞれ紹介していきますね。

※今回のレビューにあたり、moshi様よりサンプル品をご提供いただきました。

moshiブランドについて

moshiの名前を聞いてピンとくる人は、古くからのAppleユーザーかもしれません。iPhone以前からMac向けの周辺機器を発売しているブランドで、デザインに優れた製品を出しています。Apple Storeでもmoshi製品が販売されているので、目にしている方も多いのではないでしょうか。

日本国内でのmoshi製品は、MJSOFTさんが国内正規代理店として取り扱っています。MJSOFTさんも古くからのMacユーザーにはおなじみの販売店ですね。以前は東京・自由が丘に実店舗があったので、近くに住んでいたときは時々利用させてもらってました。現在は東京都大田区鵜の木に店舗があるようです。

さて、では製品レビューにうつりましょう。

充電端子付きのデジタルオーディオアダプター

今回紹介するmoshi製USB-Cアクセサリの1つ目は「moshi USB-C Digital Audio Adapter with Charging」です。名称から分かる通り、充電用のポートが付いたデジタルオーディオアダプタ。24bit/96kHzに対応したDACを搭載しています。(Amazonでは192kHzに対応したモデルが販売されています。)

パッケージ正面の右隅に「for Google Pixel xxx」と各種Pixel製品の名前が列挙されています。最新のPixel 3 / 3 XLをはじめ、いずれもUSB-Cをメインのポートとして採用した製品群ですね。

内容物としては、このデジタルオーディオアダプターのみです。

アルマイト仕上げのアルミ製の本体は、高級感があるとともに、非常に軽くなっており、重量はたったの24gしかありません。

高級感のあるアルミ製のボディにシンプルな「moshi」ロゴが入っています。

ポートは、3.5mmイヤホンジャックと、給電用のUSB-Cポートがあります。

背面を見ると、給電専用であることが分かるようにアイコンが表示されています。

次の製品も見てみましょう。

シンプルなデジタルオーディオアダプタ

2つ目ののmoshi製品は「moshi USB-C Digital Audio Adapter」。製品名称としては、先ほどの製品から「with Charging」つまり給電用の端子が除かれたシンプルなもの。しかし、DACは24bit/192kHzに対応し、G級アンプ(Class G amplifier)まで搭載している、音質を追求した製品になっています。

製品自体は両端にコネクタだけがある、シンプルな形状をしています。

こちらは僅かに6.5gしかありません。めちゃくちゃ軽いです。

イヤホンジャック側に「moshi」のロゴが入っています。

反対側のUSB-Cコネクタには「24-bit/192kHz」とあり、ハイレゾクラスのデータに対応していることがアピールされています。

この「moshi USB-C Digital Audio Adapter」のUSB-Cコネクタは大きめに作られており(写真上)、1つ目の「with Charging」(写真下)よりも長くなっています。USB-Cコネクタ側にUSB DACを入れているのですね。

外観についてはこのくらいにして、実際の音質を聴いてみましょう。

他社製品と音質を比較レビューします

今回紹介しているmoshiの2製品は、ただの変換アダプターではありません。

「moshi USB-C Digital Audio Adapter with Charging」は24bit/96kHzのDACを、「moshi USB-C Digital Audio Adapter」は、192kHz/24bit対応のDACとG級アンプ(Class G amplifer)をそれぞれ搭載しています。

そこで今回の比較に用いるのは、ULTRASONEのNaos(写真左)、RADSONE Earstudio ES100(写真左から2番目)、FiiO BTR3(写真中央)の3製品を用意しました。これらのDACをUSB-C経由でiPad Proに接続し聴き比べます。

比較のためのイヤホンとして、モニターに向いたSHURE SE425を使用します。

さらに、比較に用いる楽曲は下記の5曲。

  1. チュニジアの夜(HANK JONES -The Great Jazz Trio- – LAST RECORDING)DSD | 1bit/2.8MHz
  2. MAIN TITLE AND ESCAPE(JOHN WILLIAMS – スター・ウォーズ/最後のジェダイ OST)FLAC|192.0kHz/24bit
  3. タバ作戦(Fob_ 01)(総監督:鷺巣詩郎 指揮:天野正道 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 – シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽)FLAC|96.0kHz/24bit
  4. ホトハシル(ORESAMA – ホトハシル)FLAC|96.0kHz/24bit
  5. Get Wild(TM NETWORK – Get Wild)FLAC|96.0kHz/24bit

いずれもmora.jpで購入したハイレゾデータです。

まずは参考に:他社製DACの音質レビュー

ULTRASONE Naosの場合

NaosのUSB DACとしての実力はとにかく「大迫力」。音量を絞った状態でも、かなりの音圧とともに音を鳴らし始めます。

特に、耳慣れたスター・ウォーズの「MAIN TITLE AND ESCAPE」は冒頭からオーケストラの豪華な音色が迫ってくるし、HANK JONESの「チュニジアの夜」はピアノ・ドラム・サックスの空間での響きが良く、……とまあ、Naosの宣伝になってしまうのでこの辺りにしておきますが、空間の解像感、迫力のある音、きめ細かい解像感、電源不要のDACとしては最高峰とも言える性能を叩き出します。ただしお値段もそれなり。

iPhone Xで妥協のない最高のハイレゾ音楽を!超小型で10g以下のUSB DAC!ULTRASONEのNaosがオススメ。iPhoneで最高の音を聴く iPhoneで最高の音を聴くために用意しなければならないのは、下記の3つです。 データ量の多い...
※ULTRASONE Naosはすでに販売が終了しているようで、ULTRASONE公式サイトでもDiscontinued(廃止)のカテゴリーに入っていました。後継機もないようで、残念。

RADSONE EarStudio ES100の場合

EarStudio ES100は、本来Bluetoothで接続するワイヤレスヘッドホンアンプですが、USBケーブルで直結することでUSB DACとして機能します。

「MAIN TITLE AND ESCAPE」や「タバ作戦(Fob_ 01)」のようにオーケストラの多彩な音の重なりよりも、「ホトハシル」や「チュニジアの夜」「Get Wild」のように楽器やボーカルの主張がある方が、音に厚みが出て、エッジがキレキレになり、Naosよりも聴きごたえがよくなる。楽曲により得意なものとそうでないものが分かれるけれど、総じて音に厚みが増すので、どの音楽でも楽しめます。

FiiO BTR3の場合

FiiO BTR3もEarStudio ES100同様に、Bluetoothワイヤレスヘッドホンアンプ。

主張の強かったNaosや、キレッキレだったEarStudioと比較すると、音のエッジがまろやかになり、どの楽曲を聴いても耳ざわりの良い音作りになっています。前2機種と比べると、解像感と音圧は一段落ちる感じですが、あくまで比較論であってBTR3自体も十分にいい音を出しています。

この迫力!ヘッドホンアンプ内蔵Bluetoothレシーバー FiiO「BTR3」はaptX HDなどほぼ全てのコーデックに対応!Bluetoothは音が悪い、 は本当? ワイヤレスイヤホンが当たり前になってきたここ数年、普及に伴ってさまざまな問題がクローズアップ...

それでは、いよいよmoshi製2製品の音質レビューに移りましょう。上記3製品と比較していきますが、そもそもオーディオ製品として価格帯が全く違うことはお忘れなく。

moshi USB-C Digital Audio Adapter with Chargingの場合

USB-Cで充電しながら音楽が聴けるUSB DACです。自宅やカフェなどで、コンセントやモバイルバッテリーで充電しながらでも音楽が楽しめます。

「チュニジアの夜」では、ピアノの音を始めとした高音域の解像感がよく、ハッと目が醒めるような響きがあります。ベースの弦の振動の空気感も伝わってきます。一方で「タバ作戦(Fob_ 01)」では重厚感がなく、「MAIN TITLE AND ESCAPE」ではオーケストラの迫力が今ひとつ二つ足りません。「ホトハシル」「GetWild」では、解像感が足りず物足りなさはありましたが、高音域のキレはよくボーカルが際立ち、心地よく聴くことができました。

上の3機種とは差がありましたが、そこは予想の範疇で価格なりということでしょう。しかし、価格性能比でいけば十分であり、充電しながらいい音で聴きたいという用途であれば、期待を裏切らないアダプターです。

moshi USB-C Digital Audio Adapterの場合

充電機能のないアダプターですが、DACとしての性能は「with Charging」より上であり、いい音を聴かせてくれることは想像にかたくありません。

実際に聴いてみると、「チュニジアの夜」は空間の広がりを感じることができ、楽器の解像感も上がっています。「MAIN TITLE AND ESCAPE」は音圧が増し、音のキレも明らかにレベルが上がっていました。「タバ作戦(Fob_ 01)」は楽器の解像感には欠けるものの、音に力がありホールでの演奏の迫力が伝わってきます。「ホトハシル」はぽんちゃんのボーカルにエッジがあり、スピード感のある楽曲がより際立って聴けます。「Get Wild」は高音域が際立ち、早くシティー・ハンターの新作映画を観たくなるレベルで盛り上がりますね。

シンプルなアダプターで解像感はもう一歩踏み込みが欲しいところですが、G級アンプを採用した成果なのか、全体的に音に迫力があります。このため、ハイレゾ楽曲やリマスター楽曲のようにポテンシャルのある楽曲ファイルであれば、1万円を超えるポータブルDACに迫る音を出すことがあります。

何よりこのアダプター、これだけの性能を考えるとかなりリーズナブルです。掘り出し物の予感がビンビンしてます。

まとめ

というわけで、moshi製の2つのUSB-Cアダプターをレビューしてみましたが、どちらも用途がハッキリしており、充電しながら音楽を聴きたいのであればmoshi USB-C Digital Audio Adapter with Charging、従来のイヤホンを使っていい音で聴きたいのであればmoshi USB-C Digital Audio Adapterを選べばいいでしょう。

USB-Cで聴くデジタルオーディオ、まだまだ進化していきそうです。

USB-Cイヤホン&アダプターオススメ11製品!& SHURE RMCE-USBをレビュー!有線イヤホンはデジタル接続の時代に突入 iPhone 7の登場でイヤホンジャックが無くなって以降、iPhoneのトレンドを追うようにA...
今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
moshi USB-C Digital Audio Adapter
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
4/20(土) 春の山手線一周ウォーキング参加者募集中!開催概要 >>
+ +