楽天市場 お買い物マラソン開催中! 4/17(水) 01:59まで

デスクでもモバイルでも使える軽量・静音なコンパクトキーボード!/ロジクール マルチデバイス K380をレビュー

  • URLをコピーしました!
※makkyon webはAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得て、運営費に充てています。予めご了承ください

手軽に使えるワイヤレスキーボードを探す

コワーキングスペースでブログを書く機会が増えたので、カバンに雑に入れておけるキーボードを探しました。

理想的な小ささ薄さ軽さは、AppleのMagic Keyboardなんですが、触るものみな傷つけるようなエッジの鋭さや、そもそも高価で手軽に扱えないというネックがあり、望むような使い方とは違うかなと思いました。

じゃあ、何がいいんでしょうか?

INDEX

ロジクール マルチデバイス K380をレビュー

いろいろ探してみた結果、ロジクール K380にたどりつきました。発売から時間も経っているので、いい感じに価格がこなれているのも決め手です。

K380はカラーバリエーションが豊富で、なんと7カラーもあります。※2024年3月現在は、後継機種となるPebble Keys 2 K380sが登場しています。

箱の大きさが、そのままキーボードの大きさです。

K380以外の付属品はほぼ紙ものです。

キートップが丸いのは賛否両論あるとは思いますが、私は好きです(慣れました)。

薄型ではあるものの、キーストロークはまあまああるので、Magic Keyboardのような平坦すぎるキーボードが苦手な方にもオススメできます。

ロジクール製品らしくマルチペアリングに対応していて、ボタン1つで切り替えられるようになっています。見分けやすいよう、グレーのキーになってます。

背面はほぼフラット、ただし四隅の滑り止めでわずかに浮かせてる感じ。

バッテリーは単三乾電池2本です。充電器式ではありませんが、どこでも手に入りやすいというメリットがあります。また、ロジクール製品の電池持ちの良さを知っているので、安心感しかありません。

形状は楔形で、ちょっとだけ傾斜がついています。左側面には電源スイッチがあります。

マルチOS対応なので、キーの刻印はMacでもWindowsでもいけるようになっています。

小さなキーではあるものの、マルチメディアキーも備えています。

サイズ感はMagic Keyboardと似ています。

キーの高さギリギリまで詰めたMagic Keyboardと比べると、K380は少し余裕があります。

キーボードの薄さはMagic Keyboard(写真下)が薄いです。

M650マウスとのデザイン的な相性もいいです。

MX Anywhere 3と合わせてみてもよさそうです。

外出先ではこのスタイルですね。iPhoneのMagSafeで使えるコンパクトなスマホスタンドに、K380を組み合わせれば、すぐに執筆環境が整います。K380は静音仕様なので、静かな場所でも目立つことなくタイピングできます。

iPadならワイヤレスマウスも使えるので、ノートパソコンのようにも使えて便利です。

クラウドで起動できるWindowsのサービスを使えば、iPadがWindowsタブレットのようにもなります。

ロジクール K380 ワイヤレスキーボードのまとめ

軽量・コンパクトなキーボードでありながら、価格はリーズナブル。単三乾電池で長時間動き、ロジクール製という最高の安心材料が付いてきます。丸型キーだけはとっつきにくい人もいるかもしれませんが、その点を除けば最良のコンパクトキーボードと言えるでしょう。

ロジクール K380 ワイヤレスキーボード
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • コンパクト&フラットなので持ち運びやすい
  • プラ製の素材なのでカバンの中で他のデバイスを傷つけない
  • 3台までのデバイスを切り替えられる
  • カラーバリエーションが豊富
  • 乾電池で動くので、万一バッテリーが切れてもコンビニで手に入る
  • 2年保証で安心
デメリット
  • 丸いキーはやや打ちづらい(慣れる)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX