\ 楽天スーパーセール開催中! /

Lofree Digit Number Pad レビュー/ワイヤレス&メカニカルキーなレトロデザインテンキー

  • URLをコピーしました!

Kickstarter発のワイヤレステンキー

クラウドファンディングサイト Kickstarterに、またしても面白いプロダクトが登場しました。それは、メカニカルキーを搭載した「ワイヤレス・テンキー」です。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

Lofreeからレトロデザインのワイヤレステンキー登場

Lofreeからは以前に同様のコンセプトで電卓(Digit Calculator)がリリースされていましたが、今回はそれがワイヤレステンキーとしてリデザインされた製品になります。

(……というか、もともとワイヤレステンキーとして発表されていたような気が……)

Lofree Digit Number Padをレビュー

Digit Calculatorは中身がわかるブリスターパッケージでしたが、今回はボックスタイプになっています。

内箱には線画のDigit Number Padが描かれています。

内容物は、Digit Number Pad本体に、おまけの「+」キー、USBケーブル、マニュアルとなっています。

円形キーを採用した見た目はDigit Calculatorと変わらないものの、表面加工はマット感のあるものに変わっており、ポップ感のあったDigit Calculatorよりも落ち着いた風合いになっています。

それでは、Digit Number Padを細かく見ていきましょう。

Digit Number Padも青軸のキースイッチを搭載

Lofreeのキーボードといえば、青軸のメカニカルキースイッチです。Digit Number Padでもこれまで同様のスイッチが採用されています。

キーの高さもあり、青軸ということもあって、小気味いい打鍵感を実現しています。

さっそく、おまけで付いてきた「+」キーに差し替えていきます。

Digit Number Padのデザインをチェック

Digit Calculatorはポップ&キュートなカラー展開をしていましたが、Digit Number Padは落ち着いたカラーリングを採用しています。

いわゆるタイプライター風のデザイン。思わず押したくなる衝動にかられません?

Digit Calculator同様に、液晶表示面がカーブして上向いています。

底面の四隅に滑り止めのゴムパッドがあるので、接地しても滑りにくくなっています。

重量は182.8g。Digit Calculatorは乾電池でしたが、Digit Number Padからはバッテリー内蔵式に変更になっています。

液晶は、Digit Calculatorと比べてちょっとだけ縦に狭くなっています。

次はBluetoothでMacに接続してみましょう。

Bluetoothは3台までのデバイスとペアリング可

Digit Number Padの上面には、BluetoothとON/OFFの切り替えスイッチ、充電用のMicroUSBポートがあります。

ペアリングの際には「0」キーを使います。側面から見ると「fn」キーの印字があります。

Digit Number Padは3台までのデバイスとペアリングできるようになっています。それぞれ「1」「2」「3」キーに割り当てられています。(分かりやすく見えるようキートップを外しています)

Bluetoothペアリング時には、液晶面にBluetoothロゴが光るようになっています。

Bluetoothペアリング時には、MacやPCのワイヤレステンキーとして動作しますが、「Calc」キーを押すことで、Bluetooth接続を維持したまま電卓として使うこともできます。

計算機のアプリケーションを立ち上げるまでもない時には、この機能が重宝します!
欲を言えば、キヤノンのX Markのように、電卓での計算結果をMacに送る機能があればよかったんですけど。

テンキーなのにバックライトも搭載!

さらに、Digit Number Padはバックライトも搭載しており、暗所でも見やすくなっています。

横から見ると、LEDの光が漏れているのがよく分かりますね。

シンプルな電卓だったDigit Calculatorには無い機能です。

MacBook Airとの相性抜群!(テンキーなので)

もちろん、MacBookとのペアリングも問題なく行えます。ノートだとテンキーがないので、外付けのテンキーがあると快適です。Excelやスプレッドシートだけでなく、PhotoshopやLightroomでもパラメータを調整することがあり、重宝しています。

なお、Digit Number Padに限らずワイヤレステンキーを接続した際には、Macのキーボード設定アシスタントが自動で立ち上がり、キーボードが識別できないと表示されます。これが起動しても、特に問題なく打てますので、閉じてしまいましょう。

前述したように、Macとペアリングしたままでも電卓に切り替えることができ、ちょっとした計算も楽にこなせます。

iPhoneやスマホの電卓もありますが、手元でキー1つで切り替えできるテンキーには利便性で叶いません。

iPad ProやTaptekキーボードとの相性もいい

Macとペアリングしてみましたが、Bluetooth接続なので、iPadともペアリングできます。こちらもクラウドファンディングで入手した「Taptekキーボード」と併用することもできます。

この秋からはiPadでもマウスが使えるということなので、iPadでのデスクトップ環境が着々と整いつつあります。

まとめ

最初はMacBook Airで使っていたんですが、iPad Proで使う方が快適になってきたので、もっぱらiPad Pro + Taptek + Digit Number Padという組み合わせで使うようになっています。

マルチペアリングなので、MacBook Airとも楽々切り替えできますけども。

クラウドファンディングで一足先に手に入れましたが、Lofree製品はそのうちAmazonでも買えるようになるはずですので、ちょくちょくチェックしてみてください。Digit Calculator(=電卓)と形がよく似ていますので、お間違えなきよう……

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX