\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

ディスプレイ横に設置できるMOFT Snap ノートパソコン用スマホホルダーをレビュー!Pro Maxでも安定ホールド!

  • URLをコピーしました!

ノートパソコンを使っているとき、スマホはどこにある?

みなさん、ノートパソコンを使っているときって、スマホはどこに置いています?ポケットに入れています?それともデスクの上に置いています?

スマホに通知があった際に、いちいち取り出してみたり、通知が気になって作業がおろそかになったりしていませんか?それを解決するには、「ノートパソコンの横で、スマホの画面が見えるようにすればいい」のです。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

MOFTが提案するスマホホルダー「Snap」

こちらがMOFT Snap ノートパソコン用のスマホホルダーです。……と聞いただけでは「どゆこと?」って思われるかもしれません。本記事で詳しく見ていきましょう。

MOFT Snapは、MOFT公式ストアで購入できます。

MOFT公式ストアでメルマガに登録すると、初回注文10%OFFクーポンもらえます!

※レビュー記事作成にあたって、製品サンプルをご提供いただきました。

MOFT Snap ノートパソコン用スマホホルダーをレビュー

このパッケージの中に含まれているのは、ミニパッド(左上)、スマホホルダー(右上)、マグシール(下)となっています。今回はワンダーラストブルーを試しています。MOFT Snapには他に、クールグレーとスペースグレーがあります。

こちらが、MOFT Snap スマホホルダーです。表面はヴィーガンレザーのなめらかな手触りですが、中には金属板が入っています。

金属板が入っているといっても、最低限の剛性の確保のため。MOFT Snapそのものは50gちょっとと、軽量にできています。

裏返すと、接着面になる粘着材があります(黒い部分)。この状態からどうスマホホルダーになるのか、なかなか想像がつきません。

MOFT Snap正面に折り目があったので、折り目に沿って折ってみると、接着面は折れずに残るようになっています。そして、そこに見える「Designed By MOFT」の文字。デザイナーさん、いい仕事してます。

ただ、この1枚の板で本当にiPhoneが支えられるのか、いまいち懐疑的です。なぜなら、以前に同コンセプトの製品を使った際に、金属製の頑丈なパーツで形成されていたため……。

MOFT Snapには金属板が入っているとはいえ、シンプルでコンパクトすぎるのです。

MOFT Snapを貼り付ける前に、念のため確認してみる

そこで、MacBook Airに貼る前に、iPhoneに吸着してみました。

ちなみに、ここで使用しているケースは、同じくMOFT製。透明デザインを活かした美しいケースです。もちろんMagSafeに対応しています。

MOFT SnapとMagSafeケースはピッタリ吸着していて、まったく落ちる気配はありません。

このまま画面側を持ち上げても、くっついたまま。これだけ強力にくっつくなら、ディスプレイに付けても問題なさそうです。

ここではMOFT製のケースを使っていますが、他社のMagSafe対応ケースでも使えます。

ディスプレイの「右」側にMOFT Snapを貼り付けると……?

MacBook Airの左上にMOFT Snapを貼り付けます。

MacBook Airの右側にiPhone 13 Pro Maxがくっつきました。

この位置はとても便利で、MacBook Airでの作業中にも手を離さずに通知を確認できますし、YouTubeとかNetflixを流しっぱなしにしても見やすいです。

ディスプレイの「上」側にMOFT Snapを貼り付けると……?

さて、MOFTからの提案はここから。ディスプレイの上面に貼り付けることも想定されています。

折り曲げるとこうなります。では、ディスプレイを開いてみましょう。

なんと、ディスプレイの上にiPhoneが設置できます。MOFTでは「for STREAMING」とされていて、動画配信に向いたスタイルになっています。

重量バランス的に大丈夫?って思われるかもしれません。なにしろ、iPhone 13 Pro MaxとMOFTのケースの総重量は約300gもあります。しかし、この状態で作業しててもちゃんと安定してるんですよね……。意外にヤワじゃない。

ディスプレイの「左」側にMOFT Snapを貼り付けると……?

さて、次はディスプレイの左側に貼り付けてみます。左右が入れ替わるだけでは?と思われるかもしれません。確かにそういう使い方でもいいんですが、もう一つの使い方があるのです。

折り曲げるとこの位置になります。位置的に高過ぎる気もしますよね……?

使うのは、このミニパッドです。ミニパッドは2つ折りできます。

このまま挟み込むことができます。これ、ちょっとしたメモホルダーになるんです。

磁力はそこまで強くないので、挟めるのはメモ1、2枚と言ったところ。ただ、画面横に挟んで見る分には十分でしょう。

ここまで見ていただいてお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この撮影の間、何度かMOFT Snapを剥がして貼り直しています。

実は、MOFT Snapは剥がして貼り付けても問題ありません。剥がしても痕が残りませんし、約50回まで貼り直しが可能なのだそうです。間違って貼り付けても大丈夫ですよ。

Androidでも大丈夫!付属のマグシールでMOFT Snapに対応可能!

さて、MOFT Snapは非常によくできているのですが、今のところMagSafeを搭載したiPhone 12 / 13シリーズが対象のように思えます。しかし、他のiPhoneやAndroidでも使えるようにちゃんと考えてくれています。

それが、標準で付属している「マグシール」です。ちなみに、右側のはガラスステッカー。スマホの背面がガラス素材など滑りやすい場合の補助として貼り付けるものです。

Androidスマートフォン Redmi Note 10 Proの背面にマグシールを貼り付けてみました。

iPhone同様に、ディスプレイの横に吸着させることができました。

MagSafeは便利な機構ですが、多くのスマートフォンでは使えません。しかし、マグシール1枚でMOFT Snapは使えるようになっているので、安心です。

MOFT Snapは、重量バランスがシビア?

ここまで見ていただいたら、MOFT Snapいいじゃん!って感じていただけたことでしょう……。しかし、いいことばかりではありません。

ディスプレイを傾け過ぎると、重量バランスが悪くなって後ろに倒れ、MacBook Airの前が浮いてしまうのです。

ディスプレイを見下ろすように使う方にはちょっと厳しい状態です。

これはMOFT Snapに限らず、先に紹介したiQLabのマグネットアームも同じことが言えるので、しょうがないと言えばしょうがないんですが……なんと、MOFTはここにも解決先を提示してきました。

MOFTノートパソコンスタンドと組み合わせて、効率アップ!

MOFTにはノートパソコンの底面に貼り付ける、ノートパソコンスタンドがあります。これを組み合わせることで、ディスプレイを倒さなくても、視線を上げて使えるようにするのです。

MOFT ノートパソコンスタンドは、5cmの高さと8cmの高さの二段階で使えます。このままキータイプしてもガタつかないほど剛性がありますし、あるいは外付けキーボードを併用するのにも向いています。

実はここまでの撮影中、MacBook Airの底面にはこのMOFT ノートパソコンスタンドが貼り付けてありました。そう、折りたたんで収納できる、超薄型のスタンドなんです。

小型のスタンドや折りたたみのスタンドはたくさんありますが、MOFTのノートパソコンスタンドのようなスマートな製品はなかなかありません。

MOFT Snap ノートパソコン用スマホホルダーのまとめ

折りたためば目立たず、折り返せばスマホホルダーになるMOFT Snap。何かと一緒に持ち運ぶことの多いノートパソコンとスマホを連動させるには、最高のパートナーになります。

しかも、表面はヴィーガンレザー製のため、カバンに収納した状態であっても、他のデバイスを傷つけることはありません。

最後に紹介したMOFT ノートパソコンスタンドもいい製品なので、購入の際にはぜひ検討してみてください。どちらもオススメです!

MOFT公式ストアでメルマガに登録すると、初回注文10%OFFクーポンもらえます!

  • 邪魔にならない折りたたみ式ホルダー
  • Pro Maxサイズのスマホでも余裕でホールド
  • ディスプレイの上に設置でストリーミングスタイル
  • 付属のマグシールでAndroidでも使える
  • MOFTスタンドと組み合わせて作業効率アップ
ディスプレイの横にスマホ画面が見えることで、通知があってもいちいち取り出さずに内容を確認できます。もちろん、YouTubeやNetflixを流すのもいいでしょう。メリットはたくさん!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX