\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

BOSE SoundLink Revolve / Revolve+専用の充電クレードルをレビュー!USB接続も充電も!

  • URLをコピーしました!
INDEX
Google Workspace
Google Workspace

BOSE SoundLink Revolve+の定位置を作る

ふだんからBOSE SoundLink Revolve+を使っているんですが、主に部屋で音楽を流しています。
https://www.makkyon.com/2018/08/27/bose-soundlink-revolve-plus/
360度スピーカーだけあって、部屋のどこに置いても安定して聴こえるので、重宝しています。
ただ、デスク上ではMacにUSB接続してUSBデジタルオーディオとして使っているので、持ち運びの際のケーブルの抜き差しが面倒になってきました。

SoundLink Revolve charging cradleを購入する

BOSEから、SoundLink Revolve / Revolve+専用充電クレードルとして、SoundLink Revolve charging cradleが発売されています。

あれば便利そうだなと思って、買ってみました。

Bose SoundLink Revolve charging cradleをレビュー

小ぶりのパッケージ。

オプション品の充電クレードルとはいえ、内箱もしっかりしています。

これがSoundLink Revolve用の充電クレードル。扁平な円盤です。

底面には、滑り止めがあります。この凹みはケーブルを這わせるためのもの。

MicroUSBケーブルを挿しても、設置時の邪魔にならないよう、このように収まります。

蹄状の凹凸で、SoundLink Revolve+の底面とぴったり合うようにできています。

このように収まりました。

これで、持ち運ぶ際にもいちいちケーブルを抜き差ししなくても良くなりました。充電クレードルはMacに繋いでいますが、充電だけでなく、USBオーディオデータの通信も可能になっています。

まとめ

クレードル一つで、SoundLink Revolve+の利便性が上がりました。ちょっとした短い距離でもSoundLink Revolve+を持ち運ぶ機会の多い方は、ぜひ検討してみてください(MicroUSBコネクタの寿命が長くなりますよ)。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX