iQLab

iQLab マグネットアーム スマートフォンホルダー レビュー/iPhoneをMagSafeでディスプレイ横に固定できるアダプター

iPhoneの置き場所、意外と困らない?

家でもカフェでもMacBook Airで作業しているとき、iPhoneは手元に平置きしています。それ自体はいいんですが、iPhoneに通知が来たときにいちいち持ち上げるのって意外と手間だったりします。画面を並べて表示できるのがいいんですが、ちょうどいい高さのスタンドがありません。

MagSafeでディスプレイ横に固定できるマグネットアームホルダー

そこで今回購入してみたのが、株式会社アイキューラボ(iQLab)のマグネットアーム スマートフォンホルダーです。スマートフォンホルダーと銘打ってありますが、MagSafeを使用するので、実質的にはiPhone 12シリーズ以降でしか使えません。

iQLabはAmazonと楽天に直営のショップがあります。どちらも送料無料です。

iQLab マグネットアーム スマートフォンホルダーをレビュー

iQLabのマグネットアームは金属製ですが、見た目とは裏腹にかなり軽く作られています。各パーツのカドも落としてあるので指を切ったりすることもないでしょう。

重量を測ってみると、61.1g。AirPods Pro並みに軽いようです。

MagSafe用の丸い金属板にはシリコンパッドがあり、iPhoneの背面を保護してくれます。ディスプレイ側に貼るパーツには3Mの両面シールが貼られています。

この状態で、iPhone 13 Pro Maxを吸着させてみました。iPhone側はケース無し、またはMagSafe対応ケースであれば、強力にくっついてくれます。逆さまにしても落ちません。

3Mのシールの剥離シートを剥がして、MacBook Airのディスプレイ背面に貼ります。強力に貼り付きますが、剥がす際には痕も残りません。さすが3M製です。

マグネットアームを引き出します。引き出す際にMacBook Airを傷つけてしまいそうですが、干渉しないようにできていること、さらにシリコンパッドもあることから、MacBook Air側を傷つける心配はありません。

MacBook Airのディスプレイを開いて、iPhone 13 Pro Maxを吸着させます。驚くほど強力にくっついているので、浮いたままiPhoneを操作することも可能です。これなら、作業中にiPhoneでツイッ……通知が来ても、操作を中断せずに確認できます。

今回はMacBook Airのディスプレイに貼り付けましたが、外付けディスプレイに貼り付けても良さそうです。

気をつけてもらいたいのは、重量バランスが悪くなることです。iPhone 13 Pro Maxが重いこともあり、手を離すと、MacBook Airごと少しだけ後ろに傾きました(とはいえ、倒れたりはしません)。

まとめ

似たような製品は昔からありましたが、iPhone側をMagSafeにすることで、付け外しのしやすさと、吸着時の安定性が上がりました。テレワークやカフェなどで、PC/Macを使いつつ手元でiPhoneを操作したいときにはうってつけの製品ではないでしょうか。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
iQLab マグネットアーム スマートフォンホルダー
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ

本日5のつく日!PayPay残高かヤフーカードなら【5%】戻ってくる!Yahoo!ショッピング
+