\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

iPad Pro 12.9インチもNintendo Switchも三脚で立つ!タブレット三脚固定ホルダーをレビュー!

  • URLをコピーしました!

iPadやSwitchを、ホルダーで便利に使う

片手で操作することが前提になっているスマホと違い、タブレットやNintendo Switchは、用途や場所に応じてその使い方が変わります。手持ちだけではなく、一人で使ったり、複数人で見たり、テーブルに立てたり、テレビに繋いだりします。
例えば、キッチンで料理をしながらタブレットを使いたいと思ったら、冷蔵庫に貼り付けるためのホルダーが使えます。
https://www.makkyon.com/2017/08/19/tablet-holder/
デスク上でiPadをディスプレイアームに固定したいと思ったら、こういうホルダーが使えます。
https://www.makkyon.com/2016/07/16/vesa_cr-latab20bk/

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

Nintendo SwitchとiPad Proを三脚で立てたい

今回、iPad ProやNintendo Switchをキャンプ場やバーベキュー場で使いたいと思いました。しかし、こういった場所でみんなで使うときには、視点を高くする必要がありますが、テーブルが低かったり、そもそも安定的に立てられる場所がなかったりします。
そこで、高さが自由に変えられるカメラ用の「三脚」を使えないかと思い立ったわけです。三脚穴のあるホルダーならそれが叶うと。
 

探せばあるものです。

Moreslanのタブレット三脚固定ホルダー

細長いパッケージで届きました。ダンボール素材のパッケージなので、頑丈でした。

中身はこの黒いホルダーだけ。上下にタブレットを挟み込む仕掛けになっています。

背面にネジがあります。ここを回すことで、スタンドを開いたり、ロックすることができます。このネジは三脚穴も兼ねていますが、今回の用途では使いません。

これが、ロックを緩め、スタンドを開いた状態。

このホルダーは、iPadなどの大型タブレットを挟むことを想定していますが、表面にあるフックを開くことで、高さのないデバイスも挟み込むことができるようになっています。

実際に、iPhoneやSwitchを挟んでみましょう。

iPhone XS Maxを立てる

iPhone XS Maxは、一番上のフックを開くことで、ランドスケープモードで使うことができます。

iPhone XS Maxは画面が大きいですが、さすがにこのスタンドを使うと小さく見えます。

Nintendo Switchを立てる

次はNintendo Switchです。こちらも高さはないので、一番上のフックで挟むことができました。だいぶ視点が高くなります。

コントローラを外して使う際にも、視点に応じた高さ調節がしやすくなりました。

次は実際に三脚で立ててみます。

三脚で立てる

もう一つの三脚穴は、ホルダーの底面にあります。

カメラ用の三脚は高さがありすぎて写真が撮りづらいので、マンフロットのPIXI Smartというミニ三脚を使って、立ててみます。ミニ三脚とはいえ、かなり高さが出せます。

https://www.makkyon.com/2016/04/19/manfrotto/
もちろん、Nintendo Switchに限らず、8インチのFire HD 8でも問題ありません。

https://www.makkyon.com/2018/10/22/amazon-fire-hd-8-tablet/
Fire HD 8を横向きにする際には、2番目のフックを使います。

そして、あの巨大なiPad Pro 12.9インチも、このように三脚で立てることができます。すげー、これは動画が見やすい。

縦向きはホルダーの高さが足りず無理でした。

まとめ

どうでしょう?とても汎用的に使えるホルダーではないですか?三脚に立てることを前提に選んだホルダーでしたが、思った以上に利用用途が広がりそうです。

キャンプかバーベキューに持って行こうと思ってたんですが、寒くなってきたので、来春、暖かくなってから外で使ってみたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX