Kickstarter

スイッチの音ズレ解消!aptX Low Latency対応Bluetoothトランスミッター GENKIをレビュー!

スイッチでBluetoothワイヤレスオーディオを実現する

Nintendo Switch(以下、スイッチ)では、ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンなどのBluetoothオーディオが使えない。このため、イヤホン端子かUSB端子にBluetoothトランスミッターを接続するしかない。2018年末現在では、USB-C変換アダプタを介してBT-W2を使うのが最適解となっている。

ニンテンドースイッチがUSBオーディオ出力対応、なので音ズレしないBluetoothヘッドホンに再挑戦!SwitchでBluetoothヘッドホンが使えない問題 有名な事実ですが、Nintendo SwitchではBluetoothには対...

世界的にも需要が多い、スイッチのBluetoothオーディオ機能

スイッチは世界的に販売されていることもあり、スイッチでBluetoothオーディオ(しかも低遅延のaptX LL)が使えないことを憂いている人は多いようで、クラウドファンディングサイトKickstarterで始まったプロジェクト「GENKI: Bluetooth Audio for the Nintendo Switch」には目標金額3万ドルを超える、およそ17.6倍の53.1万ドルもの出資が集まりました。

GENKI: Bluetooth Audio for the Nintendo Switch

日本でもCAMPFIREでプロジェクトがスタートし、下記ページで販売も開始されています。

今までBluetoothオーディオを簡単に使うことができなかったNintendo Switch™の弱点解消!世界初のUSB Type-C接続のBlutooth5.0対応のアダプタ『Genki」』を紹介します。 GENKIを使えば、お気に入りのワイヤレスBluetoothヘッドフォンでスイッチを楽しめます!
Nintendo Switch™をワイヤレスで楽しもう!世界初、ワイヤレスヘッドホンを可能にするドングル『Genki』

※参考までに、私がKickstarterで出資したときは39ドル(1ドル=110円換算で約4,300円)でした。

Kickstarter発のスイッチ用周辺機器「GENKI」

というわけで、届きました。スイッチにBluetoothオーディオ機能を付加する「GENKI」です。

パッケージにも明記してある通り「KICKSTARTER EDITION」のため、日本で販売されるものとは異なるかもしれません。

GENKIの凝っているところは、スイッチのゲームソフトと同じ形状のパッケージに仕上げているところ。こういうこだわり好きです。

パッケージを開けると、スイッチのカードを4本収納できるケースになっています。

そして、これがスイッチのUSB Type-C(以下、USB-C)ポートに挿すことのできるBluetoothトランスミッター「GENKI」です。

付属品としては、マイクアダプターと特製シールのみ。ケースにはスタンドを収納するためのスペースもありますが、今回のセットには含まれていません。

これがGENKI本体。指でつまめる小ささです。カラーリングは、ネオンブルーとネオンレッドのパーツで構成されています。他にもグレーバージョンがあり、スイッチと合わせられるようになっています。

スイッチ用に開発されたこともあり、USB-Cポートにスキマができることもなく、ぴったり接続できます。

イヤホンポートにマイク用アダプターも取り付けるとこのような状態になります。

BT-W2のように他機種用のアダプターを使うと、USB-Cポートが占有されてしまうため充電しながらの使用ができなかったのですが、GENKIはそこも考えられていて、給電用にスルーできるUSB-Cポートが用意されています。

わが家にある、aptX Low Latency(以下、aptX LL)対応のイヤホン・ヘッドホンと接続してみます。※同じBluetoothイヤホン・ヘッドホンでも、aptX LLに対応していない場合には音ズレ抑止(低遅延)の恩恵が受けられません。

ペアリングモードにする際には、GENKIをスイッチに挿した状態でネオンブルーのボタンを押しっぱなしにします。

LEDが点滅するので、Bluetoothイヤホン・ヘッドホン側もペアリング状態にしておきます。

ペアリングが完了するとLEDが点灯して、ペアリング状態であることが分かるようになっています。

Bluetoothヘッドホン「MEE audio MATRIX CINEMA」でのペアリングは問題なし。製品名に「CINEMA」とあるように映像視聴に合わせたプリセットがあり、音声重視や低音重視など4つのモードを備えています。スイッチの迫力のあるゲームサラウンドが響きます。

for ひとりシネマ、音ズレしないワイヤレスヘッドホン!aptX®︎ Low Latency対応、MEE audio MATRIX CINEMAをレビュー!ヘッドホンにもいろいろある みなさんが「ヘッドホン」と聴くと、どういうシーンを想像するだろうか?家で音楽を聴くとき?電車の中で音楽に集...
ゼンハイザーのBluetoothワイヤレスイヤホン「CX 6.00BT」では、クリアな音響でゲームサラウンドを楽しむことができます。

超貴重!aptX LLで音ズレしないBluetoothイヤホン、ゼンハイザーのCX 6.00BTをレビュー!ドイツ・ゼンハイザーのワイヤレスイヤホン ゼンハイザーといえば「Sennheiser」の綴りからわかるように、ドイツのメーカー。194...
同じくゼンハイザーの完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireles」では、CX 6.00BT同様のクリアなサウンドに、完全ワイヤレスらしい快適な使い勝手を提供してくれます。個人的にはこれが一番オススメ。

音がズレない完全ワイヤレス!aptX LL採用、ゼンハイザー MOMENTUM True Wirelesをレビュー!待望の完全ワイヤレスイヤホンがやってきた。 2017年はオーディオ主要各社から多数の完全ワイヤレスイヤホンが発売される、まさに完全ワイ...
そして、このGENKIのもう一つの特徴は2台のワイヤレス機器に同時に送信できること。ネオンブルーのボタンを押してペアリングしたように、ネオンレッド側のボタンを押して他の機器とペアリングすることができます。

(ただ、手持ちの機器では2台同時にペアリングできなかったのですが……また今度試してみます)

なお、同じUSB-Cを採用したiPad Proでも使えるだろうと気軽に挿してみたら、音楽は流れるものの、ノイズが多く使い物にならないレベル……。

aptX Low Latencyは、Wi-Fiなど2.4GHz帯の電波に対してとてもシビアなので、何か関連があるのかも。

まとめ

デザインや使い勝手を含め、スイッチでBluetoothイヤホン・ヘッドホンを使うなら、これで決まり!と言えるほどの完成度。これを買ったら、BluetoothイヤホンやヘッドホンもaptX LL対応製品で揃えておくことをお忘れなく。(多少の音ズレが許容できるのであれば、気にしなくてもいいですが)
aptX Low Latency関連の記事を探す

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
GENKI: Bluetooth Audio for the Nintendo Switch
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
4/20(土) 春の山手線一周ウォーキング参加者募集中!開催概要 >>
+ +