ASUS

ROG STRIX ARION レビュー/最速1GB/sを叩き出す!最強のゲーミングSSDエンクロージャーあらわる!

ゲーミングデバイスは仕事でも使える?

ゲーミング◯◯◯と名の付くデバイスは、ゲーミングPC、ゲーミングマウス、ゲーミングキーボードなどなどあります。これらのデバイスはゲーム用途を考慮し、高性能・高精度な特徴を持ちます。

見た目の派手さは置いといて、この性能は日常使いにも向いているはず。今回紹介する製品はそんな製品です。

ゲーミングブランド「ROG」からSSDエンクロージャーが登場!

今回紹介するのは、ASUSのゲーミングブランド「ROG」から登場した、SSDエンクロージャー「ROG STRIX ARION」、いわゆるSSDケースです。

ROGといえば、ゲーミングスマホROG Phone IIもレビューしています。よろしければ、ぜひ。

ASUS ROG Phone II レビュー/メモリ12GBのモンスターゲーミングスマホ誕生!ベンチマークもダントツ高性能!ようこそ、ゲーミングスマホの世界へ ハイクオリティなゲームを楽しめるのは、高性能なゲーミングPCだけではありません。そう、今回は超高性...

ROG STRIX ARIONをレビュー

今回購入したのは、ROG STRIX ARION ブラック。パッケージにほとばしる、ライティングビジュアルが、ゲーミングデバイスであることを表しています。

側面には、対応OSと付属品の一覧が図示されています。ゲーミングデバイスとはいえSSDケース、Macでも使えます。

背面には仕様の一覧があります。OS互換性にはWindows7以降/Mac OS X 10.6以降の記載がありますが、AuraシステムにはWindows 10/8の64bitバージョンが必要です。

なお、パッケージの上面にはテックウインドの製品保証書が貼ってあります。パッケージは捨てないようにしましょう。

ROG STRIX ARIONを開封していきます。

内容物は次の通り。マニュアルに、ROG STRIX ARION本体、プロテクトホルダー、Rフックにイジェクターピン、USB-C to USB-Cケーブル、USB-C to USB-Aケーブル、と意外に盛り沢山です。

それでは、ROG STRIX ARIONにSSDを内蔵させていきましょう。

ROG STRIX ARIONを開く

よくあるSSD/HDDケースと違って、ROG STRIX ARIONを開けるのにドライバーは不要です。付属のイジェクターピンを使用します。スマホからSIMを取り出すときに使うものと同じものです。

ピンを押すとフタがポップアップするので、簡単に開くことができます。

フタには、発熱量の多いM.2 SSDのためのサーマルパッドが貼り付けられています。これによって、優れた放熱性能を発揮します。

いよいよSSDの取り付けなのですが、ROG STRIX ARIONは、M.2(2230/2242/2260/2280)規格でPCIe NVMeタイプのSSDに対応しています(最大2TB)。SATAタイプを選ばないようにしましょう。

NVMe M.2 SSD 1TBを内蔵する

今回はROG STRIX ARIONのために、クルーシャルの1TB SSDを購入しました。

今回購入したのはこちらのP1シリーズ。

Amazonだとブレード型のSSDって大きく見えるんですけど、意外と細くて小さいんですよね。

ROG STRIX ARIONが対応しているM.2の端子形状は「M-key」または「B+M Key」となります。今回購入したのは「M-key」タイプです。

SSDを取り付ける前に、固定用のつまみネジを外しておきます。イジェクターピンを使うことで、こちらもドライバー不要で取り外せます。便利!

SSDを挿すとスキージャンプ状態になります。

SSDのおしりにつまみネジを挟みます。

そしたらそのままイジェクターピンを使って、SSDをROG STRIX ARIONに固定します。

あとはフタを閉めれば完成です!

さらに詳しくレビューしていく前に……

1万円台前半で買える!M.2 NVMe SSD 1TBモデル

2TBのSSDも増えてきましたが、まだまだ割高。ギガ単価でコスパの高いSSDといえば1TBモデルです。中でも、実売1万円台で購入できる1TB SSDが増えているようなので、見つけたものを紹介していきます。

まずは、低価格ストレージの定番・トランセンド。TLCの耐久性が気になるところですが、その不安を「5年保証」という大きな安心でカバーしています。

そして、ストレージといえばWD(Western Digital)。クライアントPC向けのBlueシリーズです。2020年発売の新製品です。

次は、microSDなどのメモリーカードを製造する台湾のメーカーとしておなじみ、シリコンパワーの1TBモデルです。こちらも保証期間は5年となっています。

次は、Lexar(レキサー)の1TB SSDです。レキサーといえば長い間、半導体メーカー・マイクロンの子会社でしたが、現在のレキサーブランドは中国のフラッシュメモリ企業Longsysのものです。

そして最後に、Crucial(クルーシャル)は、半導体メーカー・マイクロンのエンドユーザー向けブランド。P1シリーズ 1TBです。こちらも5年保証が付いています。

定番のSamsungやWestern Digital、SanDiskのSSDはちょっと高めですが、気軽に使いたいということであれば、これらのSSDはオススメです!

ゲーミングSSD・ROG STRIX ARION完成!

アルミ合金ケースのROG STRIX ARIONは、持った感じからして剛性が高く、そんじょそこらに落としても問題なさそうな頑丈さがあります。なお、付属のプロテクターホルダーを取り付け済みです。

重量は、なんと112.8g。iPhone SEと同じくらいの重さです。サイズ感といい、重さといい、似ています。

Rフック付きの、専用吊り下げ式保護ホルダーが付属しています。Rフックの名の通り、ROGの「R」が象られています。カラビナとして機能します。

この保護ホルダーは、ベルトでROG STRIX ARIONを吊すことができます。この外観、とてもSSDだと思えない。

ROG STRIX ARIONは、USB​​ 3.2 Gen 2のUSB-Cポートを備えています。

ROG STRIX ARIONには、USB-C to CケーブルおよびUSB-C to Aケーブルの2本が付属しています。よく見ると、ここにもROGロゴが。

USB 3.2と聞くと、新しい規格のように感じますが、実態は下記のようなリブランディングになっているようです。

旧名称 現名称 通信速度(最大)
USB 3.0 USB 3.2 Gen 1 5Gbps
USB 3.1 Gen 1 USB 3.2 Gen 1 5Gbps
USB 3.1 Gen 2 USB 3.2 Gen 2 10Gbps

ややこしい……。ROG STRIX ARIONは、USB 3.2 Gen 2に対応しているので、PC側もこの規格に対応していれば、最大10Gbpsでの通信が可能になります。

Aura Syncライティングで光るSSDエンクロージャー

ROGブランドの製品で特徴的なのが、ASUS独自のAura Syncライティングテクノロジーです。ROG STRIX ARIONも例外ではなく、Aura対応デバイスと同期可能なアンビエント照明を提供しています。

PCに接続すると、このように光ります。通電すれば光るので、Macでも動作します。

クリアパーツも光るので、より美しく映えます。

ゆーっくりとその発色を変えていきます。

どの色も美しく光ります。
この優雅さは、SSDエンクロージャーとして唯一無二ですね。さて、それではいよいよROG STRIX ARIONのゲーミングSSDとしての性能に迫りましょう。

ROG STRIX ARIONをベンチマークしてみる

ROG STRIX ARIONは、USB 3.2 Gen 2の最大10Gbps(1.25GB/s)が、理想の最高速度になります。まあ、こういった「理論値」はあくまでスペック上の最大値なので、実際になかなか出るものではありません。どこまで迫れるでしょうか……。

ASUSさんから(ゲーミングノートではありませんが)新発売のVivoBook S15 S531FAをお借りしている最中だったので、こちらに繋いでベンチマークしてみます。

こちらはVivobookに内蔵のSSD。これはこれでめちゃくちゃ速いですね。

ROG STRIX ARIONの結果。さすがに内蔵SSDにReadは負けていますが、Writeは上回っています。

続いて、MacBook Airに接続してみました。MacBook AirのUSB-Cポートは、USB 3.2 Gen 2です。こちらは内蔵SSDの結果。これまためちゃくちゃ速い。

そして、MacBook AirにUSB-Cで接続したROG STRIX ARIONの結果。Vivobookほどではありませんでしたが、こちらも1GB/sに迫る速度です。

Windows、Macとも、理論上の最高速度に近い値を叩き出しました。すごいぞ、ROG STRIX ARION!

まとめ

ゲーミングデバイスの名に恥じない高性能な結果を出したROG STRIX ARION。存在感の強い周辺機器ですが、ゲーム目的だけではなく、日常用途でも頼れる相棒になってくれそうです。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
ROG STRIX ARION
評価
51star1star1star1star1star
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ