\ 最大10%ポイント追加! /

ROG Strix Arion レビュー/最速1GB/sを叩き出す!最強のゲーミングSSDエンクロージャーあらわる!

  • URLをコピーしました!

ゲーミングデバイスは仕事でも使える?

ゲーミング◯◯◯と名の付くデバイスは、ゲーミングPC、ゲーミングマウス、ゲーミングキーボードなどなどあります。これらのデバイスはゲーム用途を考慮し、高性能・高精度な特徴を持ちます。

見た目の派手さは置いといて、この性能は日常使いにも向いているはず。今回紹介する製品はそんな製品です。

INDEX

ゲーミングブランド「ROG」からSSDエンクロージャーが登場!

今回紹介するのは、ASUSのゲーミングブランド「ROG」から登場した、SSDエンクロージャー「ROG Strix Arion」、いわゆるSSDケースです。

500GBのSSDを内蔵した製品も登場しました。完成品が欲しい方はこちらもオススメです。

ROGといえば、ゲーミングスマホROG Phone IIもレビューしています。よろしければ、ぜひ。

ROG Strix Arionをレビュー

今回購入したのは、ROG Strix Arion ブラック。パッケージにほとばしる、ライティングビジュアルが、ゲーミングデバイスであることを表しています。

側面には、対応OSと付属品の一覧が図示されています。ゲーミングデバイスとはいえSSDケース、Macでも使えます。

背面には仕様の一覧があります。OS互換性にはWindows7以降/Mac OS X 10.6以降の記載がありますが、AuraシステムにはWindows 10/8の64bitバージョンが必要です。

なお、パッケージの上面にはテックウインドの製品保証書が貼ってあります。パッケージは捨てないようにしましょう。

ROG Strix Arionを開封していきます。

内容物は次の通り。マニュアルに、ROG Strix Arion本体、プロテクトホルダー、Rフックにイジェクターピン、USB-C to USB-Cケーブル、USB-C to USB-Aケーブル、と意外に盛り沢山です。

それでは、ROG Strix ArionにSSDを内蔵させていきましょう。

ROG Strix Arionを開く

よくあるSSD/HDDケースと違って、ROG Strix Arionを開けるのにドライバーは不要です。付属のイジェクターピンを使用します。スマホからSIMを取り出すときに使うものと同じものです。

ピンを押すとフタがポップアップするので、簡単に開くことができます。

フタには、発熱量の多いM.2 SSDのためのサーマルパッドが貼り付けられています。これによって、優れた放熱性能を発揮します。

いよいよSSDの取り付けなのですが、ROG Strix Arionは、M.2(2230/2242/2260/2280)規格でPCIe NVMeタイプのSSDに対応しています(最大2TB)。SATAタイプを選ばないようにしましょう。

NVMe M.2 SSD 1TBを内蔵する

今回はROG Strix Arionのために、クルーシャルの1TB SSDを購入しました。

今回購入したのはこちらのP1シリーズの1TB。安かった……。

Amazonだとブレード型のSSDって大きく見えるんですけど、意外と細くて小さいんですよね。

ROG Strix Arionが対応しているM.2の端子形状は「M-key」または「B+M Key」となります。今回購入したのは「M-key」タイプです。

SSDを取り付ける前に、固定用のつまみネジを外しておきます。イジェクターピンを使うことで、こちらもドライバー不要で取り外せます。便利!

SSDを挿すとスキージャンプ状態になります。

SSDのおしりにつまみネジを挟みます。

そしたらそのままイジェクターピンを使って、SSDをROG STRIX ARIONに固定します。

あとはフタを閉めれば完成です!

さらに詳しくレビューしていく前に……

1万円台前半で買える!M.2 NVMe SSD 1TBモデル

2TBのSSDも増えてきましたが、まだまだ割高。ギガ単価でコスパの高いSSDといえば1TBモデルです。中でも、実売1万円台で購入できる1TB SSDが増えているようなので、見つけたものを紹介していきます。

まずは、低価格ストレージの定番・トランセンド。TLCの耐久性が気になるところですが、その不安を「5年保証」という大きな安心でカバーしています。

そして、ストレージといえばWD(Western Digital)。クライアントPC向けのBlueシリーズです。

次は、microSDなどのメモリーカードを製造する台湾のメーカーとしておなじみ、シリコンパワーの1TBモデルです。こちらも保証期間は5年となっています。

次は、KIOXIA(キオクシア)の1TB SSDです。いわゆる旧東芝メモリですね。5年保証付いてます。

そして最後に、Crucial(クルーシャル)は、半導体メーカー・マイクロンのエンドユーザー向けブランド。P1シリーズ 1TBです。こちらも5年保証が付いています。

定番のSamsungやWestern Digital、SanDiskのSSDはちょっと高めですが、気軽に使いたいということであれば、これらのSSDはオススメです!

ゲーミングSSD・ROG Strix Arion完成!

アルミ合金ケースのROG Strix Arionは、持った感じからして剛性が高く、そんじょそこらに落としても問題なさそうな頑丈さがあります。なお、付属のプロテクターホルダーを取り付け済みです。

重量は、なんと112.8g。iPhone SEと同じくらいの重さです。サイズ感といい、重さといい、似ています。

Rフック付きの、専用吊り下げ式保護ホルダーが付属しています。Rフックの名の通り、ROGの「R」が象られています。カラビナとして機能します。

この保護ホルダーは、ベルトでROG Strix Arionを吊すことができます。この外観、とてもSSDだと思えない。

ROG Strix Arionは、USB​​ 3.2 Gen 2のUSB-Cポートを備えています。

ROG Strix Arionには、USB-C to CケーブルおよびUSB-C to Aケーブルの2本が付属しています。よく見ると、ここにもROGロゴが。

USB 3.2と聞くと、新しい規格のように感じますが、実態は下記のようなリブランディングになっているようです。

スクロールできます
旧名称現名称通信速度(最大)
USB 3.0USB 3.2 Gen 15Gbps
USB 3.1 Gen 1USB 3.2 Gen 15Gbps
USB 3.1 Gen 2USB 3.2 Gen 210Gbps

ややこしい……。ROG Strix Arionは、USB 3.2 Gen 2に対応しているので、PC側もこの規格に対応していれば、最大10Gbpsでの通信が可能になります。

Aura Syncライティングで光るSSDエンクロージャー

ROGブランドの製品で特徴的なのが、ASUS独自のAura Syncライティングテクノロジーです。ROG Strix Arionも例外ではなく、Aura対応デバイスと同期可能なアンビエント照明を提供しています。

PCに接続すると、このように光ります。通電すれば光るので、Macでも動作します。

クリアパーツも光るので、より美しく映えます。

ゆーっくりとその発色を変えていきます。

どの色も美しく光ります。

この優雅さは、SSDエンクロージャーとして唯一無二ですね。さて、それではいよいよROG Strix ArionのゲーミングSSDとしての性能に迫りましょう。

ROG Strix Arionをベンチマークしてみる

ROG Strix Arionは、USB 3.2 Gen 2の最大10Gbps(1.25GB/s)が、理想の最高速度になります。まあ、こういった「理論値」はあくまでスペック上の最大値なので、実際になかなか出るものではありません。どこまで迫れるでしょうか……。

ASUSさんから(ゲーミングノートではありませんが)新発売のVivoBook S15 S531FAをお借りしている最中だったので、こちらに繋いでベンチマークしてみます。

こちらはVivobookに内蔵のSSD。これはこれでめちゃくちゃ速いですね。

ROG Strix Arionの結果。さすがに内蔵SSDにReadは負けていますが、Writeは上回っています。

続いて、MacBook Airに接続してみました。MacBook AirのUSB-Cポートは、USB 3.2 Gen 2です。こちらは内蔵SSDの結果。これまためちゃくちゃ速い。

そして、MacBook AirにUSB-Cで接続したROG Strix Arionの結果。Vivobookほどではありませんでしたが、こちらも1GB/sに迫る速度です。

Windows、Macとも、理論上の最高速度に近い値を叩き出しました。すごいぞ、ROG STRIX ARION!

まとめ

ゲーミングデバイスの名に恥じない高性能な結果を出したROG Strix Arion。存在感の強い周辺機器ですが、ゲーム目的だけではなく、日常用途でも頼れる相棒になってくれそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる