\ 楽天ポイント最大10倍! /

Transcend M.2 SSD エンクロージャー TS-CM42S レビュー/M.2 2242のSSDを活用!

  • URLをコピーしました!

余ったM.2 SSDを外付けSSDにする

先日、超小型PCのGPD MicroPCの内蔵SSDを大容量の512GBに換装したんですが、元のSSDが余ってしまいます。外付けSSDにするためのケースも合わせて購入しました。

GPD MicroPCのSSD換装手順は下記記事にまとめています。OSの再インストールも半自動化されているので、拍子抜けするほど簡単でした。
https://www.makkyon.com/2019/07/02/gpd-micropc-ssd-changed/

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

Transcend TS-CM42Sをレビュー

今回購入したのは、換装用のM.2 SSDと同じTranscendのSSDエンクロージャーキットTS-CM42Sです。

※エンクロージャーという言葉に馴染みがありませんが、「enclosure = 囲い」という意味です。
Transcendのエンクロージャーキットには、M.2 2242専用のTS-CM42Sと、M.2 2242・2260・2280兼用のTS-CM80Sがあります。

※今回は、とにかくコンパクトにしたかったので、2242専用のTS-CM42Sにしました。2260や2280を使う予定があれば、TS-CM80Sを選んでおくといいでしょう。

付属品は精密ドライバーやUSBケーブル、マニュアル、ネジ2種類、フタ2種類と一揃えあるので、M.2 SSDがあればこの製品だけで事足りるでしょう。

ケースの中身は、この基板のみです。M.2 SSDをコネクタに挿したら、付属の黒いネジで固定させるだけです。

フタは2種類付属しています。ネジで留めるタイプとテープで接着するタイプです。

あっという間に、超小型のストレージが完成です。大きさはほとんどUSBメモリですね。

コネクタは、USB Type-Cです。中身もUSB 3.1 Gen1に対応しているので、対応機器同士なら最大5Gbpsで通信できます。

UASP(USB Attached SCSI Protocol)にも対応しているので、最近のMac、Windowsなら問題なくSSDの速さを実感できるでしょう!

まとめ

余ったM.2 SSDを外付け化するために購入したエンクロージャーキットですが、この価格であれば別にSSDを買って、大容量の外付けSSDを作るのもアリでしょう。
小さくてオススメです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX