断線に要注意の細さ……Apple Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタをレビュー!

イヤホン端子が廃止されたことで話題のiPhone 7 / 7 Plus。既存のイヤホンを使うためのLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタを買ってみた。(iPhone 7とiPhone 7 Plusには付属しているので、わざわざ買う必要はありません。)

単品の場合は、小箱に入って販売されています。

中身はごくシンプル。アダプタを取り出しての第一印象は「線が細い!柔い!」純正のLightningケーブルも細かったですが、それよりも、更に。これは断線する人続出では……と感じました。

アダプタそのものは、iPhone SEなどの既存端末でも使えます。音質はイヤホン端子を介したときと変わらず。DACなんて内蔵されてませんよ。

試しに、イヤホン端子とLightning端子の両方を使って、別々のイヤホンを挿してみました。さすがに2系統では出力してはくれません。最後に挿したほうが優先して認識されるようです。出力先の選択もできませんでした。

急いで買うような製品ではありませんが、断線のリスクが高いので、周辺機器メーカーから丈夫な変換アダプタの登場が待たれるところです。

ABOUTこの記事をかいた人

都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!