Apple純正ケースもこれが、7。着実に進化したiPhone 7 Plusレザーケースをレビュー!

iPhone 7発売まであと数日。待ちきれないので、ケースだけ先に買ってしまいました。

そして、本体と同時注文にも関わらず、毎回のようにケースだけ届けてくれる……。気分だけ盛り上げていろというのか(盛り上がるけど)。

今回購入した純正ケースは、iPhone 7 Plusレザーケース – タン。純正ケースが出るたびに欲しい色が変わってしまう。長く使うならやはりレザー。いい感じの風合いになってきたところでiPhoneを買い換えてしまうのがiPhone信者の罪。

パッケージから引き出したレザーケース本体。パッケージ写真と寸分違わない。そういえば、今回のケースは円高が反映されたためか、6sの頃より安い。

底面は大きく開いているので、どのメーカーのLightningケーブルでも使えるだろう。

ロゴ部分の加工は手が込んでいる。

今回の進化ポイントは、ここ。ボタンの部分が別パーツで仕上げられている。これまでのケースは、革を凹凸に加工したものだったが、わざわざ手間のかかる別パーツを使っている。これならば押しやすさが格段に違うはず。

音量ボタンの部分も同様の加工になっている。

裏側から見ると、一つのパーツで構成されているようだ。

なぜケース一つでこんなに盛り上がってしまうのか、それはiPhone 7だからに他ならない。あと数日、いよいよiPhone 7 Plusがやってくる。

後日……

iPhone 7 Plusのゴールドが届きました。もちろん相性バッチリです!

ボタン類の稼働もスムーズ!

Lightningコネクター周りもスッキリしています!

さらに、この純正レザーケースと画面全体を覆うガラスプロテクターと組み合わせてみました。

iPhone7 Plusの画面を完璧に守りたい、なら……Simplismの立体成型フレームガラスフィルムをレビュー!

2016.09.19