\ 楽天スーパーセール開催中! /

お風呂テレビ&読書が捗る。無印良品“っぽい”iPad mini専用防水ケースはコスパが最高。

  • URLをコピーしました!
INDEX
Google Workspace
Google Workspace

iPad mini向けの防水ケースはある?

以前、無印良品で買ったお風呂で使える防水スマホケースが思いのほか使い勝手よく、iPad mini版があればいいのにと思いつつ探していると、意外とありました。

類似の商品が4,000円とか1万円とかする中、2,000円台で売っているのはかなり良心的。安さゆえに、いろいろ覚悟したものの、まずは注文。

透明な箱に入っていました。「For iPad Mini」となっているところが気になります…。

同梱のマニュアルは中国語版でした。そして、偽造防止(?)のホログラムステッカーも中国語表記。

内容物はこれだけ。ケース、ストラップ、説明書です。

上下1カ所ずつ、右側2カ所がツメで閉じられていて、かなり頑丈。力を入れないと外せません。逆に言えば、そう簡単に水が入らないようになっている、とも言えます。

フタを開けたところ。無印の防水スマホケースに比べると、ぱっと見似ているものの、いかにもちゃちな感じは否めません。しかし、値段を考えればそれは望み過ぎかもしれません。

iPad miniを入れてみます。ここでは、初代iPad miniで使用していますが、iPad mini Retinaでも問題なく使用できました。

意外なほど精巧にできていて、iPadのカーブにぴったり合うようにできていました。

裏側はカメラも使えるよう、レンズ周辺のみ凹んだ形に成型されています。穴が開いているわけではありません。

iPad miniの画面に押し当てると、保護フィルムを貼ったように吸着します。

重さを計ってみます。

初代iPad mini込みの重量は約547g。Wi-Fiモデルの公表値は308gなので、約139g増です。

では、思い切ってシャワーかけてみます。ザバー。

防水を謳っているので、もちろん問題なくタッチできます。水がたくさんかかっていると反応が鈍いですが。軽く手で拭き取ってあげれば問題ありません。

ケースから取り出してみても、iPad mini本体には水滴一つ付いていませんでした。

一週間ほど使用してみたところでは問題なく使うことができ、我が家ではKindleで読書するか、nasne+「DiXiM Digital TV for iOS」の組み合わせでお風呂テレビを楽しんでいます。

なお、タッチは良好ですが、滑りはよくないのでWebブラウズはちょっと微妙です。

※本記事は2014年5月当時のものです。当該商品はすでに販売されていません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX