TRI-i4 レビュー/Knowles製バランスドアーマチュアを搭載した1BA+1DDのハイブリッドイヤホン

  • URLをコピーしました!

中華イヤホンの進化速度がすごい

今年に入ってKZ AS06を始めとして各社の中華イヤホンを使ってみて、クオリティの向上がすごいな、って感じるんですよ。音質もそうだし、ハウジングのデザインもぐんぐんクオリティが上がってます。
次々に新製品が登場して、スピード感がすごい。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

1BA+1DDのハイブリッドイヤホン TRI-i4

今回紹介するイヤホンも、デザイン・音質ともに高品質なもの。バランスド・アーマチュア1基に、ダイナミック・ドライバ1基を搭載した、1BA+1DD構成のハイブリッドイヤホンです。しかも、バランスド・アーマチュアは有名なKnowles社のものを搭載しているとか……。

本記事の最後に、2019/12/31まで有効な【7%OFF】クーポンコードを掲載しています。ぜひ使ってください。
AmazonでTRI-i4を見る
※本レビューにあたって、製品サンプルをご提供いただきました。

TRI-i4をレビュー

ブラックなパッケージにブランドロゴだけ浮かぶ、シンプルで力強いパッケージです。

TRI(TRI Audio)のwebサイトで情報を得ようと思ってアクセスしてみたら、nginxのデフォルトページが表示されたので、きっとまだ整備中なのでしょう……(2019年8月6日現在)

気をとり直して、パッケージを開けていきます。

TRI-i4イヤホン以外に、イヤーピース3種7セット、ソフトケースが含まれています。

イヤーピースは3種類7サイズ入っています。奥にあるのは低反発タイプのもの。これだけ1サイズのみです。

イエローが見えるイヤーピースは、SONYのハイブリッドコンフォートイヤーピースと呼ばれてるものに似ています。

ケースは、柔らかい素材でできています。カバンの中でかさばらなくていいですね。ちょっと柔らかすぎる気もしますが。

アルミ合金製のハウジングは、CNC加工による滑らかな曲線。イヤホン同士が触れるとカチカチと音がします。ダイスがぶつかる音に似ています。

TRI-i4のハウジングは一見の価値のある美しさ。光沢のあるゴールドです。

この滑らかな曲面がCNCならではの切削加工と言えます。美しいわー

くぼみのある、複雑な曲面を描いています。

ステムは大口径、イヤーピースが取り付けやすくなる凹凸のある構造になっています。

空気穴が空いているので、あまり大きな音を出すと、音漏れがしてしまうのかもしれません。ふだんから大きな音で聴いている方はご注意を。
金属の質感がすごいTRI-i4ですが、アルミ合金ということもあってか、その重量は意外と軽く、左右で14.0gです。

ハウジングも小さいので、耳への収まりがいいですね。

GRANBEATでTRI-i4を試聴する

それでは、Knowles製のバランスド・アーマチュア1基とダイナミックドライバー1基で構成されたハイブリッド・イヤホンの実力を聴いてみましょう。
使用したのは「スター・ウォーズ: 最後のジェダイ (オリジナル・サウンドトラック)」のハイレゾ音源(192.0kHz/24bit)です。

アルバムを一通り聴いてみました。
低音域は主張し過ぎず、しっかり重量感をもって響かせてくれます。高音域は音離れがよく、角の立ち過ぎない、まろやかな音を出してくれます。
特徴的なのは、中音域の音場の豊かさです。空間の広がりを感じることができます。
ただ、全音域の解像感はやや物足りず、もう一段深みが欲しいところ(この値段感のイヤホンには高望みかと思いますが)。
しかし、アルミ合金のハウジングのおかげか、音の引き締まりはよく、安定した音の響きを聞かせてくれます。
目立ち過ぎず、音源の魅力を丁寧に伝える優等生のようなイヤホンですね。
お気に入りのボーカル曲をいくつか聴いてみた感触だと、男性ボーカルより女性ボーカル向き、ドラムよりギターが映える、といった印象があります。
この点で、DAOKO×MIYAVIの『千客万来』がキンッキンにチューニングされた音になってますね。好きな人には一回聴いてもらいたいです。

TRI-i4を完全ワイヤレスイヤホンに換装する

TRI-i4はMMCXコネクタを採用しているので、リケーブルも可能です。

https://www.makkyon.com/2018/06/09/mmcx-bluetooth/
Bluetoothケーブルが使えるのは当たり前なので、完全ワイヤレス化をしてみました。使うのは、もちろんFOSTEXのTM2です。

MMCXコネクタの位置によっては、装着感に難があることもありますが、TRI-i4では違和感なく装着できました。
https://www.makkyon.com/2019/06/02/fostex-tm2/
TM2のケースにも問題なく収まります。

有線接続に比べると、音質が1段落ちますが、Bluetoothワイヤレスとしては優秀な音質と言えます。
完全ワイヤレスにこだわらないなら、高性能アンプを内蔵したBluetoothレシーバーなどと併用するのもアリでしょう。
https://www.makkyon.com/2019/03/10/bluetooth-headphones-amplifier/

まとめ

アルミ合金で美しく成形された小ぶりなハイブリッドイヤホンTRI-i4。有線接続で美しい音色を楽しむもよし、MMCXでBluetoothワイヤレスイヤホンに換装して手軽に楽しむもよし。優等生的なサウンドが、いずれの接続にもうまく対応してくれるでしょう。

プロモーションコードを使うと【7%OFF】で購入できます。
XYXCTD2A
(2019/12/31まで有効)


AmazonでTRI-i4を見る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX