ROOT CO.

カラビナ付けられるアウトドア用iPhone Xケース!ROOT CO.のGRAVITY for iPhone Xをレビュー!

ROOT CO.のアウトドアiPhoneケース

iPhone 7 Plusを使っていた2017年の夏、とっても鮮やかで男性的なアウトドアケースを使っていました。当初はiPhone 7版だけだったけど、反響が大きかったのか、少し遅れてPlus版も登場したのです。

あわせて読みたい
MILスペックでカラビナ取付可!iPhone 7 Plusケース ROOT CO.のGravity Shock Resist Case Proをレビュー!iPhone 7 Plus用のゴツいケース? iPhone 7 Plusは本体重量がけっこうあるので、ケースはなるべく軽くて薄いものを...
普通のケースに比べればやや重くてゴツいけど、それがよかった。

GRAVITY for iPhone X登場

もちろんiPhone X版も登場しました。前回はイエローでしたが、今回はレッドを購入してみます。

iPhone X版も安定の質実剛健

前世代の製品と同様に、クリアーなパッケージに収められています。レッド/グロスのカラーリングが鮮やか。

本製品はiPhone Xが発表されてから作られたようで、表記もちゃんと「for iPhone X」になっていました。

付属品は、説明書と交換用窓パーツだけ。交換用窓パーツは無くさないようにしましょう。

ケース単体の重量は、54.6g。20-30g級のケースが多い中で、本製品は重い部類に入ります。ケース自体が大柄なので、これだけを手に持つ分には重く感じないんですけどね。

そして、本製品の見た目の大きな特徴であるカラビナ取り付け用のループ。

デュアルカメラ用の穴には周縁にゴムが取り付けてあります。

フェイクのネジデザインも健在です。

Appleロゴが覗く窓枠には、カメラレンズのようなデザインで、「DESIGNED IN HAKONE」の文字が見えます。

ケース内部には、ROOT CO.のエンブレムプレートがはめ込まれています。

車のバンパーのようなデザインのケース側面です。

それでは、実際にiPhone Xに装着してみましょう。

iPhone Xに装着してレビュー

以前にレビューしたiPhone 7 Plus版では、男性の片手で持つにはやや大ぶりでしたが、iPhone はそのコンパクトさもあってか、片手に持つのにもさほど苦はありません。

iPhone X背面のAppleロゴもこの通り。iPhone Xの背面が白だと、シンプルに映えますね。

背面カメラの位置もピッタリと合います。

カラビナもゆうゆう取り付けることができます。これでバッグに取り付けることもできます。(カラビナは付属していません)

iPhone Xを取り付けた状態での重さは236.4g。こうして数値で見ると、やはりずっしりしているんだなと実感します。

ともあれ、このケースの良さは、MILスペックにも準拠したこの質実剛健さ。「重そう」「ゴツそう」と呼ばれることが褒め言葉なのです。

もちろん、Qi充電も可能ですよ。

iPhone X用は全6種類のカラーバリエーション

Facebookでコメントする
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!