街レポ

成田でLCCは要注意、駅から歩いて15分!成田空港第3ターミナルまですごく時間かかる……

国内旅行でも「成田空港」の選択肢

首都圏に住んでいて飛行機に乗るとき、国内なら羽田空港、海外なら成田空港、というのが定番だったけど、最近では羽田から国際線も普通だし、成田から国内線というのも当たり前になってきた。
この日、宮崎に帰省するために、初めて成田空港を使ってみることにした。LCCのジェットスターが成田-宮崎便を就航したからだ。安い便を選択すれば、往復でも1万円かからない。これまでの高い航空券代を考えると、夢のような格安チケットだ。

JRと京成本線の下車駅は「空港第2ビル駅」

京成スカイライナーを使って成田空港へ向かう。LCCは第3ターミナルから出発するのだけど「空港第3ビル駅」は存在しない。「空港第2ビル駅」から向かう必要がある。改札を出ると、案内表示が出ているので、それに沿ってまず地上に出る。

青いラインに沿って進めば第3ターミナル、だが……

地上に出ると、第3ターミナルまでの道が「Terminal 3」という文字とともに青いラインで示されている。これに沿っていけばいい。630mならさほど時間もかからなそう、そう思っていた。

しかし、空港に来るということは旅行の荷物を持っているということ。手ぶらで歩くのと違って、100mは意外と長い。

青いラインは、連絡バスルートと徒歩ルートの2方向に分かれる。

連絡バスが来ていれば、楽勝

うまく黄色い連絡バスが来ていればラッキーだ。このバスに乗ると、動き出して約2-3分で第3ターミナルに着く。楽勝だ。

※この写真を撮ったのは別日で、たまたまバスが来ていた。

第3ターミナルまで歩くとひたすら長い

バスが来ていなかったら「待つ」という選択肢もあるが、フライト時間が迫っていて1分1秒を争う場合、確実に時間が読める「歩く(走る)」という手段を取るのが懸命だ。ただ、先が見えない道は、たかだか500mでも長く感じる。

なぜなら、もうそろそろ着くと思ったところで見た案内板には、「残念、まだ半分でした」という表示があったからだ。

ただひたすらに歩く。まだまだだ。

ようやく第3ターミナルが近づいた表示になった。残り30mなど、ものの数ではない。

第3ターミナル到着、だが……

ようやく第3ターミナルの入り口だ。ここまで歩いて10分以上かかっている(一人じゃなかったし、そもそも荷物も多かった)。

しかし、第3ターミナル構内に入っても安心できない。陸上トラックのようなカーブを抜け、手荷物検査場を探さなければならない(チェックインがまだなら、それも)。

第3ターミナル構内を奥に進むと、奥にフードコートと売店が見える。美味しそうなお店が軒を連ねるのだけど、そんな余裕はない。

陸上トラックは途中で国内線と国際線に分岐する。

国内線の手荷物検査場が見えた。

手荷物検査場に入る際、入り口でチケットをチェックされる。写真はここまで。

手荷物検査場を抜けた、が、出発ゲートも駐機場も遠い

手荷物検査場を抜ければ、あとは指定の出発ゲートに向かうだけ。しかし、下の写真、175番ゲートの下に書いてある距離表示を見てほしい。見えるだろうか「400m」と。

この日は、よりによって遠いゲートだった上、フライト時間がギリギリだったので、とにかく急いだ。

ジェットスターの機材が見えてきた。あれだ。

ようやく出発ゲートに到着した。すごく広くて、スペースに余裕がある。

近くにはジェットスターのショップがあって、飲み物やお土産、軽食も買える。

搭乗時間になり、ようやく飛行機に乗り込むのだけど、ここも徒歩移動。

なんとか出発することができた。

駐機場まで連絡バス移動も、そこからが長い

別の日に、バニラエアを使って移動する機会があった。この日も成田空港で、もちろん第3ターミナル。出発ゲートから連絡バスでの移動だったのだけど、体感で5分以上揺られていた気がする。成田空港の敷地ってこんなに広いのか。

やっと乗り込んだのだけど、ここから滑走路に移動して、離陸するまでに1時間近く待ち時間が発生していた。長い……

まとめ

空港第2ビル駅から出発ゲートまで約30分

駅からターミナルまで歩いて約15分、検査場が混んでいなければ手荷物検査で5-10分、出発ゲートまで遠いと5分程度、合計で30分ほどかかると思っておこう。

「時間を金で買う」という言い方があるけど、成田利用のLCCは安い分、移動時間と待機時間が異常に長い。時には、羽田空港や新幹線を検討したほうがいいこともあるので、航空券の安さにつられず、移動時間やそこにかかる運賃も含めて、ご検討を。(成田空港までは京成スカイライナーもそれなりの値段だし……)

ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
200ml以下の“小さい水筒”オススメ製品まとめ


バッグの中でかさばらない200ml以下の小さい水筒をまとめてみました。コーヒー専用から、キャラクターものまで個性的なボトルが揃っています。
200ml以下の「小さい水筒」オススメまとめ記事へ

本日5のつく日!PayPay残高かヤフーカードなら【5%】戻ってくる!Yahoo!ショッピング
+