Bluetooth

レトロ可愛いが、そのパワフルな音圧はホンモノ!Lofree Poison ワイヤレススピーカーをレビュー!

Kickstarter発のBluetoothスピーカー

2017年の夏ごろに、Kickstarterで出資を募っていたスピーカーがあったので、これに出資してみたんですね。

実はこのLofreeというブランドのキーボードも以前に購入したことがあったので、同じ色で揃えたいなと思ったのです。
[kanren id=”6196″]

まずは開封

海を渡って届いたPOISONスピーカー。パッケージは白ベースの直方体。キーボード同様にシンプルな外装になっています。

内箱には、POISONスピーカー以外に、所狭しと付属品が並べられています。

本体以外の付属品は、持ち運び用の袋に、持ち上げるためのレザーベルト(と固定用のパーツ)、マニュアル、MicroUSBケーブルとなっています。

外観のチェック

POISONスピーカーは全4色(ベネチアンレッド、ピュアホワイト、オリーブグリーン、ターコイズブルー)。以前に購入したタイプライター風キーボードに合わせるため、同じターコイズブルーを選択しました。
まずは正面から外観チェック。デジタル機器らしからぬ色み、極端な丸さと、飛び出たツマミやスタンドが、いい感じのレトロさを醸し出しています。見た目は可愛らしいですが、この中には10W×2基のスピーカーユニットに、省電力化の進んだBluetooth 4.2が搭載されています。

本製品はBluetooth接続が前提ですが、背面には外部入力用のAUXポートがあります。また充電はMicroUSBポートで行います。

上部から見たところ。右側のつまみで音量調節できそうですが、これはFMラジオのチューニング用。

操作ボタン系は、左側に集中しています。光の加減でちょっと見えづらいですが、左上が電源ボタン・モード切替ボタン、右上がBlutoothペアリング・再生停止ボタン、右下と左下が音量ボリュームボタンです。

同じくLofreeのタイプライター風キーボードと並べたところ。同じ色をチョイスしたので、組み合わせはバッチリです。

実際に使ってみた

POISONスピーカーには3種類の機能があります。1つ目はBluetoothワイヤレススピーカー、2つ目はAUX経由の外部スピーカー機能、3つ目はFMラジオです。

空気を震わすバス・ドライバー

まずiPhone XからBluetooth経由で音楽を鳴らしてみたところ、その音圧にビビります。全く想定していなかった音の良さ。なんだこれ。
この迫力の秘密は、背面のバス・ドライバー。音楽再生中は、裏の振動板がビリビリ震えます。指で触れるとその細かい振動がよく伝わってきます。

この音を支えるための仕組みがもう一つ。底面が4箇所のゴムスタンドで支えられています。このスタンドには少し遊びがあるため、置いた瞬間、少しクッションが働くようになっていました。これが振動を抑えていて、床やテーブルを共振させず、音が発散しないよう抑えているようです。

可愛い姿をしながら、恐ろしい実力を持ったスピーカーだ……。

FMラジオも侮れない

電源を入れると標準でBluetoothモードになりますが、モードを切替えることによって、FMラジオを受信することができます。オートスキャニング機能があるので、選局は難しくありません。ただ、88-108MHzでの対応になるため、日本の周波数帯とは若干異なります。
細かい演出なのが、レトロなラジオによくある周波数帯表示。チャンネルスキャンしているときは、ここがLEDで光るのですが、ケバケバしくなく、控えめに光るので、眺めていたくなるほど綺麗です。

まとめ

その見た目に惹かれて出資したのですが、いい意味で期待を裏切るパワフルなスピーカーでした。これはメインのワイヤレススピーカーになりそう。
日本でどこか代理店が入って売り出したら人気が出るだろうなあ……(価格が高くなりそうだけど)。

購入方法

Indiegogo経由で購入可能ですので、欲しい方は下記から。

Facebookでコメントする
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!