iPhoneもiPadもOK、曲線が不思議なUSBチャージングステーション「Quirky Converge」を試す

  • URLをコピーしました!

海外のガジェット紹介ブログか何かで見かけてから、いつか日本で発売されないかと期待していた「Quirky Converge」。なかなか発売されないようなので、Amazon.comを覗いてみたところ、どうやら日本にも送ってくれるようなので、注文してみました。

39.56ドルで、購入当時のレートで1ドル83円だったので、約3,300円といったところですね。日本で発売するときにはいくらくらいになるんでしょうか。
quirky1
パッケージは綺麗なブルー。透明素材を組み合わせて、とても爽やかです。
quirky2
「4 USB PORTS」「DOCK ALL YOUR DEVICES」とあり、使えるのはiPhone/iPadだけでないことが分かります。
quirky3
中身はこれだけ。本体、説明書、ACアダプタです。本体のグレーになっている溝は各種ケーブルを通すためのものです。
quirky4
本体の裏側には、4つのUSBポートが。上向きに接続するようです。今回の目的は冒頭の写真にあるように、iPhone/iPadの接続なので、2本の純正Dockケーブルを挿しています。ちょうどケーブルの収まる位置が凹みになっていて、余ったケーブルが散らばらずに済みます。
quirky5
iPhoneとiPadを設置してみたところ。iPadはDockにコネクタが刺さっていないようにみえますが、本体の溝に入ってしまっているだけで、ちゃんと接続されています。見た目の収まりがいいですね。ACアダプタを実際に接続した状態ですが、なんと、消費電力の大きいiPhone4S/新しいiPadともに充電ができています。ACアダプタの表記を見ると、出力が「2,000mA」となっていました。明るい場所だと見えにくいですが、AC電源に接続中は、右下が白く光ります。
quirky6
横から見たところ。新しいiPadも安定して支えられています。本体がこれだけ曲がっていると、強度が心配ですが、写真で見るほど華奢ではありません。剛性は高いです。
quirky7
こういった質の高い物づくりができるのはQuirkyならではですね。
quirky8
日本で発売の際には、ぜひ買ってみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX