Amazon 新生活SALE 3/1(金)9:00スタート

Anker Compact Wireless Keyboard/折りたたみスタンドを内蔵したコンパクトワイヤレスキーボード!

  • URLをコピーしました!
※makkyon webはAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得て、運営費に充てています。予めご了承ください

Ankerから唐突に発売されたキーボード……?

Ankerが新製品を発表する“Anker Power Conference 2023 Spring”に参加したのが4月のこと(レポート記事)。大量の新製品に圧倒されつつ、今後登場する新製品は把握できたわけです。

ところが6月末、唐突にAnkerからキーボードが発売されました。Ankerからワイヤレスキーボードが発売されるのは、何年ぶりでしょうか。私が知る限り、キーボードの新製品は8年近く登場しなかったはずです。

機能的に気になることもあったし、価格的にも1000円台でリーズナブルだったので、買って試してみることにしました。

INDEX

Anker Compact Wireless Keyboardをレビュー

こちらがAnker Compact Wireless Keyboardのパッケージ。パッケージに表記された数字は、シリーズ3に属する製品であることを示しています。

内容物は、Anker Compact Wireless Keyboard本体に、取扱説明書、単四乾電池2本となっています。

本体は薄くてフラット、片手で持てる重量感です。(気になる重量はのちほど)

キーボードを細かく見ていきましょう。

Anker Compact Wireless Keyboardの電源は、単四乾電池×2本

Anker Compact Wireless Keyboardの電源は単四乾電池2本です。内蔵バッテリーはありません。付属している乾電池をセットします。

乾電池でキーボードを動かすメリットは、電源が切れても電池を交換するだけですぐに使えること。デメリットは電池交換でコストが増えることですね。

Anker Compact Wireless Keyboardは、3台までペアリング可能

Anker Compact Wireless Keyboardは、3台までのペアリングに対応しています。「Q」「W」「E」に切り替えキーが割り当てられています。

右サイドにあるスイッチで、電源をON/OFFします。

キーボード右上にあるLEDが点滅し、ペアリングの待受状態になりました。

iPhone 14 Pro Maxとペアリングしてみました。

デバイスの切り替えは、fnキーと「1」「2」「3」を押すだけ。反応はよく、キビキビと切り替わります。

Anker Compact Wireless Keyboardの配列は、Windows用

Anker Compact Wireless Keyboardのキートップは、Windows用です。iOS/macOSのキーはプリントされていません。

ちなみに、英語配列です。日本語配列ではありません。

とはいえ説明書を見ると、Android/iOS/WindowsそれぞれのOS別ショートカットキーの記載があり、いずれのデバイスでも使えるようになっています。

他社のコンパクトキーボードを比較してみる

Anker Compact Wireless Keyboardを他社製品と比べてみます。今回用意したのはロジクールのK380(写真左)、Apple Magic Keyboard(写真右)です。いずれも同じくらいの大きさのコンパクトキーボードです。

Anker Wireless Keyboardの上に、各社のコンパクトキーボードを重ねてみました。黒い縁が見えているように、他のキーボードより微妙に大きめです。

ロジクール K380の上に載せる
Apple Magic Keyboardの上に載せる

重量を計ってみましょう。Anker Compact Wireless Keyboard(写真中央)は約430gで、3製品の中で最も重かったです。

とはいえ、Magic Keyboardの242gは別格としても、ロジクールのK380とはわずか12g差です。

底面に収納されたスマホ・タブレットスタンド

Anker Compact Wireless Keyboardの目玉機能は、底面に内蔵されたスマホ・タブレットスタンドです。底面を見てみると、左右に見慣れないパーツがあります。

左右にあるこのスタンドは、手動で引き上げます。

左右のスタンドを引き上げてみました。

さらにスタンドを立てます。

これで完成です。

iPhone 14 Pro Maxを立ててみました。

スタンド自体に幅があるので、一本足でも安定して支えてくれます。

もちろん横向きもOKです。

なお、この手のスタンド機構は珍しいものではなく、私が知っている限りでも、2014年時点で存在していました。

Anker Compact Wireless Keyboardのいいところは、スタンドを手動にして機構を簡素化し、コストダウンしていることですね。

スタンドは、iPad Pro 12.9インチも立てられる!

さて、タブレットスタンドというからには、iPadで使ってみたいところ。そこで、iPad史上最大の画面サイズを持つ、iPad Pro 12.9インチを載せてみました。なんと、ジャストサイズです。たわんだり、揺れたりすることもありません。

角度は固定されてしまいますが安定しています。ちなみに、縦置きはダメでした。重量バランスが悪く、iPad Proがキーボードを持ち上げてしまい、使えません。

また、このスタイルの難点は、キーボードの下にホームバーが隠れてしまうため、操作しづらいことでしょうか。ただし、F1キーがホームボタンを兼ねているので、ホームバーを使わずにホーム画面に戻ることはできます。

最後に、使い勝手はどうなのか?

キータッチは軽いですね。軽快にタッチできます。キータッチ音は静かめだし、キー同士が離れたアイソレーションキーで打ちやすいし、外でも使いやすいキーボードです。(実際にスタバやドトールでも使ってます)

そして、なにより、スタンド内蔵というところが嬉しいポイントです。

Anker Compact Wireless Keyboardのまとめ

高コスパなコンパクトキーボードです。スタンド込みで1,690円という価格(購入時)を考えると、十分過ぎるほどに役立ってくれるキーボードだと言えます。……同じ価格帯で選ぶなら、3COINSのキーボードよりも、断然こちらでは……?

Anker Compact Wireless Keyboard
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 内蔵スタンドは、12.9インチのiPad Proも立てられる
  • 乾電池込みでも400gちょっとの軽さ
  • 持ち運びやすいスリムな形状
  • 1000円台で買えるリーズナブルな価格設定
  • デバイス3台までペアリングできる
デメリット
  • Macユーザーは、Windows用のキートップに迷うかも
  • 耐久性は不明

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX