\ 最大10%ポイントアップ! /

iPadでもMacでもOK!ANKERのウルトラコンパクト Bluetooth ワイヤレスキーボードはコスパ高い逸品!

  • URLをコピーしました!

ANKERから、キーボードの新製品が登場したということで、さっそく買ってみた。

仕事柄タイピングすることが多いので、打ち心地のいいキーボードは常々探している。本製品はどうだろうか。
パッケージはコンパクト。

こちらが外箱。「POWER YOUR MOBILE LIFE」ですよ。プロダクトの原動力を表すいいキャッチです。

箱を開けると登場する決まり文句の「Thanks for choosing Anker!」

内容物一覧。説明書と充電用のmicroUSBケーブル。そしてキーボード本体。前世代の製品は乾電池だったけど、今回から内蔵バッテリーに変更。なんでも2時間半の充電で、半年持つそうだ。

右側面には、電源スイッチとmicroUSBポート。初回は電源スイッチをONにするとペアリングモードに移行。一度ペリングしてしまえば、あとは電源をONにするだけで繋がる。

裏面を見てみましょう。真っ平らな裏面に、滑り止めのゴム足。デスクに接地した時の安定感は抜群です。角度がつけにくいのは、人によってはちょっと難点かも。

キーボードは、キー同士が離れたアイソレーションキーボード。押し心地はペチペチした軽い感じ。高級さはないものの、軽いキータッチはたくさんタイピングする自分には好感触。2回目以降のペアリングは、FnキーとBluetoothキーを押しっぱなしにする。わかりやすい。

前世代のANKER製Bluetoothキーボードと比較。横幅はほぼ一緒。縦もほとんど変わりません。

厚みの比較。本製品はくさび形になっているので、厚みがありそうに見えるけど、実際にはそれほどの差を感じない。

コンパクトキーボードではあるけれど、据え置きのキーボードとしても遜色のない製品でした。
しばらくMacで使ってみます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX