Amazon 新生活SALE 3/1(金)9:00スタート

実質的にホワイトのプロコンでは……?ニンテンドースイッチで使える、8bitDo Ultimate Bluetoothコントローラーをレビュー

  • URLをコピーしました!
※makkyon webはAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得て、運営費に充てています。予めご了承ください

スイッチのプロコン、不満な点が2つ……

ニンテンドースイッチの『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』は、プロコンで楽しんでいます。プロコンは持ちやすく使いやすく気に入っていますが、2つだけ不満があります。1つはホワイトのカラーバリエーションがないこと、もう1つは充電用のクレードル・スタンドが無いことです(充電にいちいちケーブルが必要&定位置がない)。

不満とは言いつつ、そこまでクリティカルな話ではないので、なんとなくプロコンを使い続けていましたが、ある製品が気になってコントローラーを買い足すことにしました。

INDEX

8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerをレビュー

今回Amazonで見かけて気になって購入したのが、8BitDo Ultimate Bluetooth Controller。Bluetoothで接続するワイヤレスコントローラーで、こちらがそのパッケージです。シックなパッケージデザインです。

8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerのカラーバリエーションは、ブラックとホワイトがあります。今回はもちろんホワイトをレビューします。

安心してください、技適通ってますよ

海外製のワイヤレスコントローラーを使う際に気をつけたいのが、電波法です。総務省の定める技術基準適合認証(いわゆる技適)を通していないと、電波法違反となってしまいます。

しかし、8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerは技適を通っていました。パッケージにシールが貼ってありました。

一応、調べてみましたが、8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerの名称で取得されていました。下記の結果ページから確認できます。これで安心して使うことができます。

さて、いよいよコントローラーを見ていきましょう。

8BitDo Ultimate Bluetooth Controller、ほぼプロコンでは?

ボックスを開けてみると、真っ白なプロコンに似たコントローラーが現れました。これが8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerです。

内容物は、コントローラー本体に、専用充電スタンド、USBケーブル、取扱説明書です。

取扱説明書は多言語対応で、もちろん日本語にも対応します(写真左)。ひらがなで「にほんご」と表記してあるあたりに趣を感じますね、ちょっと可愛い(写真右)。

8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerを持った感じは、ほぼプロコンですね。

グリップ部分はプロコンと異なり、細かなドット加工が施されています。滑りにくくて、汗ばんだときでも安心……かな。

上面にはUSB-Cポートや、LRボタンがあります。これもプロコンと同じ構成です。

下面にはプレイヤー表示灯のLEDが並びます。

背面には、8BitDo Ultimate Bluetooth Controller独自の要素として、Bluetoothと2.4GHzのモードスイッチや、P1・P2ボタン、充電端子が配置されていました。

とまあ、ここまで見てきたので、せっかくだからプロコンとも比較してみましょう。

ニンテンドースイッチのプロコンと比較してみる

ニンテンドースイッチの純正プロコン(写真左)と並べてみました。半透明な素材のプロコンと、マットな色合いの8BitDo Ultimate Bluetooth Controller、素材感の違いこそあれ、プロコンのカラーバリエーションだよと言っても通用しそうなくらい、デザインは同じです。

LRボタンのデザインや大きさは意外と違っています。

実際に使ってみましたが、使ってる最中はプロコンと変わらない使い勝手でした。「+」「−」「HOME」キーの配置が若干異なるのですが、使っているうちに8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerの配置の方が理に叶っているなと感じました。

コントローラーの“定位置を作る”専用充電スタンド

専用充電スタンドのデザインははシンプル。正面に8BitDoのロゴがあるくらいで、ほぼ真っ白です。

背面には充電用のUSB-Cポートがあります。

8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerを充電クレードルに設置するとオモテ面が揃って、シームレスに見えます。

背面の曲線も滑らかで、美しいデザインに仕上がっています。

専用充電スタンドで充電している間は底面が光るようです。こういった演出も気が利いています。スタンドから取り外すとき、取り付けるときに引っかかることもなくスムーズに使えるのも、ストレスがなくていいですね。

なお、内蔵バッテリーはカタログ値で22時間稼働と、プロコンの40時間からは落ちるようです、が充電スタンドを併用するなら大した問題ではないでしょう。

専用のUSBレシーバーは、スタンド底部に収納可能

専用充電スタンドの底面には滑り止めがあります。ここは開くようになっています。

中に入っているのは、2.4GHz帯で接続できるUSBレシーバーです。8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerは、Bluetooth・USBレシーバー・有線の3種類の接続方法があるのです。

USBレシーバーは、指先サイズのレシーバーです。

8BitDoのUSBレシーバーは以前にも導入したことがあるんですが、マリオのレンガモチーフなんですよね。白だとちょっと分かりにくいですが……。ダウンサイズしたようです。

以前レビューしたときは、PS4のデュアルショックコントローラーをスイッチに接続しました。

このUSBレシーバーは、ニンテンドースイッチのドックに挿します。

スイッチの設定で、プロコンの有線接続をONにしておきましょう。スイッチからはUSB接続の有線コントローラーとして認識されます。

ふだんはプロコンでプレイしている、『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』を、8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerでプレイしてみました。コントローラーが馴染みすぎて、いつのまにか3時間ばかり溶けてしまいました。うん、これはほぼプロコンです。

8BitDo Ultimate Bluetooth Controllerのまとめ

今回レビューしてないんですが、Bluetoothコントローラーとしても使えるので、WindowsやiPhone、iPad、Androidでも使えます。カスタマイズソフトウェアもあるので、スイッチ以外で使うなら組み合わせたいところです。こんなにプロコン同様に使えるなら、もっと早く見つけて買うんだった。オススメ。

8BitDo Ultimate Bluetooth Controller
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 専用充電スタンドで常に充電しつつ、定位置を確保
  • 22時間のバッテリーもち
  • プロコンと同様の使い勝手
  • 2.4GHzのUSBレシーバーで安定性確保
  • 任天堂純正にはない真っ白なカラー
  • 有線はBluetoothでも使える
  • WindowsやiOSでも使え、カスタマイズも可能
  • Steam Deckでも使える
デメリット
  • プロコンと配置の違うボタンがあるので、最初は戸惑う
  • バッテリー持ちはプロコンより短い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX