CREATIVE

Creative Pebble V3/iPhoneでもMacでも、USBでもBluetoothでも!あらゆる接続が可能なデスクトップスピーカー!

デスクトップのオーディオ環境を考える

ふだん、MacBook Airと外付けディスプレイを組み合わせて作業しています。USB-Cディスプレイなので音声出力もUSB-Cケーブル1本なんですが、ディスプレイに付いているスピーカーって貧弱なんですよね。

PC/Mac向けのデスクトップスピーカーってさまざまな製品が出ていますが、どれもこれも決め手に欠けるので、優先度としては低めでした。しかし、デザインよし・機能性よし・コスパ高し、と良さげなスピーカーがあったので、購入してみました。

Creative Pebble V3をレビュー

今回購入したのは、CREATIVEのデスクトップスピーカー Pebble V3です。パッケージは直方体で、そこそこ大きめでした。

Pebble V3にはホワイトとブラックの2モデルがあります。

こちらが、Creative Pebble V3スピーカーの内容物です。Pebble V3は左右のサテライトスピーカーで1セット、ほかにUSB変換コネクタと、マニュアル一式が付属しています。

PCとの接続や、電源を取る際のコネクタはUSB-Cになっています。

付属のUSB変換コネクタを使えば、USB-Aにも対応できます。

Pebble V3スピーカーの大きさは、球形をしています。持った感じは軽いんですが、男性の片手に余る大きさです。何かの形状に似ているなと感じたんですが、あれです、「梨」です。豊水とか幸水とか大ぶりな梨。あの大きさにそっくりです。

上の写真は左側のサテライトスピーカー、下の写真は右側のサテライトスピーカーです。電源スイッチを兼ねたボリュームノブや、LEDインジケーターなどの操作系が集中しています。

ところで、Pebbleという製品名は「小石・角のない玉石」を意味しますが、この名前をもつ製品は他にも複数存在します。当サイトでもこんなPebbleをレビューしています。

海をわたってスマートウォッチ「Pebble」が到着!出資から開封までをレポート!世界中の話題に上がってから約10ヶ月。 Kickstarterが日本でも有名になったのはこの製品のおかげかもしれない。 スマートウォ...
ロジクール Pebble M350 レビュー/薄型で超軽量、Bluetooth&USBワイヤレス両対応のマウス登場小さくて軽いマウスはiPadに合う? この秋からiPadでもマウスが使えるということで、どんなマウスが使いやすいのか想いを馳せるんです...

いろんなPebbleがあるものですね……。

さて、製品のレビューに戻りましょう。Pebble V3の左右のサテライトスピーカーの背面は、白い円板が取り付けられています。これ、パッシブラジエーターです。低音の量感を増すため、背面に設置されています。

小型のスピーカーにパッシブラジエーターが付いていると、低音の量感が期待できます。実は以前にもBluetoothワイヤレススピーカーでパッシブラジエーター付きのものをレビューしましたが、低音が響き迫力ある音を鳴らしていました。Pebble V3も期待大です。

レトロ可愛いが、そのパワフルな音圧はホンモノ!Lofree Poison ワイヤレススピーカーをレビュー!Kickstarter発のBluetoothスピーカー 2017年の夏ごろに、Kickstarterで出資を募っていたスピーカーがあっ...

左右のサテライトスピーカーは、デスクに座る人に合わせて45度の角度が付けられています。一方、パッシブラジエーターは垂直に設置されています。設置場所の背面が壁になっていれば、反射してより豊かな低音が出せそうです。

底面には、滑り止めとしてリング状のゴムが貼ってあります。

右のサテライトスピーカーには、ゲインスイッチがあります。USBで10Wの電力供給が可能であれば、高ゲインモードが使えます。高ゲインモードで動作しているときは正面のLEDが青に点灯します。高ゲインモードが有効だと、ピーク出力16Wのパワフルなサウンドで再生できます。

左右のサテライトスピーカーを繋ぐケーブルは直付けです。交換はできません。右のスピーカーには、外部機器接続用にAUXポートもあります。

ケーブルは長めに用意されています。左右を繋ぐケーブルは約1.35m、デバイスに繋ぐためのUSB-Cケーブルは約1.2mあります。デスク周りで使うには十分な長さがあります。私はちょっと持て余していますが、短いよりもいいです。

Pebble V3スピーカーは、本体も各パーツもシンプルな形状の組み合わせなので、佇まいが美しいです。

ホワイトというカラーが採用されたことで、美しさがより引き立つように感じます。

Pebble V3は、USB/AUX/Bluetoothの3種類の接続が可能

Pebble V3スピーカーには3種類の接続方法があります。オーソドックスに使うなら、PC/MacのUSBポートに直接接続するUSBオーディオ方式です。

MacBook AirのUSB-Cポートに直接接続しました。電力はUSBポートから供給されるので、ACアダプターは不要です。

MacBook AirのUSB-Cポートは10Wの電力を供給してくれるようで、LEDがブルーに点灯し、高ゲインモードが有効になっていることが分かります。

Apple Musicの音源を聴いてみると、クリアな解像度で素直な音が鳴り、迫力のある低音が響きます。とても聴きやすい音です。いいスピーカーの音は、聴き慣れた音楽でも、楽しく聴けますね。音質としてはちょっと軽めな感じはありますが、この価格のスピーカーとしては十分すぎる高音質です。

さて、USBオーディオで接続できるのはPC/Macだけではありません。iPad ProなどUSB-Cポートを備えたiPadでも使用できます。1つしかないポートが埋まってしまうので、充電しながらは使えませんが、iPadはバッテリー容量も大きいので、十分に充電してあれば、すぐに困ることはないでしょう。

上のiPad Proはカバースタンドを使っていますが、縦画面で使いたい場合はMOFTのSnap-Onスタンドがオススメです。

MOFT Snap-On タブレットスタンド レビュー/iPadでMagSafeっぽく使える!マグネットで付け外し可能なスタンド!iPadにもMagSafeを搭載してほしい…… iPhone 12シリーズから搭載された「MagSafe」、磁力で吸着するケースからス...

わが家でiPad Proを差し置いて、ファミリータブレットとして大活躍中のLenovo Yoga Tab 13でも使用できました。NetflixやTVerで使うことが多く、動画用タブレットと化しているので、映画を観ていると迫力ある音が出て、相性は抜群です。

最近Androidタブレットは元気がありませんでしたが、Yoga Tabはいいですね。iPadの対抗製品として十分なスペックを備えています。13インチはモバイルディスプレイ代わりにもなりますしね。

Lenovo Yoga Tab 13 レビュー/モバイルディスプレイになる大画面タブレット!ファミリー向けのエンタテインメントマシンに最適! Yoga Tabが復活した! Androidタブレットがまだまだ元気だった2010年代、LenovoのタブレットブランドYoga...

USBオーディオで接続できるなら、ゲーム機でも使えそうです。そう、ニンテンドースイッチですね。これも使えました。ただ、USB-Cポートが下にあるのでいまいち使い勝手が悪いです。

そこで、タブレット用のスタンドを使ってみました。これならPebble V3でサウンドを鳴らしながら使えます。

Klearlookのスタンドを使用しています。

klearlook タブレット スタンド レビュー/3台ものスマホ・タブレットが設置できる高身長スタンド!タブレットスタンドに、高さをプラスする? 以前購入したタブレットスタンドが便利で、メインのディスプレイの横でiPad Proやモバイル...

ここまでくると、iPhoneもUSBオーディオで鳴らしたくなります。ddHiFiのTC28iという、オーディオ用のLightning OTGアダプターを経由して接続してみました。

しかし、残念なことに電力不足のアラートが出てしまい、使えませんでした。イヤホンならともかく、デスクトップスピーカーは無理がありました。

ddHiFi TC28iのレビュー記事はこちらから。イヤホンやUSB DACでは使えています。

ddHiFi TC28i レビュー/iPhoneでUSB-Cが使えるLightning OTGアダプタ!世界最小じゃない??iPhoneでUSB-C周辺機器を扱う手段はある……! 先日購入したiBassoのUSB DAC「DC04」、小型でありながら4.4m...

次は、Bluetoothでの接続を試してみます。USBケーブルでPC/Macと接続していると、USBオーディオが優先されるため、USBケーブルを充電器に接続します。(USB充電器は付属していないので、別途用意します)

上の写真で使用しているのは、BelkinのUSB-C充電器です。iPhone等での充電に便利なUSB PD 20W出力に対応していますが、それ以上に壁付けが可能なスリムな形状が気に入っています。もちろんPebble V3でも使えています。

Belkin BOOST↑CHARGE PRO GaN Wall Charger レビュー/USB PD 20W出力可能な超小型充電器!ACアダプターは壁づけで作って欲しい…… 壁面のコンセントにACアダプターを挿すと、出っ張りが気になることありませんか? 私が以...

Pebble V3にはバッテリーは搭載されていません。Bluetoothで接続できるといっても、ポータブルスピーカーにはなりませんのでご注意ください。

USB充電器に接続するとPebble V3がペアリング待ちになるので、iPhoneとペアリングしてみます。同じ音楽を聴いてみたところ、Bluetoothだとちょっと音質が落ちています。(これは当然ですね)

MagSafe対応スタンドなら、この状態で充電しながら使えるので、プレイリストやアルバムを選ぶのも楽です。

Anker PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand レビュー/デスクに置きたいMagSafe対応充電スタンド!デスクに置けるMagSafeスタンドが欲しい iPhone 12シリーズから採用された磁力フィット機構の「MagSafe」。強力な磁力...

せっかくiPhoneで聴くなら、もっといい音の方がいいなと考えて、AUX入力で鳴らしてみることにしました。

USBオーディオに比べると、少しクリアさが落ちますが、Bluetoothよりも全然良い音で鳴りますね。

ここで使っているのは、ddHiFiのTC35iという変換アダプター。

ddHiFi TC35i レビュー/ステンレス鋼の贅沢仕様!超コンパクトなLightning - 3.5mmイヤホンアダプター!純正のLightningアダプターってヤワじゃない……? iPhoneユーザーが有線イヤホンを使うなら、Apple純正の「Lightn...

Apple純正の変換アダプターでもそこそこ良い音が鳴りました。

断線に要注意の細さ……Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタをレビュー!イヤホン端子が廃止されたことで話題のiPhone 7 / 7 Plus。既存のイヤホンを使うためのLightning - 3.5 mmヘ...

値段の割に音がいいのは、さすがApple純正ということでしょうか。

接続状態に合わせて、自動でモードを切り替えてくれる親切設計

ここまで、USBオーディオ、Bluetooth、AUXと入力方式を変えながら使ってみましたが、感心したのは接続状態に合わせて、モードを自動で切り替えてくれることです。

  • USBポートに接続すれば、USBオーディオで動作
  • USB充電器に接続すれば、Bluetoothが起動
  • USB充電器に接続してステレオケーブルを挿せば、AUXで待ち受け

このように接続状態に合わせてモードが切り替わるので、ユーザー側が迷うことはほとんどないはずです。目立たない機能ではあるものの、こうしたユーザーフレンドリーな作りができるのは、CREATIVEという企業が長らくPCオーディオの分野でトップランナーである証左でしょう。

まとめ

価格としては5,000円前後ながら、解像感のある美しい音に、パッシブラジエーター付きで迫力ある低音を響かせる上、USB/Bluetooth/AUXの接続に対応するという、デザインよし・機能性よし・コスパ高し、と満足度の高いスピーカーでした。

デスク上のスペースに余裕があれば、ぜひ1セット置いておいてもらいたい製品です。オススメです!

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
Creative Pebble V3
評価
51star1star1star1star1star
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ

本日5のつく日!PayPay残高かヤフーカードなら【5%】戻ってくる!Yahoo!ショッピング
+