\ 楽天ポイント最大42倍 お買い物マラソン! /

ddHiFi TC28i レビュー/iPhoneでUSB-Cが使えるLightning OTGアダプタ!世界最小じゃない??

  • URLをコピーしました!

iPhoneでUSB-C周辺機器を扱う手段はある……!

先日購入したiBassoのUSB DAC「DC04」、小型でありながら4.4mmプラグを扱えたり、迫力ある高音質で鳴らしてくれたりと、わが家で大活躍中なんです。

そうなると、iPhoneでも使いたくなるんですよね。USB-Cの機器をどうやって?と思われるかもしれませんが、次の写真のような構成になります。

この写真は、こういう順番で接続されています。
iPhone → Apple「Lightning – USBカメラアダプタ」→「USB-C to USB-A変換アダプタ」→iBasso「DC04」です。どこかで音質劣化してない?と思うようなややこしさです。

\楽天ポイント最大42倍 お買い物マラソン!/
楽天市場
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピング

USB OTGに対応したLightningケーブルと、USB-Cメスに対応した変換コネクタの両方が必要なのが事態をややこしくさせるんですよね。これを解決するには……

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

ddHiFi TC28iをレビュー

今回紹介するddHiFi TC28iは日本で販売されていません(2021年7月現在)。HiFiGOなら日本まで発送してくれるので、購入を検討されている方にはオススメです。

さて、こちらがddHiFi TC28iのパッケージ。クラフト地にゴールドのエンボスロゴが光っています。

以前にレビューしたTC35iと同じパッケージですね。

パッケージは共通で、隅に貼ってあるシールで区別しているようです。今回の製品はLightning to USB Type-C OTG Adapterです。

パッケージ背面にも記載がありますが、OTGに対応したLightningコネクタと、USB-Cのメスの構成になっています。

内容物は、保証書とTC28iのみ。

TC28iを詳しく見ていきましょう。

TC28iは世界最小クラスの極小OTGアダプター

こちらがTC28i本体です。Lightningコネクターを見てもらえれば、この小ささがわかってもらえるのではないでしょうか。

Lightningコネクターの反対側にはゴールドのプレートが貼られており、これがまた高級感を醸し出すんです。

それでは、 USB-Cポートはどこあるんだ?と思われるかもしれません。USB-Cポートは、Lightningコネクタに対して90度の位置にあります。

TC28iの重量はわずかに4.6gしかありません。小さくて軽すぎる。ちゃんと保管しておかないと無くしそうです。

小さくて軽いといえば、TC35iもかなりのものです。

※TC35iは、Lightningポートを3.5mmジャックに変換するアダプターです。

Lightningコネクタには段差が設けられているので、ちょっと厚めのiPhoneケースでも問題なく挿入できるでしょう。(Apple純正のシリコーンケースは問題ありませんでした)

LightningコネクタもUSB-Cコネクタも、向きを気にせず挿せるので、右向きでも左向きでもケーブルを出すことができます。

iPadが着々とUSB-Cに統一されてきているので、iPhoneも早くUSB-Cに統一されるといいんですけどね。

iPhoneでiBasso DC04を使う

冒頭で紹介したiBasso DC04ですが、これをiPhoneに繋ごうとすると、途中に2つもアダプターを挟むハメになりました。

ところが、TC28iならこれだけで済み、さらにケーブルレスのため、コンパクトで断線を気にせず見た目にもスッキリします。

USB-C機器はiPhoneに対して横向きに挿さることになります。コネクタ周りが弱そうなケーブルは断線が怖いですね。

さて、iPhoneでiBasso DC04が使えました。汎用的なUSB-Cなので、他の機器でも使えないかテストしてみましょう。

iPhoneでaptX LowLatencyを使う

まず試してみたのは、EPOSの完全ワイヤレスイヤホンGTW270 Hybridです。完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しい、USB-Cドングルが付属しています。

このUSB-CドングルはBluetoothトランスミッターになっていて、GTW270イヤホンとaptX LowLatencyで接続されます。

ペアリングも問題なく、(iPhoneとペアリングしていない)GTW270から音楽が流れました。ただし、音量の調節が効かず、爆音で固定されています。実用に耐えません。これはUSB-Cを搭載したiPad Proでも発生しました。iOS系では使えないようです。

EPOS GTW270 Hybridのレビューは下記から。

次に試したのは、CREATIVEのBT-W3です。USBドングル型のBluetoothトランスミッターとしては定番の製品です。スペース的にも問題なく接続できています。

BT-W3を、aptX LLに対応したagのワイヤレスヘッドホン「WHP01K」とペアリングします。

こちらはEPOS GTW270と異なり、音量調整も可能な形で音楽が聴こえてきました。BT-W3のLEDはaptX LLでの接続を示す白色に点灯していました。

USB-Cのストレージ系はダメっぽい

ここまではオーディオ系のデバイスで接続してみましたが、ストレージ系はどうでしょうか?Ankerの2-in-1 SDカードリーダーを挿してみました。

すると、Cannot Use Accessoryのダイアログが表示され、電力不足で使えないと言われました。

SDカードリーダーでさえこの状態なので、SSDやHDDは無理でしょう。OTG対応とはいえ、あくまでオーディオ系の変換アダプターだと思っておいた方がよさそうです。

まとめ

ddHiFi TC28i、有能ですね。コンパクト・軽量でありながら、高級感があり、USB-C機器をiPhoneで使えるようにしてくれる稀有な存在です。iPhoneでUSB-C機器が使えると、圧倒的に選択肢が広がるなと思いました。

問題は入手方法ですね。Amazonとかで販売してくれるとオススメしやすいんですが、とりあえず現時点ではHiFiGOをご利用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる