\ 最大10%ポイント追加! /

MOFT Snap-On タブレットスタンド レビュー/iPadでMagSafeっぽく使える!マグネットで付け外し可能なスタンド!

  • URLをコピーしました!
Google Workspace
Google Workspace

iPadにもMagSafeを搭載してほしい……

iPhone 12シリーズから搭載された「MagSafe」、磁力で吸着するケースからスタンド、モバイルバッテリーまで、多様な利用方法があり、今やMagSafeが欠かせません。

MagSafeの最大の利点は、マグネットで付け外しがしやすいこと。強固に張り付くのに、力を入れなくても軽く外せる、このバランス感が使いやすく、素晴らしいのです。

こうなると、iPadでもMagSafeを採用してほしくなりますが……

Google Workspace
INDEX

マグネットを使ったMOFT Snap-On タブレットスタンド

タブレット向けのスタンドにMOFT Xという製品があります。用途に応じて角度が変えられる多段階のスタンドで、ため、利便性が高いのですが、両面テープを使うため、付け外しがしづらいという弱点があります。

iPhone12シリーズ向けにMagSafeが登場したことで、MOFTスタンドがこれに対応しました。MagSafeを使うことで、気軽に付け外しできるようになったのです。これで利便性が一気にアップ。気軽に使えるようになりました。

今回紹介する「MOFT Snap-On タブレット」はMagSafe対応製品同様に、マグネットを使ったタブレットスタンドということです。どのような製品なのか、見ていきましょう。

※本レビューにあたって、製品サンプルをご提供いただきました。

MOFT Snap-On タブレットスタンドをレビュー

こちらがMOFT Snap-On タブレットスタンドのパッケージです。ビニール袋に入った簡易なものですが、スタンド自体がソフトな素材なので、これで十分でしょう。

パッケージの反対側は透明になっていて、MOFT Snap-On タブレットスタンドのカラーがわかります。

内容物としては、説明書とMOFT Snap-On タブレットスタンド、MOFT特製タブレット用マグシールとなっています。

パッケージにも記載がありますが、MOFT Snap-On タブレットスタンドは、9.7〜13インチまでのタブレットと互換性があります。つまりiPadは、iPad mini以外すべてに対応しています。

MOFT特製タブレット用マグシールを貼り付ける

さて、MOFT Snap-On タブレットスタンドのキーアイテムになるのが、この特製マグシールです。

このマグシール、薄さ0.5mmほどのペラペラなシートで、オモテ面がマグネット、ウラ面が粘着シールになっています。これをタブレットのウラ面に貼ることでマグネット対応になるわけです。

マグシールを貼り付ける前に、位置合わせが必要です。MOFT Snap-On タブレットスタンドを用意しましょう。

ちなみに、MOFT Snap-On タブレットスタンドは素材がヴィーガンレザーになり、質感が上がっています。手触りもよいです。

このMOFT Snap-On タブレットスタンドは、よく見ると4箇所に曲線が刻まれています。この四隅にマグシールを合わせて吸着させます。

剥離紙が上になるように貼ってください。マグネットで吸着するので、ズレても微調整できます。

iPadとスタンドの下端を合わせて、貼る位置を確認します。その後、剥離紙を剥がして貼り付けましょう。

スタンドを取り外せば、マグシールが貼りついて残っています。

ちなみにこのマグシール、綺麗に剥がすことがは可能なんですが、貼り直していくうちに粘着力が落ちてしまうため、何度も貼り直すのはやめましょう。

ポートレートモードで3種類の角度が使える

さて、マグシートの取り付けが終わったので、MOFTの使い方を見てみましょう。これまでのMOFTスタンドと同様に、折り曲げてスタンドにするだけです。

iPad Pro 12.9インチの巨大な画面をポートレートモード(縦画面)で立ててみます。iPad Proの巨大な画面も余裕で支えています。これが最も角度が大きい60度。iPadでFaceTimeを使うときはこの角度が便利です。

次に40度。デスクに置いて使うのに便利です。

上下を逆にすると、角度が変わり25度の低さに変わります。スクリーンキーボードを使いたい場合にも便利です。

次はランドスケープモード(横画面)で見てみましょう。

ランドスケープモードでも3種類の角度が使える

ムービーや電子書籍の閲覧に便利なのが、ランドスケープモード(横画面)です。

まずは、最も角度がある60度。ムービーを見る際に便利です。

次に、40度。デスクに置いて電子書籍を読む際に便利です。

最後に30度。この角度も電子書籍が読みやすいです。

30度のときは、MOFT Snap-On タブレットスタンド自体を折り曲げておきます。ちなみにランドスケープモードは、支点が片側に寄っているため、スクリーンキーボードは使いにくいです。

ここまで見てきて分かるように、基本的な使い勝手はMOFT Xと変わりません。大きく変わるのは「手軽に付け外しができる」こと。

これはまさに、iPad版MagSafeと言えるのではないでしょうか(充電はできませんけど)。

マグシールが薄いから、ケースも併用できる

さて、マグシールのおかげでMOFT Snap-On タブレットスタンドの付け外しが簡単に行えました。しかし、Smart FolioやMagic Keyboardなどの周辺機器が使えないと、iPadのポータビリティが活かせません。

しかし、そこは0.5mmしかないマグシール、薄すぎて、何も考えずにケースが併用できます。

もちろん、そのままスタンドにして使うこともできます。

写真のカバー兼スタンドはApple純正ではなく他社製です。

0.5mmとはいえ、厚みがあるから浮くのでは?と思われるかもしれませんが、見た目にはほぼ分からないですし、使っていても意識しません。

また、このマグシールがコネクターを塞ぐようなこともないので、Magic KeyboardやSmart Keyboard Folioも問題なく接続できます。

とりあえずマグシールさえ貼っておけば、ふだんはケースで保護しつつ、立てたい時にMOFT Snap-On タブレットスタンドを使う、という機動的な使い方ができます。とりあえず貼っておきたい。

Fire HD 10 Plusで使ってみる

MOFT Snap-On タブレットスタンドは9.7インチ以上のタブレットに互換性があります。ということで、iPad以外のタブレットでも試してみましょう。

まずは、AmazonのタブレットFire HD 10 Plusです。Fire HD 10 Plusは、10.1インチサイズのタブレットです。iPadと同様に貼り付けます。

貼り付け位置は、中央からやや下寄りになりました。

もちろん、iPad同様に全ての向き・角度での使用が可能です。

今回のFire HD 10 Plusからキーボード一体型ケースが登場しましたが、マグシールを貼ったまま、ケースに収納することができました。

最近のFireシリーズはShowモードをONにすることで、スマートスピーカーとしてEcho Showのように使えます。
MOFT Snap-On タブレットスタンドを使って、簡易スマートスピーカーとして運用するのもアリですね。

Lenovo IdeaPad Duetで使ってみる

さて、iPad、Fireタブレットときたら、あれも試してみましょう。タブレットになるChromebookとして大人気のLenovo IdeaPad Duetです。

こちらもFire HD 10 Plus同様に10.1インチなので、MOFT Snap-On タブレットスタンドの互換性の範囲内です。

貼り付け時のサイズも問題ありません。

この通り、使えています。ただ……ちょっとした問題を発見してしまいました。

それは、ポートレートモード(縦画面)で使った際、ボタンやスイッチ類が底にきてしまうこと。

かといって、上下逆に取り付けるには、カメラが邪魔になってしまうので、それも無理。

あまりよくない配置ですが、とりあえず使っていて誤動作するようなことはありませんでした。IdeaPad Duetは横位置で使うことになるかなあ……。

まとめ

MOFT Snap-On タブレットスタンドの使い勝手は、まさにMagSafeそのものです。
MOFT製品のアイデアにはいつも驚かされますが、本製品もその期待を裏切らない製品に仕上がっていました。タブレット向けにスタンドを導入したい方にはオススメの製品です!

MOFT Snap-On タブレットスタンドのほかにもMOFT製品をレビューしています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる