\ 最大10%ポイント追加! /

Anker PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand レビュー/デスクに置きたいMagSafe対応充電スタンド!

  • URLをコピーしました!

デスクに置けるMagSafeスタンドが欲しい

iPhone 12シリーズから採用された磁力フィット機構の「MagSafe」。強力な磁力なのに付け外しは容易、というAppleらしい使い勝手のいい仕様になっています。
Appleの発表会でも披露されたBelkinのMagSafe対応スタンドをベッドサイドで使用していて、満足しています。

Belkinのスタンドに満足しているので、デスクでも使いたいと考えていますが、MagSafe対応製品はまだ少ない状態。MOFT Snap-On Phone Stand & Walletもありますが、デスクで常用するには簡易的すぎます。

HyperSatechiといったメーカーが同種のスタンドを発売するようですが、記事執筆時点で日本にはまだ来ていません。先に発売開始されたものを買おうと考えていたところ……

INDEX

MagSafeに対応したAnker製の「2-in-1」スタンド

今回購入したのは、Anker製の2-in-1 スタンド「PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand」です。

※本記事で紹介している「PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand」は現在販売されていないため、新型の「PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand Lite」のリンクを表示しています。

仕様の違いこそあれ、Belkinの3-in-1スタンドと比べて価格は3分の1以下。買わない理由はありません。購入した翌日には到着しました。さっそくレビューしていきましょう。

PowerWave Magnetic 2-in-1 Standをレビュー

Anker製品でおなじみ、ホワイトとブルーのパッケージです。MagSafe対応スタンドのパッケージは大きくなりがちですが、本製品もその例にもれません。

内容物は、PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand本体に、USB-Cケーブル、マニュアルとなっています。

MagSafeに対応しているのは、上部の円形のパッドです。もちろんワイヤレス充電も可能です。

なお、iPhoneへのワイヤレス充電は7.5Wまたは5Wになります。15WのMagSafe急速充電には対応しません。

PowerWave Magnetic 2-in-1 StandにはUSB充電器が必要

PowerWave Magnetic 2-in-1 StandはMagSafeスタンドの中ではリーズナブルな価格帯にありますが、そのぶんUSB-ACアダプターが付属しません。

さらに、ワイヤレス充電をフルスピードで行うには18W以上のUSB-ACアダプターが必要です。iPhone 12シリーズからはACアダプターが付属しなくなったので、新しく買い直す方もいらっしゃるのではないでしょうか。
オススメは、最大20W出力が可能なAnker PowerPort III Nano 20Wです。超コンパクトで、Lightningケーブルによる充電でも使えます。

Anker PowerPort III Nano 20Wのレビューはこちら。

私はデスク上で使っているので、この電源タップのUSB-Cポートに挿しています。

MagSafe充電パッドの角度は上から下まで自由自在

さて、それではiPhone 12 Pro Maxを吸着させてみます。200gを超える重量級iPhoneであるPro Maxでも余裕でガッチリと固定されています。

※MagSafe対応のiPhoneケースを使用しています。MagSafe非対応のケースでは脱落・落下のリスクがあるので、仮に吸着できていても安心しないでください。

そのまま横に向けることもできます。デスク上に置いて、NetflixやYouTubeの映像を流すのにも向いています。

そして、この充電パッド部分は上下に可動するようになっています。Belkinの3-in-1スタンドではこの動きができず、固定されたままだったのでやや不便でした。

最も上に向けた状態だとこの角度。椅子に座って見るにはちょうどいい角度です。

最も下に倒した場合、やや下を向くような角度まで曲がります。この角度で運用するシチュエーションは考えつきませんが、iPhoneを気にせず集中したい時には下げておくと良いのかもしれません。

角度調整はやや固いので、iPhoneを外してから曲げるか、iPhoneとスタンドを持ったまま曲げるとスムーズです。

汎用性の高いワイヤレス充電パッド

なお、PowerWave Magnetic 2-in-1 Standのベース部分にもワイヤレス充電パッドがあります。Ankerロゴの白いパッドは滑りにくい素材でできています。

想定されているのは、AirPodsのワイヤレス充電です。

ただ、この充電パッドは汎用的なQiワイヤレス充電パッドです。ワイヤレス充電に対応したiPhone(iPhone 8/iPhone X以降)なら充電できます。ただし、5Wなので、充電速度はゆっくりです。

iPhone 12 Pro MaxとAirPods Proの組み合わせです。iPhoneの背面はスペースがあるので、高さのある完全ワイヤレスイヤホンでも充電できるでしょう。

iPhone 12 Pro Max(写真上)と、iPhone 8(写真下)の組み合わせです。私用のiPhoneと業務用のiPhoneなど、1台のスタンドで同時に充電することができます。

複数機器のワイヤレス充電が可能なスタンドは大量に出回っていますが、MagSafeは磁力で固定できる点がアドバンテージです。これに慣れてしまうと従来のワイヤレス充電器には戻れません。

Belkinの3-in-1スタンドと比較してみると……?

MagSafeスタンドといえば、Appleの発表会でお披露目されたBelkinの3-in-1スタンド(写真左)が先行されて発売されていました。

この記事を書いている現時点では、MagSafeスタンドがほとんど出ていないので、あえて2製品を比較してみると、PowerWave Magnetic 2-in-1 Standのメリット・デメリットは下記になります。

メリット
デメリット
  • 圧倒的に安い(価格は3分の1以下)
  • 設置面積がコンパクト
  • スタンドの角度が調整できる
  • 充電できるのが2台まで(2-in-1なので当然です)
  • ワイヤレス充電が7.5Wまで(Belkin 3-in-1は最大15W)
  • ACアダプターは別売

デメリットが許容できるなら、間違いなく買いです。

まとめ

コンパクトに設置される2-in-1タイプのMagSafeスタンドとして、満足のいく製品です。

今後、15W急速充電に対応したモデルや、Apple Watchの充電に対応したモデルなど出てくるのでしょうが、製品の出揃っていない現時点では2-in-1タイプのMagSafeスタンドの最適解と言えます。オススメします!

MagSafe対応の周辺機器をまとめています。中でもエレコムのMagSafeステッカーは汎用性が高く、オススメです。

※本記事で紹介している「PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand」は現在販売されていないため、新型の「PowerWave Magnetic 2-in-1 Stand Lite」のリンクを表示しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる