IoT

Meross スマート電源タップ MSS425FJP レビュー/アプリでコンセントを管理?USBが4ポート付いた電源タップ!

これからの電源タップにはUSBポートも必要?

一家に一台はある電源タップ。コンセントの口を増やしてくれて便利ですが、USB充電できる機器が増えた今、直接USBポートも備えていて欲しいところ。昔からそういった電源タップはありましたが、比較的マイナーな存在でした。

合計最大3.4A出力のUSBポートが付いたOAタップ 「UniTAP PPS-UTAP6WH」は優れものだが……新しいMacBook(2015)が電源を含めたあらゆるポートをUSB-Cにまとめたことで、電源やモニタなどこれまで別規格だったあらゆる機...
ノートPCも充電できるUSB PDが普及しつつあるので、今後はUSB-Cポートを備えた電源タップが増えると見られています。AnkerのPowerPort Strip PDシリーズも先進的ですね。

Meross スマート電源タップ MSS425FJPをレビュー

USB PDの付いた電源タップは魅力的ですが、現状ではUSB-Cディスプレイから電源を取っていることもあり、どちらかといえばUSBポートの多さが重要です。

今回紹介するMeross スマート電源タップは、4つのUSBポートを持つ電源タップです。

Meross スマート電源タップには2モデルありますが、今回はポート数の多いモデルを購入しました。

Meross スマート電源タップ MSS425FJPをレビュー

今回購入したスマート電源タップは、MSS425FJPというモデルです。パッケージは製品がイラストで描かれたシンプルなもの。

背面に技術仕様が明記されていますが、すべて日本語表記です。

Merossは海外製品ですが、日本では藤原産業株式会社というところが輸入しているようです。技適も取得されています。

中に入っているのは、Meross スマート電源タップ MSS425FJP本体とクイックインストールガイドのみ。

スマート電源タップの底面には滑り止めがあります。壁掛け用のフック穴もありました。

コンセントプラグは2ピンで、スイングプラグが採用されています。なお、ケーブル長は1.8mなので、よほど長い距離で使うのでなければ足りるでしょう。

集中電源スイッチもあります。こちらで全ての電源を切ることができます。

コンセントは、2ピン対応のものが4口あります。

そして、USBは4ポートあります。1ポートあたりの最大電流は2.4A、合計で4.0Aまで使うことができます。4ポートすべて使っても、1ポートあたり5V 1Aになるので、一般的なUSB充電には十分です。

通電すると、各コンセントのLEDがグリーンに点灯します。

この状態で電源タップとして使用することができますが、Meross スマート電源タップが「スマート」である理由は、アプリで制御できる点にあります。

Merossアプリでスマート電源タップを操作する

クイックインストールガイドを確認すると、アプリダウンロード用のQRコードが載っています。App StoreとGoogle Play以外に、Amazonのアプリストアにも対応しているようです。Fire HDでも使えるのはありがたいですね。

今回はiOSアプリで設定していきましょう。なお、設定中にデバイスの再起動があるので、一度電源が切れます。設定段階では、スマート電源タップには何も挿さないようにしてください。

起動画面は「登録」か「ログイン」の2択のみ。メールアドレスが必要です。

設定するデバイスを選びます。リストの一番下に「Smart Surge Protector」があるので、これを選びましょう。

スマート電源タップに通電します。電源がついていた場合は、主電源ボタンを押し直して起動してください。

まずは、Meross スマート電源タップの初期設定を行うために、スマート電源タップ自身に接続します。Wi-Fiのアクセスポイントが起動しているので、iPhoneのWi-Fi設定でこれに接続します。

設定アプリでWi-Fiに接続したら、再びMerossアプリに戻ります。

このスマート電源タップには名称を付けられます。複数の電源タップを使用する場合には便利ですね。

家庭内のWi-Fiに接続するためのパスワードを入力したら、設定完了です。

これで、スマート電源タップをアプリから制御できるようになりました。簡単ですね!

アプリ上からプラグ個別のON/OFFを設定する

アプリからスマート電源タップの状態を見ると、このようになっています。各コンセントの電源アイコンをタップすると、オン・オフが行えます。ちなみに、USBポートは4ポートまとめてのオン・オフとなり、ポートごとの設定はできません。

Switch 4とUSBをオフにしてみました。オン・オフのたびに、小さく「パツン」と音がするので、見えていなくても、切り替わったことが確認できます。

難点としては、Switch 1〜4とUSBの名称を変更できないこと。ふだんは電源タップを隠して収納しているため、コンセントに何が挿さっているか確認できるよう、明示しておきたかったです。

まとめ

もともとは複数のUSB付きの電源タップを探していたのですが、思いがけずスマート電源タップを手に入れることになりました。

いざ使ってみると、アプリから操作できたり、Amazon Alexaほかスマートスピーカーに対応していたりと、至れり尽くせり。USB PDこそありませんが、USB-Cが普及しきっていない現在では、最良の選択肢なのかもしれません。

ちなみに、テレビまわりの電源タップはこちらに交換しました。

サンワサプライ USB充電ポート付きタップ TAP-B103U-2W レビュー/9つのコンセントに、2つのUSBポート……満足!テレビまわりのコンセントが足りないぞ…… わが家で最も電源系が集中しているのがテレビ周り。テレビやサウンドバーだけでなく、ルーターやO...
今回のレビューまとめ
レビューした日
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ

葬送のフリーレン、東京卍リベンジャーズ、ヒロアカ、Dr.STONE、最新刊登場→ Kindleコミック 売れ筋ランキング Top100