IoT

Meross スマート電源タップ MSS425FJP レビュー/アプリでコンセントを管理?USBが4ポート付いた電源タップ!

これからの電源タップにはUSBポートも必要?

一家に一台はある電源タップ。コンセントの口を増やしてくれて便利ですが、USB充電できる機器が増えた今、直接USBポートも備えていて欲しいところ。昔からそういった電源タップはありましたが、比較的マイナーな存在でした。

合計最大3.4A出力のUSBポートが付いたOAタップ 「UniTAP PPS-UTAP6WH」は優れものだが……新しいMacBook(2015)が電源を含めたあらゆるポートをUSB-Cにまとめたことで、電源やモニタなどこれまで別規格だったあらゆる機...
ノートPCも充電できるUSB PDが普及しつつあるので、今後はUSB-Cポートを備えた電源タップが増えると見られています。AnkerのPowerPort Strip PDシリーズは注目の製品ですが、日本では未発売です(2020年9月現在)。

PowerPort Strip PD 6は、6つのコンセントと、3つのUSBポートをもつ電源タップで、USBポートのうち1つはUSB PDに対応したUSB-Cポートです。

PowerPort Strip PD 3は、3つのコンセントと、3つのUSBポートを持ちます。

2019年のAnkerのイベントで、上記2製品は2020年春頃発売予定とアナウンスされていましたが、まだ発売されず……別の製品を探してみます。

Meross スマート電源タップ MSS425FJPをレビュー

USB PDの付いた電源タップは魅力的ですが、現状ではUSB-Cディスプレイから電源を取っていることもあり、どちらかといえばUSBポートの多さが重要です。

今回紹介するMeross スマート電源タップは、4つのUSBポートを持つ電源タップです。

Meross スマート電源タップには2モデルありますが、今回はポート数の多いモデルを購入しました。

Meross スマート電源タップ MSS425FJPをレビュー

今回購入したスマート電源タップは、MSS425FJPというモデルです。パッケージは製品がイラストで描かれたシンプルなもの。

背面に技術仕様が明記されていますが、すべて日本語表記です。

Merossは海外製品ですが、日本では藤原産業株式会社というところが輸入しているようです。技適も取得されています。

中に入っているのは、Meross スマート電源タップ MSS425FJP本体とクイックインストールガイドのみ。

スマート電源タップの底面には滑り止めがあります。壁掛け用のフック穴もありました。

コンセントプラグは2ピンで、スイングプラグが採用されています。なお、ケーブル長は1.8mなので、よほど長い距離で使うのでなければ足りるでしょう。

集中電源スイッチもあります。こちらで全ての電源を切ることができます。

コンセントは、2ピン対応のものが4口あります。

そして、USBは4ポートあります。1ポートあたりの最大電流は2.4A、合計で4.0Aまで使うことができます。4ポートすべて使っても、1ポートあたり5V 1Aになるので、一般的なUSB充電には十分です。

通電すると、各コンセントのLEDがグリーンに点灯します。

この状態で電源タップとして使用することができますが、Meross スマート電源タップが「スマート」である理由は、アプリで制御できる点にあります。

Merossアプリでスマート電源タップを操作する

クイックインストールガイドを確認すると、アプリダウンロード用のQRコードが載っています。App StoreとGoogle Play以外に、Amazonのアプリストアにも対応しているようです。Fire HDでも使えるのはありがたいですね。

今回はiOSアプリで設定していきましょう。なお、設定中にデバイスの再起動があるので、一度電源が切れます。設定段階では、スマート電源タップには何も挿さないようにしてください。

起動画面は「登録」か「ログイン」の2択のみ。メールアドレスが必要です。

設定するデバイスを選びます。リストの一番下に「Smart Surge Protector」があるので、これを選びましょう。

スマート電源タップに通電します。電源がついていた場合は、主電源ボタンを押し直して起動してください。

まずは、Meross スマート電源タップの初期設定を行うために、スマート電源タップ自身に接続します。Wi-Fiのアクセスポイントが起動しているので、iPhoneのWi-Fi設定でこれに接続します。

設定アプリでWi-Fiに接続したら、再びMerossアプリに戻ります。

このスマート電源タップには名称を付けられます。複数の電源タップを使用する場合には便利ですね。

家庭内のWi-Fiに接続するためのパスワードを入力したら、設定完了です。

これで、スマート電源タップをアプリから制御できるようになりました。簡単ですね!

アプリ上からプラグ個別のON/OFFを設定する

アプリからスマート電源タップの状態を見ると、このようになっています。各コンセントの電源アイコンをタップすると、オン・オフが行えます。ちなみに、USBポートは4ポートまとめてのオン・オフとなり、ポートごとの設定はできません。

Switch 4とUSBをオフにしてみました。オン・オフのたびに、小さく「パツン」と音がするので、見えていなくても、切り替わったことが確認できます。

難点としては、Switch 1〜4とUSBの名称を変更できないこと。ふだんは電源タップを隠して収納しているため、コンセントに何が挿さっているか確認できるよう、明示しておきたかったです。

まとめ

もともとは複数のUSB付きの電源タップを探していたのですが、思いがけずスマート電源タップを手に入れることになりました。

いざ使ってみると、アプリから操作できたり、Amazon Alexaほかスマートスピーカーに対応していたりと、至れり尽くせり。USB PDこそありませんが、USB-Cが普及しきっていない現在では、最良の選択肢なのかもしれません。

今回のレビューまとめ
レビューした日
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ

超PayPay祭 開催中!!!PayPayボーナスライト5% or 10%もらえる!PayPayモール / Yahoo!ショッピング