\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

Spigen S316 2in1 Apple製品専用 充電スタンド レビュー/Apple WatchとiPhoneを同時に充電!

  • URLをコピーしました!

Apple Watch Series 6を買ったので、充電スタンドを探してみる

ひさしぶりにApple Watch買いました。
https://www.makkyon.com/2020/09/27/apple-watch-series-6-and-solo-loop/
ソロループバンドにしたため、Apple Watchを平置きするのが難しくなりました。いい機会なのでApple Watchの充電スタンドを探してみます。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

Spigen製のApple Watchスタンドが人気らしい?

調べてみると、ナイトモードが使えるスタンドが人気のようで、中でもSpigen製品には多数の評価が集まっていました。1個買ってみようかと思いましたが、ホワイトだけ入荷待ち……。他の製品も探してみることにしました。

そこで見つけたのが、同じくSpigenの充電スタンド。iPhoneやAirPods Proも充電できる、2in1タイプのスタンドです。これは使いやすそう、と買ってみることにしました。

今回購入したのはソフト・ホワイトモデルです。

Spigen S316 Apple製品専用 2in1 充電スタンドをレビュー

S316のパッケージは、大きめの立方体。

パッケージ側面に、各デバイスを装着する際のイメージが載っています。

内容物は、簡易マニュアルに、2in1充電スタンドS316本体、ケーブルバンド、Apple Watch用クッションシール、となっています。

こちらが2in1 充電スタンド S316です。ケーブルは付属していません。

素材は柔らかいシリコン製。底面にはそこそこ剛性もありつつ、指で押すと硬めの弾力もあります。

底面には、Lightningケーブルと磁気充電ケーブルを通すための穴が空いています。

まずはApple Watch用の磁気充電ケーブルを通していきます。Apple Watchに標準で付属しているケーブルを使います。USBコネクタから差し込んでいきます。

USBコネクタを底面に通します。

磁気充電パッドをはめ込んで完了です。

次は、iPhoneやAirPods Proを充電するためのLightningケーブルを通します。こちらは逆に、底面側から通します。

Lightningコネクタを露出させます。厚めのケースを使っている場合は、ちゃんと挿さるように飛び出させましょう。なお、Lightningコネクタが小さいケーブルでないと挿さりません。できるだけApple純正のケーブルを使用しましょう。

S316に通した2本のケーブルは、背面の溝で固定します。

ひっくり返して、Apple Watchを置きます。

さらにその手前にiPhoneを挿しました。Apple Watchが完全に隠れてしまうので、見た目にはiPhone用のクレードルにしか見えません。iPhone 11 Pro Maxの巨体でも安定しています。

背面側から見ると、このようになっています。iPhoneをしっかり支えていることが分かります。また、iPhoneは充電しつつ、Apple Watchだけ取り外すことも容易です。
iPhoneではなく、AirPods Proを設置してみました。これはこれで効率的ですが、スペース的には贅沢な使い方ですね。

AirPods Proは毎日充電するものでもないので、わが家ではiPhone+Apple Watchの組み合わせで使っています。

まとめ

狭いスペースでもApple WatchとiPhoneを効率よく充電できるスタンド・クレードルです。ただ、背面にはケーブル2本が伸びるので、やや乱雑になりがち。うまく隠せばとてもスタイリッシュな充電スタンドとして、デスクやベッドサイドで役立ってくれるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX