AirPods発売!……国内で買える完全左右独立型Bluetoothイヤホンのまとめ、そしてFreeStereo Twinsを買ってみた。

完全左右独立型のトゥルーワイヤレスイヤホンは、ワイヤレス好きの自分としては待ち望んだ製品でした。
トゥルーワイヤレスイヤホンは、下記のような特徴があります。

  • 左右を繋ぐケーブルがない
  • 充電は専用ケースを介して行う

しかし、草分け的な製品であるEARINは3万円超の高価格帯、気軽に買えるものではありませんでした。
そこへ登場したのがAppleのAirPods。Appleらしい機能を詰め込みながら、税抜16,800円という低価格です。これはもう買わねばならないと思ったのですが、まさかの発売延期。2016年11月現在、発売のアナウンスはありません。
高まりすぎた購買欲求を抑えるため、いま買えるトゥルーワイヤレスイヤホンをまとめて、気分を落ち着けてみます。

各社の左右独立型ワイヤレスイヤホン

Apple AirPods

レビューしてますので、下記リンクよりどうぞ。

iCloud連携が不思議すぎる。革新的イヤホンAirPodsをレビュー!いよいよトゥルーワイヤレス時代が到来!

2016.12.19
AirPods – Apple(日本)で購入

ONKYO フルワイヤレスイヤホン W800BTB

オンキョーが日本の他メーカーに先駆けて送り出すワイヤレスイヤホン。約3万円。充電器を兼ねたケースにUSBケーブルを内蔵していて便利そう。

EARIN

Kickstarterで話題になった、この分野の先駆け的な製品。シンプルなイヤホンに、ケース兼充電器はスティック型のスタイリッシュなデザインで、これ以降の製品に大きな影響を与えた。

ERATO Apollo7

こちらもKickstarter発の製品。国内の販売価格は4万円近いので、海外に行く機会があれば現地で買うのもアリ(279ドルなので)。

BRAGI The Dash

こちらもKickstarter発。The Dashは防水性能に各種センサーを備えたスポーツ用ワイヤレスイヤホン。299ドル。音楽再生に特化した廉価版の「The Headphone」は149ドルなので、発売されればAirPods対抗になりそう。

fFLAT5 Aria One

こちらは価格が少しこなれていて、2万円台半ば。左右でユニットのカラーが異なるので、分かりやすい。

i.Tech FreeStereo Twins

今回見つけたのがこの製品。なんと実売で1万5千円を切っている。AirPodsよりも安い。e☆イヤホンで取り扱っている製品なので、怪しいものではなさそう。これ、買ってみました。

FreeStereo Twinsを買ってみました

プライム対象外の商品だけど、e☆イヤホンから翌日に届きました。早い。

クリアで浮遊感のあるパッケージが本製品の特性を表しています。

内容物は、MicroUSBケーブル、専用ケース、FreeStereo Twins 1セット、イヤーピース・イヤーチップ(S/M/L)、コンプライのイヤーピース、マニュアル(英語/中国語)となっています。

コンプライのイヤーピースが付いてくるのは、ちょっとお得感ある。

FreeStereo Twinsは、片方だけだとヘッドセットのよう。

手のひらにのせてみるとサイズ感がよく分かります。やや大きめのイヤホンという感じ。本体はとても軽くて、片方で6.3g、2つ足しても12.6gという軽さ!

本体の内側に、充電用の接点が見えます。

本体の後面には電源のオン/オフや再生/停止を兼ねたマルチファンクションボタンがあります。このボタンは左右両方にあって、電源を入れるにはそれぞれ長押ししてONにする必要があります。(OFFにするときは片方だけでOK)

本体の上面には、音量の±ボタン。長押しすると、曲送り/曲戻しに対応します。

そして、こちらがケース兼充電器。プラスチック製の容器なので、特に高級感はありません。

FreeStereo Twinsを中に収めると、それぞれLEDが赤く光って充電中であることを示しています。iPhoneとペアリングされた状態でケースに入れると、充電開始後にペアリングが自動的に切れます。

ケース背面のMicroUSBポートにケーブルを挿して充電開始です。

FreeStereo Twinsを使ってみた感想

いいところ

  • ケースの収まりがよい(これから女性を意識したケースなんかも出てきて、流行りそう)
  • 意外といい音が鳴る(iPhoneのミュージックアプリで再生)
  • 首回りのケーブルがなくなって快適(付けたまま着替えることもできる)
  • ペアリング時の音声フィードバックが面白い(両方から「Connected」と聴こえたと思ったら、片方ずつ「Left Channel」「Right Channel」と主張するあたり分離型だなと感じるわけです)

気になるところ

  • 価格の割に作りはケースがチープ(言い出すとキリがないけど)
  • 電源ONがやや面倒(ケースから出すと電源入るAirPodsはさすが)

まとめ

音質について期待していなかっただけに、結構いい音が鳴ってくれたのは嬉しい誤算。通勤時に使ってます。懸念される「耳から落ちちゃうんじゃないか」という懸念は、カナル型だけあって大丈夫。専用ケースに厚みがあるため、ジャケットのポケットには入れておけない(膨らんでしまう)のが残念。

トゥルーワイヤレスイヤホンは、製品ジャンルとしてはまだまだ黎明期。あれだけ考え抜かれたAirPodsですら、数年後にはかなり進化していそう。これからが楽しみなジャンルです。