親知らず4本を全身麻酔で抜歯!かかった総額は○○万円!その内訳は……?

wisdom-tooth1

親知らず4本を一度に抜いてきました……。
思い返すと壮絶な体験なんだけど、結果的にはよかったと思うので、レポートとして書き残しておきます。
まだ親知らずを抜いていない方、抜くかどうか迷っている方、抜く局面に立たされている方のお役に立てれば幸いです。

こじらせた親知らず発見

20代の頃、虫歯治療の際にレントゲンを撮ったところ、ややこしい生え方をした親知らず4本の存在を知らされました。当時の先生が言うには「これは口腔外科じゃないと難しいけど、一生埋まったままかもよ。」と笑って話されたので、いま抜かないならいいかと深く考えずにいました。
ちなみに、親知らずって英語だと「Wisdom Tooth」=「賢い歯」(日本語だと智歯)。全然賢くない、むしろこじらせてる!

親知らず、活動開始

それから10年余り、近所の歯科医で歯のメンテナンスをしてもらっていると、奥歯の歯周病が進んでいることが判明。1本の親知らずが発達して、奥歯を圧迫し始めていることが原因とのこと。
これはもう抜いたほうがいいね、という話になりました。
レントゲン写真だとこんな感じです。素人目にもやばい、なぎ倒さんばかりの勢いで奥歯に迫ってるし!
wisdom-tooth1

「4本抜いちゃおうよ」

紹介状を書いてもらって、口腔外科のある大学病院に行ってきました。
まず言われたことは、抜いてから2,3日は痛みと腫れで仕事できないので休んだほうがいい、ということ。
その流れで先生曰く、
「どうせ休むんだったら、4本抜いちゃわない?」
「4本抜いても痛みが4倍になるわけじゃないよ、1.4倍くらい(笑)」
「全身麻酔なら痛みもなくて楽だよ」
うまくのせられてる気がしたんですが、将来的なリスクを考えれば一気に4本とも抜いちゃうのが最適だなと、承諾。あと、話のネタになるし。

ちなみに調べてみると、ドイツでは「4本を一度に抜くのが普通」らしいです。(下記参照)

日独の差の理由は極めて単純で、日本の場合「大変だから1本ずつ抜く」と考えるのに対し、ドイツの場合「大変だから全部を一度に抜く」と考えます。どちらも抜歯は大変という認識があるものの、その対処法がまったく正反対であるのは興味深いところです。
親知らずの抜歯について – ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

というわけで、ドイツ気質な大学病院で抜くことに。
なお、正式な病名は「両側下顎水平埋伏智歯、両側上顎埋伏智歯」でした。漢字ばっかり!

入院前の事前検診

入院の仮日程を決めつつ、まずは事前検診を受けに行くことに。
当日は、身長・体重などの基本データから、血液検査、レントゲン、肺活量、CTスキャン、麻酔科の診察。胃のレントゲンがないだけで、ほとんど人間ドック。この検診だけで1万円ちょっとかかりました。詳しい金額は後述します。

入院1日目(手術前日)

週末を挟んで、会社を1週間休むことに。
当日は、入院受付をしてから病棟へ。入院患者の証、リストバンドを付けます。
20161019-01
昼食は普通食が出ます。全然足りなくてあとで売店に行きました。
20161019-02
この日は、さまざまな書類にサインをしたり、医師や看護師さんからヒアリングや説明を受けます。手術日は家族の付き添いなしだったので、追加で承諾書類もありました。何枚もの書類を眺めながら、現代医療のリスクヘッジの大切さを思い知るのでした。
20161019-03
夕食は、魚の味噌煮。21時以降は禁飲食のため、普通の食事はこれで最後です。
20161019-04
夕食後に下剤をもらって、出すもの出します。
その後、点滴用の管を通しました。実際の点滴は翌日からで、この日は腕にまとめてもらったまま寝ました。寝づらい……。(病院によっては手術当日のところもあるそうです)
20161019-05
夜のうちに、手術着、手術帽、T字帯が支給されます。着るのは手術当日です。
20161019-06
T字帯は聞き覚えのない名称ですが、要はふんどしです。
就寝前に気分を落ち着ける薬をもらって、消灯時刻の21時には健やかに就寝。

入院2日目(手術当日)

手術予定は午後ですが、朝から点滴がスタートします(ソルデム1輸液)。禁飲食なので、水分やミネラルの補給。
20161020-01

13:20(手術時間20分前)

手術時間が近づいてきたので、看護師さんの指示でパンツをT字帯に着替えます。ガーゼ状の素材でできているので、すぐ外れそう。手術帽をかぶって、歩いて手術室へ。手術時間は2時間程度。順調にいけば夕方までには終わる。

13:40(手術直前)

手術室のドアをくぐり、手術台やその他の機材がずらりと揃った「いかにも」な姿を目にすると、ちょっとずつ怖くなってくる。手術台に横になり、酸素マスクをつけ、深呼吸。全身麻酔で眠気がくるというが、眠気もなにも、いきなり意識が落ちた。

18:30(手術直後)

目を開けると、両脇に医師や看護師がいる。聞かれたことにうつろに受け答えをする。窓の外はもう暗い。時間通りならまだ夕方のはずだが……。あとで聞いたところでは、出血が想定以上に多く、血を止めながら手術を行ったため、長引いたそう。
意識がはっきりしてくるにつれ、体の異常に気づく。体が熱い。38度を超える高熱。そして、尿道にカテーテルが通されていて、アレの違和感がすごい。限界まで尿を我慢している感じ。さらに、酸素マスクをつけているのだけど、極度の鼻詰まりと口の中の腫れで息が苦しい。喉が乾く。早く何か飲みたい(6時間後まで無理って言われた)。鼻の中を吸引してもらうと、真っ赤な血が溢れ出る。鼻の奥まで管を通されるのは辛いけど、それで息が通るようになるので、抗えない。口の中は絶えず血が溢れて、吐き出さないと辛い。

19:30(手術後1時間)

高熱は少しずつ引き始めて、37度台まで落ちてくる。落ち着きを取り戻しはじめたものの、口の中の血が止まらなくて辛い。

21:00(消灯時刻)

血が止まらないので、ベッドを起こしてもらい、ガーゼを噛んでいた。しかし、1時間経っても止まる気配がないので、医師と相談して、諦めて寝ることにした。両頬が痛かったけど、痛み止めの点滴を落としてもらうと、少しずつ痛みが和らいで寝ることができた。

深夜

夜中に目が覚める。口には酸素マスク、左腕には点滴、胸には機材、尿道にはカテーテル、相変わらず、全身にさまざまな器具が紐付いている。特に辛いのは尿道カテーテル。看護師さんに取ってもらうようお願いしたところ、酸素マスクを取っていい時間になれば、カテーテルも外せるそうだ。
そして、尿道カテーテルを外すときは激痛だった(書いてる今も、思い出すと股間が引き締まる)。男性のみなさんはアレに長い管が突っ込まれていて、それを引き出すことを想像してほしい。死ぬかと思った。さらに、引き出された後も、最初の尿が激痛。もちろん血尿が出る。
次のトイレのタイミングでは、車椅子。たくさん血を流したので、貧血になっているそうだ。
再び痛み止めの点滴を落としてもらって、眠りに落ちる。

入院3日目(手術翌日)

早朝

朝が来た。枕元には、眠っている間に吐き出した血の跡。
まずは医師による検診。看護師さんに付き添ってもらいながら徒歩で移動。
口の中の血はじきに止まるということ。しかし、常に血が溜まっていく状況はなかなかにしんどい。数分おきに血を吐いていた。たまにめんどうくさくて飲み込むのだけど、ドロっとした血液を飲むと、喉に張り付くような感覚に陥る。

午前中〜昼

トイレに行って、鏡で自分の顔を見ると、試合後のボクサーのように頬が腫れ、唇の端は切れて内出血を起こしていた。想像していた顔よりボッコボコで、逆に面白かった。
飲み物OKの許可が出たので、あらかじめ買っておいたボルヴィックを一飲み。口の中が血まみれなので、よく分からなかったが、喉を通ると少しスッキリした。
この日はお昼から食事が出た。当然ながら、お粥食。口が開かないし、口の中は腫れと口内炎で、自分でもよくわからない状態だったけど、まずは食べられることがありがたい。
20161021-01
食後はすぐに歯磨き。とはいえ、奥のほうに歯ブラシを持っていくとすぐに血がつくので、見えるところだけ歯ブラシで、あとはうがい薬(ネオステリングリーン)で消毒。

午後

術後のレントゲンを撮る。あとでプリントアウトしたものをもらった。もちろん4本とも親知らずは消えていて、懸案だった歯周病の原因になっていた親知らずもこの通り消滅。他の3本も綺麗に消えていた。
wisdom-tooth2
テーブルには抜いた後の親知らずが置いてあった。瓶の中に収まっていて、壮絶な手術の様子を想像するだに怖くなる。※あまりにグロいのでモザイクをかけました。
20161021-03
ようやくスマホを触れるような状態になってきたので、心配して連絡をしてくれた方々に一報を入れる。
口の中にはまだまだ血が溢れるので、寝ながらときどき起きては血を出す、を繰り返す。
点滴は抗生物質だけになったので、点滴が外れたら売店に行って、ゼリー状の食べ物を買う。

夕食。おかずは食べやすいように刻まれたものばかりだが、これをお粥に混ぜて食べると美味しくなることに気づく。以後、継続。
20161021-02
痛み止めは夜から飲み薬になった。

入院4日目

顔の腫れはまだまだひどい。今日あたりをピークにして、徐々に引いていく。
朝ごはんは全粥食が継続。
20161022-01
口の端が切れてひどいことになっていたので、軟膏(炎症性皮膚疾患治療剤 アズノール)を処方してもらう。
寝ているのもそれはそれで疲れるので、この記事を書き始める。少しずつ体が回復しているのが分かる。口も少しずつ開くようになってきた。
看護師さんから、今回の入院費用の概算をもらった。最終的な金額は後ほど。
昼食の頃には、少しずつ口が開き始めたので、噛むことが苦にならなくなってきた。食べるのが楽しい。
20161022-02
夕方の抗生物質投与で、点滴が終了。管を外してもらう。これでシャワーを浴びられる。自由だ!
夕食もお粥が継続。でも、全然足りない……。
20161022-03

入院5日目

全粥食はこの日も継続。バナナが付いてきたのだけど、ギリギリのところで口が開かない。苦戦しながら食べる。
20161023-01
昼。翌日退院予定なので、滞在時間は残り24時間を切る。
20161023-02
夜。明日の退院に備えて、軽く荷造りを始める。
20161023-03

入院6日目(退院日)

腫れはずいぶん治まってきたものの、口はまだ開きにくい(術後84時間経過)。
朝食。
20161024-01
着替えて、荷造りを終えたら、かさばる衣類だけ宅急便で送ってしまう。
会計窓口で一連の料金を支払う。
※なお、術後1週間前後で、抜糸のための通院があります。

今回の治療にかかった全費用

健康保険を使っているので、自己負担率は30%です。また、1点=10円、10円未満は四捨五入です。
※あくまで一例です。個人の年齢・健康・保険の加入状況、病院の方針等により金額は変わります。
※病院でクレジットカードが使えるかどうか、事前に確認しておきましょう。

事前検診:1万2,020円

内訳は下記の通り。口腔外科と麻酔部の会計が別々だったので、単純に足すと計算が合いませんのでご注意。

初・再診料(口腔外科) 307点
検査 1,429点
画像診断 1,987点
初・再診料(麻酔部) 282点

手術・入院費用:10万5,100円

内訳は下記の通り。大人6人の大部屋だったので、室料はかかっていません。

入院料等 15,547点
医学管理等 250点
投薬 336点
注射 557点
処置 387点
手術 4,299点
麻酔 11,037点
検査 840点
画像診断 461点

合計:33,714点 × 10円 × 30% + 食事療育費3,960円 = 105,100円

補足:医療保険は適用されるのか?

ライフプランナーに聞いたところ、適用されないとのこと。ただし、入院給付金は出る。これは契約内容により異なるので、契約している保険内容を確認しましょう。

まとめ

手術から1週間。ようやく腫れも治まってきて、少しずつ日常が戻ってきました。書き起こしてみて、手術直後はひどかったなと思うんですが、辛いのは数日だけ。一回で済んでよかったなと思います。また、今回は全身麻酔による手術だったんですが、手術そのものよりも全身麻酔の費用が高いというのが驚きでした。
なお、今回の一連の入院で最も辛かったのは、尿道カテーテルです……2度とやりたくない。

オマケ:抜歯で入院する人のための持ち物リスト

今回5泊6日の入院でした。もしこれから入院される方がいたら、参考にしてください。たいていのものは病院の売店で売っていますが、余計な出費は避けたいものです。

  • 泊数分の着替え(病棟内は一定の温度が保たれているので、厚着の必要はないです)
  • 泊数分のビニール袋(あって困ることはないので、余分に持っていきましょう)
  • 泊数分のタオル(手術前後はバスタオルは
  • 髭剃りとシェービングクリーム
  • 歯ブラシと歯磨き粉
  • 退院時の着替え(入院日と同じでいいなら不要)
  • パーカーなどの上着(朝方は少し冷えるので)
  • リップクリーム(乾燥防止に)
  • ボックスティッシュ(ポケットティッシュではすぐ無くなる)
  • シャンプーとリンス
  • ボディーソープ or 石鹸
  • コップ or 湯呑み(歯磨き用&食事前にお茶が出ます)
  • スリッパ(底の厚い方がラク)
  • メガネ拭き
  • ウェットティッシュ
  • ボールペン(いろいろ書かされます)
  • 小銭入れ(売店に行くとき便利)
  • iPhoneなどスマホ用のケーブルと充電器
  • iPadなどのタブレットとスタンド(動画を見るとき便利)
  • イヤホン(病院内ではTVもスマホもスピーカーで鳴らせません)
wisdom-tooth1