HUAWEI

あなたの車にWi-Fiを。月額500円から始める車載Wi-Fi!定額制音楽サービスで快適ドライブ!

車の中で聴く音楽は楽しい。密閉空間の中だと、反響効果でいつも聴いている音楽が違うものに聴こえる。ましてや最近はApple MusicやLINE MUSIC、Google Play Musicなどの定額制音楽聴き放題サービスのおかげで、新しい音楽との出会いが増えました。

しかし、家庭内でWi-Fiが使えるならともかく、音楽をストリーミングで聴くには超えなければならない壁があります。それは【ギガ不足】です。車の場合は移動しっぱなしで、公衆Wi-Fiすら使えません。通信事情は厳しくなります。

そこで、今回は自動車内で使える「車載Wi-Fi」に注目してみました。

車載Wi-Fiとは

車載Wi-Fiと言っても、市販のモバイルWi-Fiルーターをシガーソケット経由でUSBで給電しながら使えばいい。そう思っていました。
よくよく調べてみると、Wi-Fiルーターを車載するには下記2つの問題点がありました。

問題点1. 車内温度に耐えられない!

これが最大の問題。車内温度は、特に夏場、車内はかなりの高温に達します。JAFのテストによれば、50度を超えるとか。

それではWi-Fiルーターは何度まで動作保証しているのでしょうか?例として、Aterm MR05LNで調べてみました。公式サイトの製品仕様によれば、動作保証環境が「温度 0~35℃」となっています。50度はメーカーの動作保証外です……。

PA-MP01LNも、公式仕様によれば動作保証環境は「0~35℃」です。

NetGearのAirCardは、推奨動作温度「0℃〜35℃」ではあるものの、保管温度は「-10℃〜+60℃」となっており、車内に置きっぱなしにしておくことはできそうです。

メーカー問わず、既存のモバイルWi-Fiルーターを車内に常備しておくことは、故障のリスクを伴います。必ず環境仕様を確認しましょう。

問題点2. 電源がエンジンと連動しない!

車載するならできれば挿しっぱなしで運用したい。

モバイルWi-Fiルーターはバッテリーを内蔵しているため電源ONも電源OFFも「手動」。Wi-Fiルーターを車内に忘れていったら、電源が落ちるのを待つしかありません。

さらに、SSIDを晒したまま放置することになります。そして、次にエンジンをかけたときに自動でONになるとは限りません。

つまり、車載するWi-Fiデバイスには「バッテリーを搭載していない」ことが求められます。(車のエンジンON・OFFに連動する)

車載Wi-Fi用のデバイス&サービス

車載Wi-Fiを実現しようとすると、次の3つのデバイスorサービスが検討に上がります。※2019年9月現在

docomo in Car Connect

NTTドコモが展開する、車載Wi-Fiサービスが「docomo in Car Connect」です。docomo in Car Connect用の料金プランが存在しており、1日(24時間)で500円という短期利用から、365日で12,000円といった長期プランまで、使い方に応じて選ぶことができます。

LTEのデータ通信をつかったWi-Fi環境が車内に作れる、定額使い放題車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」をご紹介します。1日だけのご利用も可能で、動画や音楽などのコンテンツも必要なときに思う存分楽しめます。
docomo in Car Connect | サービス・機能 | NTTドコモ

ただし、難点は対応車両(または対応機器)。2019年秋発売の日産 新型「スカイライン」か、パイオニアから2019年秋以降に発売される市販カーエレクトロニクス製品のみです。気軽に始めるというわけにはいきません。

ピクセラ PIX-MT100

PIX-MT100はLTEに対応したSIMフリー端末で、格安SIMを挿して運用することが想定されています。
USBポートに挿すだけで動作するので、PCだけでなく、コンセントやモバイルバッテリーに直挿しすることも想定されています。つまり、車でも使えます。

ただ、電源連動という点はクリアしますが、メーカーWebサイトによれば、「許容動作温度 : 0℃~35℃」となっており、問題点1がシビアで、クリアできないまま。ただ、真夏と真冬には乗り降りするたびに持ち出すという回避方法もあります……。

ワイモバイル 404HW

ワイモバイル公式サイトではすでに「過去の製品」となっています。現在は販売されていません。

車載専用のWi-Fiルーターとして発売されただけあって、推奨動作温度-10℃〜35℃、推奨保管温度-20℃〜70℃となっています。車内温度問題はクリア。バッテリーも搭載していないので、電源連動もクリアします。ワイモバイルで販売が継続されており、車載Wi-Fiとしては唯一のデバイスになります。

ただし、SIMロック解除ができないため、SIMはワイモバイル限定になるのが難点でしょうか。

車載Wi-Fiデビュー

挿しっぱなしでルーズに運用したいので、404HWを選択しました。

中身が見えるパッケージになっている。通信機器としては珍しい。

内容物は、クイックスタートなどの紙類に、404HW本体。

想像していたよりも大きい印象だ。自動車のシフトレバーのようにも見えます。

USBポートが一つあって、ここから1Aで充電できるようです。シガーソケットを一つ潰すので、そこから電源を取っている人には安心材料ですね。

USBポートの反対側にmicroSIMスロットと、リセットボタンがあります。蓋の裏面には、SSIDやWi-Fiキーが記載してあるので、車の中で慌てる心配はありません。

さて、本体は安価で入手できたものの、404HWには大きな問題があります。ワイモバイルのSIMしか使えないので、格安SIMでの運用ができないのです。

SIMの選択肢は一つだけ

ワイモバイルはNTTドコモやau、ソフトバンクと同様に自前で設備を持つMNOブランド。格安SIMを扱うMVNOとは違う。格安SIM対抗のためか、ソフトバンクの元でデータ1GB 980円の格安プランを打ち出しています。

さらにそのプランを、Yahoo!プレミアム会員向けに500円のプランとして販売しています。この1GBプランの特徴は「2年縛りが無い」こと。1ヶ月で解約しても違約金は発生しません。
【Yahoo!プレミアム会員限定プラン】ワイモバイル SIMスターターキット(nano SIM)
申し込みの翌営業日に出荷の連絡があったのだけど、クロネコメール便だったせいか届くまでに中1日の間がありました。いつまで経っても有明の配送センターから動かないのでやきもきしました……。

入っているのは、SIM入りのパッケージだけ。もう少し小さく送ってもいいのでは……。

「4G音声」と書いてあるけれど、プランは後から選択できるので安心していいです。

SIMが届いてもすぐ使えるわけではありません。Webからご利用開始お手続きを始めましょう。

1GBの通信量を使い切った後は、128kbpsの低速通信になります。追加容量は500MBで500円(税別)。

オンライン申し込みで免許証の画像を提出して審査を受けます。翌営業日には承認されたのだけど、SIMの申し込みからここまで実質1週間近くかかりました。やや面倒ですね。

実際に車載してみる

シガーソケットに挿して、HUAWEIのボタンを長押ししたら電源が入ります。電源投入時には赤く光りますが、正常に接続できれば緑色に変わります。

ここから先は通常のWi-Fiと変わりません。あとは、スマホのWi-Fi設定からSSIDの「404HW-******」を選択してパスワードを入れるだけ。(メールアイコンが点灯しているときはSMSが届いています。404HWにWi-Fi接続した後に、192.168.128.1にアクセスすればSMSが読めます)

しばらくドライブのたびに使ってみたけど、問題なく使えています。ただ、電源ONだけ手動というのが煩わしい(車のエンジンを切ればOFFになる)。次期モデルがあるのか分からないけど、その際には自動で電源を投入できるようにしてほしいところ。スマートなのは、MVNOの格安SIMとPIX-MT100がいいのだろうけど、今回は機器の安定稼働を選択しました。機会があればPIX-MT100も試してみたい。

ただ、この記事を寝かせている間に、ギガモンスター(Softbank)やスーパーデジラ(au)など安価な20GBプランが出てしまい、試みとしては若干微妙になってしまいました。

自動車用アクセサリのレビュー記事一覧へ

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
ワイモバイル 404HW
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
セール・クーポン・キャンペーンまとめ


日本HPの7%OFFクーポンや、AmazonのChromebookキャンペーンなど今がお買い得なセール・クーポン・キャンペーン情報をまとめています。(9月10日更新)
セール・クーポン・キャンペーンまとめ