世界最重量級のドックがiPhone 6 plusに完全対応して新発売!「Elevation Dock3」をレビュー!

cover

Elevation Dockは金属削り出しのシンプルな質感と、その重量からくる安定感が人気のiPhoneドックです。※ただし、日本未発売。
その昔、Kickstarterで出資してからというもの、すっかり気に入っていたのですがiPhone 6 plusの大きさには対応できず、寂しい日々を過ごしておりました。
しかし!ついに、iPhone 6 plusに対応したバージョン3、Elevation Dock 3が発売されたのです。詳細は下記リンクから(英語)。

高い送料を払いますが、日本へも直送してくれます。FedExから届きました。

本体と一緒に同梱されていたのは、Lightningケーブル。

開封すると、Elevation Dock 3本体とマニュアルだけのシンプルな構成。ブラックモデルは、落ち着いたマットな質感が特徴です。前モデルよりさらに質感が増した気がします。

裏蓋を開けて、Lightningケーブルを通します。左右のベロは吸着シート。

中央の接合パーツを取り出し、Lightningケーブルを通してから、接合パーツをケーブル側に取り付けます。

裏側から見たところ。こちら側からはもう抜けません。このまま蓋を閉じます。

これで準備完了。手に持っただけでズッシリ。その重さ、なんと452g(実測)。これ以上に重いiPhone用ドックを僕は知りません。

Apple純正のレザーケースを付けているので、そのままでは差せません。Elevation Dockは、備え付けのゴム製スペーサーで調整します。ちょうどiPhoneの背面が当たる部分ですね。

さらに底面にもゴム製スペーサーが2個あります。Lightning端子の周りをケースが覆っている場合でも、このスペーサーをひっくり返すことで、遊びを持たせることができます。

というわけで、9ヶ月ぶりにElevation Dockが復活。前々モデルと異なり、このままでもTouch IDが使えます(やや窮屈だけど)。これは嬉しい改良!

この重量感と、底面の吸着シートのおかげで、ドックを抑えなくてもiPhoneを抜き差しすることができます。利便性抜群!

……ただ、問題はそのお値段。大人なお買い物になりますので、わざわざ輸入するようなモノ好きな方は、ぜひお友達になりましょう!