4月23-24日の気になったニュース:徹底したTDLの節電対策、マイボトルで作る水出しコーヒーのマーケティング、チャップリン風の映像を作るiPhoneアプリ、ほか

土曜日の夜に、船橋市議選についてのエントリーをアップし、Twitterでリツイートしていただいたり、コメントをいただいたりしました。日本のインターネット環境は世界でも有数の普及率とスピードを誇っていますが、それを使う人たちの意識の差を感じました。IT業界にいるとなかなか気付きませんが、インターネット技術をもっと活用すべき業界は、まだまだたくさんあるのだと改めて思い知りました。

それでは、下記、週末の気になったニュースです。

一方、敷地内には太陽光や天然ガスの自家発電設備がある。総出力は約3000キロワット。この夏さらに30億円を投資し、出力5000キロワットのガス発電機3台を増設する。自家発電能力は計1万8000キロワットとなり、消費電力の25%以上を賄う。これらの節電と自家発電で政府の節電目標を達成できる見通しになったという。
東日本大震災:TDL 再開後もさまざまな節電対策 – 毎日jp(毎日新聞)

まさか自家発電設備まで用意していたとは…。この徹底した顧客サービスがTDRの強さですね。

気象庁によると、不適切だった速報43回のうち、31回は余震の同時発生で予測に誤差が生じた。気象庁では同時発生の地震のデータ分析を行った上で、速報システムのプログラム改善を進める方針だが、「ただちに対応することは困難で、早くても改善に数カ月はかかるだろう」としている。
【社会部オンデマンド 大震災編】緊急地震速報の空振りはなぜ? 「同時発生」「地震計ダウン」精度落とす+(1/3ページ) – MSN産経ニュース

テレビで流れた緊急地震速報が空振ったときは、しばらくお休みしてもいいんじゃないかと思いました。

1-3月期の卸売売上高(推定値)はアップルのアイフォーン部門が119億ドルなのに対し、ノキアは94億ドルだ。アップルはスマートフォン市場ではすでに世界最大のメーカーだ。
IT / 【ブログ】アップルが携帯電話売上高で世界首位、ノキアを抜く / The Wall Street Journal, Japan Online Edition – WSJ.com

売り上げの構成比率もすでに50%以上がiPhone。名実共にAppleはパソコンメーカーから脱却しました。10年前の自分に伝えても信じないだろうな…。

キーコーヒーの商品はキーコーヒーの「マイボトルで作ろう!水出しコーヒー」というコーヒー豆というか、ひいた豆をフィルターに入れた「ティーバッグのコーヒー版」。それをサーモスの「真空断熱ケータイマグ」と組み合わせて売るのだ。
コーヒー豆と水筒が手を組んだ!キーコーヒー+サーモスの場合《それゆけ!カナモリさん》(1) | 経営実務 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン

アイスコーヒーはけっこう時間がかかるので、この提案は嬉しいです。…じゃなくてクロスマーチャンダイジングの話ですね。1+1を2以上にする方法について。

『Silent Film Director 』は、撮影した動画をサイレント映画や昔のホームビデオ風のレトロな映像に変換するアプリです。
ありふれた映像が簡単な操作でノスタルジックなものに生まれ変わります。
iPhoneで撮影した動画をノスタルジックなサイレント映画風に変換する『Silent Film Director』 – Touch Lab – タッチ ラボ

これはかなり雰囲気のあるアプリ!記事中のサンプル動画もぜひ見てみてください。

今回紹介するAndroidアプリ「HexRinger」は、自宅を出たらAndroidスマートフォンのマナーモードを自動的にON、自宅に戻ったらマナーモードを自動的にOFFにしてくれるアプリで、マナーモードを設定を行うわずらわしさから開放してくれます。
自宅を出たら自動的にマナーモードをONにしてくれるAndroidアプリ「HexRinger」 | juggly.cn

こういうアプリこそ、まさにスマートフォンらしい!

リエコーヒー 水出しコーヒーパック(20g × 20パック)
リエコーヒー 水出しコーヒーパック(20g × 20パック)

posted with amazlet at 11.04.24
RKエンタープライズ

この記事を保存&シェアするなら……