\ お買い物マラソン開催中! /

iPadでキーボードを使うならこれが最適解!「Incase Workstation for Apple Wireless Keyboard and iPad」をレビュー!

  • URLをコピーしました!

Origami Workstationという、なんともデジタルと似合わない名称の製品があると知りまして。
Apple Wireless Keyboard専用のカバーらしく、それがiPadのスタンドにもなるという、一挙両得な製品のよう。ちょうど両方持っているので買ってみることにしました。
Incase Workstation for Apple Wireless Keyboard and iPad
こちらがパッケージ。片手で持てる軽さです。

裏面には生地を確認できる穴が空いていました。普段持ち歩くことになるものなので、こういうのって地味に便利です。

「オリガミワークステーション」の表記。

パッケージを開けると、入っているのはこれだけ。

裏面です。なぜコチラ側にもベルクロがあるのか?それはまた後ほど…。

開いてみます。真ん中あたりに何かありますね。

プラスチックのコネクタです。この形を見てピンと来た方、Apple Wireless Keyboard持ってますね?

そう、Apple Wireless Keyboardを接続するためのものでした。Apple Wireless Keyboardは乾電池を入れるスペースが丸くなっているので、そこにピッタリ合うように作られていました。おかげで、軽く持ち上げても全く落ちないド安定感です。

それでは本題の「オリガミ」部分へ。果たして折ってしまって大丈夫なのか?と不安になるような固さのカバーですが、後ろ側に倒します。

後ろ側でベルクロ同士をくっつけます。これでスタンドの出来上がり。

iPadを載せてみました。ピッタリです。もちろんグラグラしません。

縦画面バージョン。こちらも問題無し。往年のポートレートモニターのようです。

iPadは、結合部分にピッタリはまっている感じです。iPad用に何か特別な仕掛けがあるわけではありません。おそらくiPad以外のタブレット端末でも同じように立てかけることができると予想されます。

当然、iPhone4でも大丈夫。むしろ、なんだこのピラミッド?という感じがしなくもないです。

というわけで、

Apple Wireless Keyboardを持っている人でないと恩恵に預かれない製品ではありますが、この製品は持ち運ぶための専用ケースがないので、持っている人には超オススメです。

Apple Wireless Keyboardの剛性では、鞄の中の他のものを傷つけかねないですし、逆にキズが付いてしまったらそれはそれで悲しいので、こういう製品が出ることを期待していなかった分、満足度は大きいです。Apple Wireless Keyboardをお持ちの方、ぜひ!

【2020年4月追記】
他社製品ですが、Magic Keyboardに対応した同様の製品が登場しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX