iPhoneのストレージが少なくて困ったら……大容量128GBのLightning-USBフラッシュドライブをレビュー![PR]

飛行機に乗るとき、iPhone/iPadにあらかじめオフラインで使えるコンテンツを入れていくんですよね。今だとKindleコミックとか。本当はムービーも入れておきたいんですが、iPhoneのストレージを圧迫したり、iTunesに登録しておかないといけなかったり、何かと面倒。でも、今回紹介するようなLightningとUSBで共用できるUSBメモリなら、その悩みも解消しそうです。
※本レビューにあたって、 TaoTronics様より商品サンプルをご提供いただきました。

パッケージはとても小さな箱でした。

上蓋がぴったりはまっているので、そのままだと開きにくいです。箱の下から伸びている帯から開きましょう。

高級感のある中身です。とてもシンプル。これ、プレゼントにしてもよさそう。

本体は鍵の形をしています。とても小さい!

写真左のSanDisk iXpand(レビュー記事)や、写真右の一般的なUSBメモリと比較してもかなり小さいことがよく分かります。

わずかに10.2gと、超軽量。

USB側はUSB3.0仕様の青いコネクタです。

反対側のフタを取ると、Lightningコネクタが露出します。

Macに挿すと、ドライブの中には各国語のマニュアルが入っています。

iPhone 7 Plusに挿しています。

初回は、対応アプリ「iPlugmate」のインストールを促されます。

画像左がAppStoreの画面。ここからインストールして、アプリを起動すると右の画面になります。UI的には余白が多くて寂しい感じ。あと、「ビディオ」って……。

次に、メモリをMacにつないでスピードテストをしてみました。使用したアプリケーションはBlackmagicdesignのDisk Speed Test。しばらくテストを回してみましたが、説明書の上限値に近い値が出ていたのでびっくり。

マニュアルには、対応ファイル形式が明記してありました。一般的な画像・動画・書類フォーマットは対応しているようです。ともあれ、動画を持ち運ぶことを想定しているので、手持ちのファイルやサンプルファイルを探して、動画フォーマットを一通り検証してみました。(ファイルのコピーが速くて快適!上記のテストは伊達ではないです)。

動画フォーマットテストの結果は下記の表の通り。どれも問題なし。AVIだけは、4GB近いファイルで固まることがありましたが、2GB程度のファイルは正常に再生できました。

拡張子対応状況
.divx再生可
.flv再生可
.avi再生可
.wmv再生可
.mp4再生可
.m4v再生可
.mkv再生可
.rmvb再生可
なお、開封当初のフォーマットはFAT32なので、4GBを超えるファイルは保存できませんでした。気になる人はexFATでフォーマットし直して使うのがいいでしょう。

まとめ

makkyon
性能的には何の問題もなし。出張や海外旅行などで出かける際には、いろいろ持ち運んでみたいと思います。あと、iPhone/iPadからメモリ側にコピーもできるので、4K動画などを撮影してストレージが圧迫されるような場合には、一旦メモリに移動させて削除するという使い方もできて便利です!