\ 楽天スーパーセール開催中! /

カバンに放りこむならコレ!Apple Watchも充電できるパーフェクト・ハイブリッド・ワイヤレス・バッテリー!CIO CIO-MB20W-5000-MASをレビュー

  • URLをコピーしました!

モバイルバッテリーに求める機能が増えている……

ふとモバイルバッテリーの歴史を調べてみたところ、日本での走りとなった三洋電機(今はPanasonic)のeneloopモバイルブースターが2007年のこと(モバイルバッテリーのことを「モバブ」と略している人がいるのはコレが発祥)。

※ここから回想長めです。製品レビューを早く読みたい方は読み飛ばしてください。

2008年にはiPhone 3Gが登場、スマートフォンの普及とともにモバイルバッテリーの需要が高まっていきます。eneloopモバイルブースターのような充電式電池もありましたが、乾電池で動くモバイルバッテリーも多かった時代です。

2011年にはAnkerが創業し、さまざまな周辺機器が出てくる中で、徐々に「モバイルバッテリーならAnker」が広がっていきます。

2011年ごろにPQIのモバイルバッテリーのレビューを書いていましたが、わずか1,050mAhと、今から考えると一瞬で終わりそうな容量です。スマホのバッテリーも現在から比べるとずいぶん少なかったので、これでも十分に賄えていたんですね。

2013年ごろにはLightningケーブルを内蔵したモバイルバッテリーが存在しました。中身は三洋電機製でした。この頃にはかなり珍しかった製品です。

2015年ごろには、ACプラグを内蔵したモバイルバッテリーも存在していました。Panasonicの製品です。旅先でACアダプタを忘れて、初代12インチ MacBook(USB-Cを初搭載したMac)をこれで充電したのを思い出します。めちゃくちゃ遅かった。

この数年後にAnkerからPowerCore Fusion 5000が発売されて、大人気になったんですよね。PanasonicのQE-AL201は、コンセプトとしては先取りしすぎたのかもしれません。

2016年ごろ、Qiワイヤレス充電機能を持ったモバイルバッテリーが登場しました。iPhone初のQiワイヤレス充電を可能にしたiPhone XやiPhone 8の登場は2017年9月でした。

さらに、Apple Watchを充電できる製品が登場したり、USB PDによる急速充電が可能になったり、モバイルバッテリーは着々と進化を遂げていきました。

そして2021年、パーフェクトな機能を持ったモバイルバッテリーが登場しました。これ一つでほぼ完結してしまうのでは無いかと思えるほど、完全無欠なスペックです。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

MagSafeも使えてApple Watchも充電できるモバイルバッテリー

Makuakeで応援購入が可能だったのが、CIOのハイブリッドモバイルバッテリー「CIO-MB20W-5000-MAS」です。容量は5,000mAhと、スマートフォン1台分の標準的な容量のバッテリーですが、機能面で見るべき点が満載です。

CIO-MB20W-5000-MASは2021年にMakuakeで応援購入が実施され、5,148人の支援があり、総額2,740万円を集めたという大人気プロジェクトです。(株式会社CIOは大阪府守口市に本社を置く日本企業です)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX