CIO

カバンに放りこむならコレ!Apple Watchも充電できるパーフェクト・ハイブリッド・ワイヤレス・バッテリー!CIO CIO-MB20W-5000-MASをレビュー

モバイルバッテリーに求める機能が増えている……

ふとモバイルバッテリーの歴史を調べてみたところ、日本での走りとなった三洋電機(今はPanasonic)のeneloopモバイルブースターが2007年のこと(モバイルバッテリーのことを「モバブ」と略している人がいるのはコレが発祥)。

※ここから回想長めです。製品レビューを早く読みたい方は読み飛ばしてください。

2008年にはiPhone 3Gが登場、スマートフォンの普及とともにモバイルバッテリーの需要が高まっていきます。eneloopモバイルブースターのような充電式電池もありましたが、乾電池で動くモバイルバッテリーも多かった時代です。

2011年にはAnkerが創業し、さまざまな周辺機器が出てくる中で、徐々に「モバイルバッテリーならAnker」が広がっていきます。

2011年ごろにPQIのモバイルバッテリーのレビューを書いていましたが、わずか1,050mAhと、今から考えると一瞬で終わりそうな容量です。スマホのバッテリーも現在から比べるとずいぶん少なかったので、これでも十分に賄えていたんですね。

なぜかiPhoneケースが付いてる携帯バッテリー「PQI i-power105 iPhone用 携帯型バッテリー 1050mA」をレビュー!Dockコネクタに直接接続できるモバイルバッテリーを購入してみました。 パッケージの裏側にはなぜかiPhoneケースがおまけで付い...

2013年ごろにはLightningケーブルを内蔵したモバイルバッテリーが存在しました。中身は三洋電機製でした。この頃にはかなり珍しかった製品です。

モバイルバッテリーは“ケーブル内蔵”が最高!au謹製のiPhone専用バッテリーは三洋製?基本的に荷物は少なくしたい派です。 モバイルバッテリー自体も本来は持ち歩きたくないのですが、iPhoneの電池持ちを考えると、今はまだ...

2015年ごろには、ACプラグを内蔵したモバイルバッテリーも存在していました。Panasonicの製品です。旅先でACアダプタを忘れて、初代12インチ MacBook(USB-Cを初搭載したMac)をこれで充電したのを思い出します。めちゃくちゃ遅かった。

Panasonic QE-AL201 レビュー/旅行に必携かも。モバイルバッテリー付きのUSB-AC充電器が超お役立ち!先日、旅行に行った際にモバイルバッテリーも持って行ったんですよ。旅先って何かと調べ物が多くなるじゃないですか。あと写真も撮って一緒に行っ...

この数年後にAnkerからPowerCore Fusion 5000が発売されて、大人気になったんですよね。PanasonicのQE-AL201は、コンセプトとしては先取りしすぎたのかもしれません。

2016年ごろ、Qiワイヤレス充電機能を持ったモバイルバッテリーが登場しました。iPhone初のQiワイヤレス充電を可能にしたiPhone XやiPhone 8の登場は2017年9月でした。

モバイルバッテリーなのにQiワイヤレス充電可!Qtuoの大容量7000mAhのバッテリーをレビュー![PR]いまどきの大容量モバイルバッテリーは、2台3台の同時充電は当たり前のようになってきていますが、Qiで給電しつつ、USBケーブルでの同時充...

さらに、Apple Watchを充電できる製品が登場したり、USB PDによる急速充電が可能になったり、モバイルバッテリーは着々と進化を遂げていきました。

そして2021年、パーフェクトな機能を持ったモバイルバッテリーが登場しました。これ一つでほぼ完結してしまうのでは無いかと思えるほど、完全無欠なスペックです。

MagSafeも使えてApple Watchも充電できるモバイルバッテリー

Makuakeで応援購入が可能だったのが、CIOのハイブリッドモバイルバッテリー「CIO-MB20W-5000-MAS」です。容量は5,000mAhと、スマートフォン1台分の標準的な容量のバッテリーですが、機能面で見るべき点が満載です。

CIO-MB20W-5000-MASは2021年にMakuakeで応援購入が実施され、5,148人の支援があり、総額2,740万円を集めたという大人気プロジェクトです。(株式会社CIOは大阪府守口市に本社を置く日本企業です)

その後、一般販売が開始され、Amazonや楽天市場で購入することが可能になりました。楽天市場の「machino omise(町のお店)」はCIOの公式ストアです。

今回はMakuakeで入手した製品をレビューしていきましょう。

ハイブリッドワイヤレスバッテリー CIO-MB20W-5000-MASをレビュー

こちらがCIO-MB20W-5000-MASのパッケージです。ホワイトを基調として、パーブルをキーカラーにしたシンプルなデザインです。

パッケージ側面には「マグネット充電対応」「Apple Watch充電対応」「スタンド付き」という、バッテリー以外の特徴が明示されています。

内容物は、取扱説明書とCIO-MB20W-5000-MASバッテリー本体、USBケーブルが含まれています。

CIO-MB20W-5000-MAS自体は、片手に収まるコンパクトサイズです。正面にはCIOのロゴがエンボス処理されており、下部にはスタンドが内蔵されています。

背面には円形のパーツがあり、ワイヤレス充電位置の目印になっています。

底面には、スタートスイッチ、受給電用のUSB-Cポート、残量LEDが並びます。

iPhone 12シリーズ以降に搭載されたMagSafeで吸着するので、ケーブル不要でワイヤレス充電が可能です。(ただし「MagSafe充電」ではないので、7.5Wの急速充電になります)

ここで使用しているのは、MagSafe対応ケースとしては最軽量級のPITAKAのMagEZ Case 2です。

MagSafe対応ケースの最軽量はコレだ!PITAKA MagEZ Case 2 for iPhone 13 Pro Maxをレビュー 目標は30g未満、軽量級のMagSafeケースを探す iPhone 12 シリーズから採用されたMagSafe機構。ケースにもマ...

MagSafe非対応のケースや、薄型のケースでは磁力が弱く吸着しません。iPhoneにケースを装着しない or MagSafe対応ケースを装着するようにしましょう。

前モデルより安定感が増したキックスタンド!

第一印象で気になったのは、シルバーのパーツで作られたキックスタンドです。スタンド自体はバッテリーケースに収納されてフラットになっていますが、爪をかけて取り出せるよう、凹みが付けられています。

少し強めに引き出すことができます。収納するときはパタン、と勢いよく閉じます。

さて、見出しに「前モデル」と書いたので、何のこと?と思われたかもしれません。CIO-MB20W-5000-MASには前身となる製品が存在します。CIO-MB5000-MAG(写真左)です。

CIO-MB5000-MAGは、MagSafeで吸着するワイヤレスバッテリーとして、iPhone 12シリーズの発売後に登場しました。他社製品がほとんど存在しない時期で、かなり早いスピードで開発されたようです。重宝しました。当時のレビュー記事はこちら。

CIO-MB5000-MAG レビュー/出た、MagSafe対応のモバイルバッテリー!あのシールでiPhone 8でも使える……?MagSafeの本命は、モバイルバッテリー? iPhone 12シリーズから導入されたMagSafe。充電スタンドやマグネットステッカ...

重量を見ていきましょう。前モデルにあたるCIO-MB5000-MAGは、133.9g。

CIO-MB20W-5000-MASは149.3gと、やや重くなりまし。ただし、Apple Watchの充電ができたり、一般的なQiワイヤレス充電がサポートされています。

CIO-MB5000-MAG(写真左)は薄くコンパクトなモバイルバッテリーですが、キックスタンド部分が出っぱっていることに加え、スタンドそのものの作りがヤワでした。

その点、CIO-MB20W-5000-MASはスマートに収納でき、剛性も十分に確保されています。iPhoneを横向きにして、充電しながらランドスケープモードで立てることができます。

キックスタンドの剛性を気にしているのは、前モデルでは縦向き、ポートレートモードで立てることができなかったからです。CIO-MB20W-5000-MASは縦向きにしても、安定してiPhoneを立てることができます。

iPhoneを縦向きに立てたいシチュエーションって意外と多いので、どちらの向きでも安定して使えるのは、助かります。

ワイヤレスでも有線でも!デバイスに合わせた充電方法が選べる

CIO-MB20W-5000-MASは、iPhoneをMagSafeで吸着してワイヤレス充電できるほか、Qiワイヤレス充電に対応したデバイス、たとえば完全ワイヤレスイヤホンを充電することもできます。

NOTHING ear(1)は、トランスルーセントな完全ワイヤレスイヤホンで、これまでのイヤホンのイメージを覆すデザインです。そのデザインに見合うように音も綺麗で、オススメです!

NOTHING ear(1) レビュー/スケルトン?トランスルーセント?無色透明な美しい完全ワイヤレスイヤホン! たびたびやってくる半透明=トランスルーセントブーム。特に1990年代はトランスルーセントのガジェットが多かったように思います。携帯電話...

USB-C to USB-Cケーブルを使えば、従来のモバイルバッテリー同様に充電も行えます。

USB PDに対応しているので、MacBook Airへの給電も行えます。

macOSのシステム情報を見てみると、20WのACアダプターとして認識されていました。

そして、CIO-MB20W-5000-MASの最大の特徴は、Apple Watchも充電できること。Apple Watchの充電には専用のケーブルが必要でしたが、本製品はそのまま充電することができます。

例えば、旅先でビジネスホテルに泊まると、客室にUSBポートがあることは珍しくなく、フロントでLightningケーブルを借りれたりするので、iPhoneの充電には意外と困りません。しかし、Apple Watchの充電ケーブルを用意しているホテルはあまり聞いたことがありません。(あるんですかね?)

そして、CIO-MB20W-5000-MASは2台同時充電もできます。iPhoneをMagSafeで吸着させてワイヤレス充電しつつ、iPad Proをケーブルで充電させられます。

また、USB-ACアダプターを使ってコンセントに挿せば、iPhoneを充電して、それからバッテリーを充電することも可能です。

上の写真で使用しているUSB-ACアダプターはベルキン製のものです。板ガムのケースのようなスリムさで、手軽に使える魅力があります。

Belkin BOOST↑CHARGE PRO GaN Wall Charger レビュー/USB PD 20W出力可能な超小型充電器!ACアダプターは壁づけで作って欲しい…… 壁面のコンセントにACアダプターを挿すと、出っ張りが気になることありませんか? 私が以...

CIO-MB20W-5000-MASのまとめ

CIO-MB20W-5000-MASは、デザインや機能性も十分で、その上「全部入り」という魅力的な製品です。Apple WatchとiPhone 12シリーズ以降を使っているなら、強くオススメしたいモバイルバッテリーです。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
CIO-MB20W-5000-MAS
評価
51star1star1star1star1star
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ

本日5のつく日!PayPay残高かヤフーカードなら【5%】戻ってくる!Yahoo!ショッピング
+