\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

モバイルバッテリーなのにQiワイヤレス充電可!Qtuoの大容量7000mAhのバッテリーをレビュー![PR]

  • URLをコピーしました!

いまどきの大容量モバイルバッテリーは、2台3台の同時充電は当たり前のようになってきていますが、Qiで給電しつつ、USBケーブルでの同時充電にも対応したバッテリーがあったようです。

※本レビューにあたって、QTuo社より商品サンプルをご提供いただきました。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

Qtuoの大容量7000mAhのバッテリー

7000mAhの表示がある、WIRELESS & WIRED POWER BANKのパッケージ。

開封したときのメッセージは「Welcome!」。気取らない感じですね。

付属品は、microUSBケーブル、WIRELESS CHARGER本体、ユーザーマニュアルの最小構成。

こちらが本体。グリーンの目立つ「+」マークがQi充電可能な部分です。バッテリーそのものの表面はスベスベしていて、滑りそうです。

重量は、174.2g。iPhone 6 Plusくらいの重さですね。

入出力用のポートが並びます。中央はバッテリー本体を充電するためのmicroUSBポート。その両脇が出力用のUSBポートです。右端のボタンを押すと……

側面のLEDが点灯します。これで充電状況が分かるようになっています。

Qiケースを付けたiPhone 6s(レビュー記事)をバッテリーの「+」マークの上に置くと一呼吸おいて充電が始まります。これこそ本当のワイヤレス充電!

もちろん、ワイヤレス充電しながら、USBケーブルでの同時充電も可能。2台を充電するのにケーブル1本、これはなかなか便利です。

使ってみた感想

いいところ

Qi対応であれば、何も考えずに置いて使えてしまう気軽さ。また、2台充電しても余裕な7,000mAhという容量も嬉しいところ。

惜しいところ

モバイルバッテリーの表面素材が滑りやすいんですよね。デスク上にスマホを重ねて使うことを考えると、逆に滑りにくい素材にしてほしかった。形状もラウンドしていますが、これも逆に、もう少し四角くてよかったかも。重ねて使うことを考慮して、ラバーバンドを付属させるのもよさそう。

まとめ

Qi対応スマホを持っていれば、まず持っておきたいモバイルバッテリーでしょう。(7,000mAhの容量がありながら、重量は200g以下なので普通のモバイルバッテリーとしても遜色ありません。)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX