\ 最大10%ポイント追加! /

東京マラソンで活躍したオススメアイテム10選!初心者ランナーでも(ギリギリ)完走できた!

  • URLをコピーしました!

東京マラソン完走!

東京マラソン完走しました。足切りギリギリながら……。フルマラソン初挑戦でいろいろ苦い思いもありましたが、実力不足を補ってくれたのは、ひとえに高度に発達したツールのおかげかなと思いました。

INDEX

東京マラソンに備えるオススメアイテム10選

そこで、これからフルマラソンに挑戦するあなたに、今回買って役に立ったランニングギア&ガジェット10選をご紹介します!(どれか一つでも欠けたら完走できなかったはず…)ちなみに、スマホは必須で持っていくものなので、リストには入っていません。

1. ランニングシューズ

何はなくともこれ。シューズはいいものを選んでおきたい。一人で調べて決めずに店員さんのアドバイスを聞いて買わないと後悔するかも。

今なら、ZOZOMATを使って、ZOZOSHOESで買うのもアリですね。

2. スポーツタイツ

東京マラソンの実施時期は冬です。体が温まってくればいいですが、朝はかなりの極寒です。ユニクロのタイツで練習していましたが、20kmを超えたあたりで膝の痛みが気になり始めました。

そこで、サポーターを探していたところ、スポーツタイツが膝の痛みを軽減してくれるようで買ってみた。完走後、太もももふくらはぎも筋肉痛にならず、効果を実感。膝の痛みは多少はありましたが、このスポーツタイツがなければ完走できなかったかも……。

Amazonなら試着サービスの「Prime Try Before You Buy(旧 プライム・ワードローブ)」を使えば、サイズ違いやメーカー違いの製品をまとめて取り寄せて、お試しすることができます。

3. ワイヤレスイヤホン

マラソンはいかにマイペースを保つかが重要と思い、Nike+と連携する目的で購入。1kmあたりの経過時間を音声フィードバックで教えてくれるので、ペースを気にしながら走ることができ、闇雲に早く走ってスタミナを切らすことはなかったです。最後までバッテリーももちました。

今なら防水にも対応した、骨伝導ワイヤレスイヤホンがオススメです。

4. ウエストポーチ

ペットボトルが取り出しやすいウエストポーチを使っていましたが、走っているうちに揺れが気になりだすんですよね。できるだけ、こうしたストレスは無くしたい……。

さらに、東京マラソンではペットボトルの持ち込みが禁止されたので「揺れないこと」「収納力」でウエストポーチを選んでみました。

このベルト、見た目からは考えられないほど物が入るんです。東京マラソン本番では、

  • iPhone
  • 家のカギ(ベルトの中に、カギ用のフックがある)
  • エネルギーサプリ(ゼリー状のやつ)×2
  • チョコバー×2
  • モバイルバッテリー(後述)×2
  • Lightningケーブル×1
  • ポンチョ(後述)
  • その他カード類(数枚)

が入りました。

さらに、鍵を引っ掛けるためのフックまであります。それでいて走っていて落ちることもなく、揺れることもありません。抜群の安定感でした。今もジムに行く際に使っています。手ぶらで行けます。

5. モバイルバッテリー+Lightningケーブル

いくら最近のスマホのバッテリーの持ちがいいからと言って、最後までもつとは限りません。終盤になってくるとやはり必要でした。

もし、あなたのiPhoneが12シリーズ以降であれば、ケーブルが不要なMagSafe対応バッテリーがオススメです。

6. 五本指ソックス(滑り止め付き)

以前に山手線一周ウォーキングで50km近く歩いたとき、足の裏が靴擦れになっていたんですよ。

ましてや今回は走るのだから、グリップのいいやつを買わねば!と買ってみました。おかげで、完走後も足の裏は綺麗なものでした(もちろんシューズのおかげもあるけど)。

なお、足裏に滑り止めのあるタイプじゃないと、摩擦で足裏の皮がズルズルになったりします……。ご注意ください。

7. 雨具(ポンチョ)

晴れの予想なら、いらなかったんだけど。当日は小雨が降りそうだったので、念のため買ってみたところ、スタート前に降り出す始末。序盤には雨は止んでいたけど。これのおかげで、さして濡れることもなく、あと防寒にも役立ちました。

とりあえず安い(200円台)ので、おひとつどうぞ。

8. エネルギーサプリメント

東京マラソンでは、補給所がところどころにあるので、神経質にならなくてもいいんですが、エネルギー切れは急にやってきます。そんなときに持っておけば安心です。

ジェル状のサプリメントって、コンビニに売っているやつだとそこそこ幅も厚さもあるんですが、スポーツ用のものはコンパクトですね。CLIF SHOT GELという製品を2つ持っていったんですが、今は売ってないようです。1本満足バーのようなものでも大丈夫です。(そもそも補給所があるので)

9. 東京マラソン記念Tシャツ

ランナーの皆さんには記念品のTシャツが配られます。とりあえず、替えのTシャツということで。

10. 長袖のインナーシャツ

下半身にはお金をかけましたけども、上半身はわりと安めに。東京マラソンの行われる2月は超絶寒いので、防寒・保温に対応したシャツを着ていきましょう。吸汗速乾タイプじゃないと、(真冬でも)汗でビタビタになるので、気をつけて。

買ったけど使わなかったもの

ちなみに、買ったのに使わなかったのは、iPhoneを腕につけるためのアームバンド。iPhoneがウエストポーチに入っちゃったもんだから、余計な荷物かなと思って使いませんでした。

いろいろと出費の多い東京マラソンでしたが、これらのアイテムがなかったら完走できていたかどうか。
これからフルマラソンに挑戦するあなたの助けになれば。よいランを!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる