Android

au Mi 10 Lite 5G レビュー/4万円台のリーズナブルな5Gスマートフォン!赤外線搭載で家電のリモコンになる?

2020年は5G元年だったのだけど……

2020年3月末にキャリア各社は5Gサービスを開始しました。しかし、主要3社ともエリア展開は散発的で、5Gが使えるエリアは極々一部。折しも新型コロナウイルス禍もあって、5Gはまだまだ広がりそうにありません……。

5Gスマートフォンは……高すぎる?

5Gのサービスがいまいち盛り上がっていない理由の一つに、5G対応端末の問題があります。2020年9月頭時点での、各キャリアの端末のラインナップと金額は下記の表の通りです。金額が高い順に並んでいます。(金額は各キャリアで明示してある支払総額です。)

ドコモ スマートフォン(5G)
  • 118,052円 Xperia 1 II SO-51A
  • 112,508円 LG V60 ThinQ 5G L-51A
  • 112,508円 arrows 5G F-51A
  • 109,340円 Galaxy S20+ 5G SC-52A
  • 106,172円 AQUOS R5G SH-51A
  •  97,460円 Galaxy S20 5G SC-51A
au 5G スマートフォン
  • 165,980円 Galaxy S20 Ultra 5G SCG03
  • 133,600円 Xperia 1 II SOG01
  • 133,280円 Galaxy S20+ 5G SCG02
  • 117,480円 Galaxy S20 5G SCG01
  • 106,870円 AQUOS R5G SHG01
  •  92,040円 OPPO Find X2 Pro OPG01
  •  59,980円 ZTE a1 ZTG01
  •  42,740円 Mi 10 Lite 5G XIG01
Softbank 5G スマートフォン
  • 139,680円 LG V60 ThinQ 5G
  • 129,600円 AQUOS R5G
  •  72,720円 ZTE Axon 10 Pro 5G
  •  68,400円 OPPO Reno3 5G

表を見ていただくと分かるように、どれも10万円超えで「高過ぎる」のです。年々買い替えサイクルが長くなってきていることもあり、分割払いとはいえおいそれと買いづらい状況です。

本来、ここにHuaweiがいれば状況は変わったのかもしれませんが、Huaweiは米国の措置によりGMSが載せられず、今後もキャリアモデルが登場することは無さそうです。(SIMフリーモデルなら国内正規品が買えます)

HUAWEI P40 Pro 5G レビュー/HMS?5G通信?カメラ?いやいや、デスクトップモードで使うのが楽しい!逆境のHUAWEI、気になる新製品…… HUAWEIスマートフォンはハイエンドからローエンドまで質の高い製品が揃っていて市場でも人気で...
しかし、表をよく見てもらうと、1機種だけ5万円を切る妙に安いスマートフォンがあるのにお気づきでしょうか……?

キャリアモデルとなったXiaomiのスマートフォン「Mi 10 Lite 5G」

今回購入したのは、実売4万円ちょっとで買えるXiaomiのAndroidスマートフォン「Mi 10 Lite 5G」です。auのキャリアモデルを購入しました。

Xiaomiの知名度は日本国内ではまだまだでしょうが、わが家では非スマートフォン分野からじわじわ浸食されつつあります。いくつか紹介します。

Amazonで買える「Mi Smart Band 4」は4,000円を切る低価格にも関わらず完成度の高いスマートバンドです。

Xiaomi Mi Smart Band 4 レビュー/超低価格なスマートバンド、あの機能があるだけで魅力度アップ!Xiaomi、ついに日本市場へ参入 Xiaomiといえば、世界でも有数のスマートフォンメーカーです。2019年12月に正式に日本市場に...
この夏にわが家で大活躍した「Smartmi スマート扇風機2S」は4時間の充電で約20時間稼働するコードレス扇風機です。操作系はシンプルに、全ての操作はアプリから行えます。

Smartmi スマート扇風機2S レビュー/どこでも持ち運べるコードレス扇風機!シンプルなのにアプリ対応で多機能!家の中からコードを減らしたい…… 技術は着実に進歩していますが、私たちはまだまだコードに縛られています。スマートフォンやPCの関連機器...
ShunzaoはMi Ecosystem(シャオミ・エコシステム)に属する企業です。強力な吸引力を持ちながら、格安のサイクロン掃除機です。

shunzao コードレス掃除機 Z11 Pro レビュー/パワフルな吸引力と豊富なクリーナーヘッドで掃除が楽しくなる?クラウドファンディングで掃除機買ってみる? クラウドファンディングのいいところは、今回紹介するZ11 Proのように、日本未発売の海外...
そして、今回はついにスマートフォンを入手しました。

au Mi 10 Lite 5Gをレビュー

Mi 10 Lite 5Gは、オールブラックな中に「10」の文字がキラキラ光るパッケージに収められています。

パッケージを触ってみてひしひし感じるのは、Apple製品への意識です。(正面写真はないものの)デザイン、箱自体の頑丈さ、フタの密着感(ゆっくり持ち上げるタイプ)、本体・付属品の収納方法に至るまで、iPhoneの新モデルかな?と思うようなパッケージです。

とはいえ、そんな中で浮いているのが「au 5G」の取ってつけたようなシールです。キャリア別に作るようなことはしないようです。(側面の「au」表示もシールです)

それでは、Mi 10 Lite 5Gの本体レビューに進みましょう。

Mi 10 Lite 5Gは、“何も買い足さなくていい”?

Mi 10 Lite 5Gに含まれているものは次の通り、充電用のUSBケーブル(USB-C)、USB-AC充電器、クイックスタートガイド類、Mi 10 Lite 5G本体、専用画面保護フィルム(貼り付け済み)、専用保護ケースとなっています。

充電器は、最大で22.5W(10V 2.25A)を供給してくれる急速充電仕様になっていて、20Wの急速充電が可能です。USB PDにも対応していますが、最大供給電力を考えるとこちらが速そうです。

これ一つで十分だと思いますが、持ち運び用にもう一つ欲しいという方は、AnkerのスリムタイプのUSB PD充電器がオススメです。

Anker PowerPort Atom III Slim レビュー/最大30W対応の超薄型USB PDアダプタ登場!USB PDアダプターの、とある欠点とは…… ノートPCだけでなく、iPhoneやニンテンドー スイッチにも搭載され、すっかり定着した...
画面保護フィルム(貼付済)、保護ケース、急速充電器と、必要なものは揃っており、もし店員さんに薦められても断りましょう。

Mi 10 Lite 5Gの背面は、ついつい眺めたくなる美しさ

Mi 10 Lite 5Gのauモデルは、コズミックグレーとドリームホワイトの2色があり、今回購入したのはドリームホワイトです。

光の角度によって色が変わる、白くて青くて美しい光沢色です。

AI 4眼カメラは、左上に約4,800万画素のメインカメラ、左下に約800万画素の超広角カメラ、右上に約200万画素のマクロカメラ、右下に約200万画素の深度センサーと、盛り沢山のラインナップです。

Mi 10 Lite 5Gは約6.6インチのディスプレイを搭載した大型のスマートフォンですが、重量は193.6gで、200gを切っています。

フロント側を見てみましょう。狭額縁のディスプレイで、画面占有率も高くなっています。

フロントカメラは浅いティアドロップ型で、画面上の違和感は少なめです。

また、認証方法として、2D顔認証に加えて画面内指紋認証まで対応しています。マスクが欠かせないこの時期でも、指紋認証が使えればマスクを外す必要はありません。

Mi 10 Lite 5Gの上部には3.5mmイヤホンジャックがあります。

有線イヤホンも使えます。しかも、Mi 10 Lite 5Gは有線であればハイレゾ対応なので、いい音で聴くことができます。

AUDIOSENSE DT200 レビュー/Knowles製バランスドアーマチュアを2基搭載した、音も見た目も美しいBAイヤホン!まだまだ知らないイヤホンが多い…… 今回、HiFiGoさんからお声がけいただいて、イヤホンの製品サンプルをお送りいただいたんですが、存...
Mi 10 Lite 5Gの下部には、SIMカードスロットやUSB-Cポートがあります。

SIMカードトレイはシングルスロットになっています。ただ、トレイの大きさはデュアルスロットサイズ、内部的にはデュアルSIMに対応できたりして……(知らんけど)。

ただ、デザイン的に気になるのは、ディスプレイ四隅のカーブ。

アイコンにギリギリまで迫っており、デザイン処理としては美しくないですね。

Mi 10 Lite 5G専用保護ケースは透明度の高い美しさ

標準で付属している専用保護ケースは、Mi 10 Lite 5Gの美しさを損なわない、高い透明度のあるソフトケースになっています。

エッジは画面より少し高くなっています。

AI 4眼カメラ周りもケースの方が少しだけ高くなっています。

持った感じ、滑りにくくなって、ホールド感もよくなります。

キャリアモデルなので、各周辺機器メーカーからケースが出るはずですが、ベーシックなケースとしてはこれで十分でしょう。

Mi 10 Lite 5GとiPhone 11 Pro Maxと比較する

Mi 10 Lite 5Gは6.6インチの有機ELディスプレイで193.6gという軽量さですが、ここで、6.5インチの画面サイズを持つiPhone 11 Pro Max(写真右)と比較してみましょう。

画面側を見ると、Mi 10 Lite 5Gのほうが縦に長く見えましたが、背面で見ると、Mi 10 Lite 5Gはだいぶスリムに見えます。

そして一番気になるのはカメラ部分の比較です。iPhone 11 Pro Maxは3眼、Mi 10 Lite 5Gは4眼です。しかし、Mi 10 Lite 5Gはカメラユニット全体が黒く覆われているので、気持ち悪さは軽減されています。

同じような画面サイズではあるものの、やはり一番の違いは「重さ」でしょう。iPhone 11 Pro Maxに比べると、Mi 10 LIte 5Gは圧倒的に軽いです。

ハイレゾオーディオはいい音を奏でてくれる

さて、地味にいいポイントなのが、ハイレゾオーディオに対応した3.5mmイヤホンジャックです。一時期、スマホからイヤホンジャックを排する流れが強かったものの、最近は逆にイヤホンジャック搭載をアピールポイントにするスマホが増えてきました。

そして、Mi 10 Lite 5Gはイヤホンジャックを搭載するだけでなく、ハイレゾオーディオ対応を打ち出しています。

私はサブスクの音楽サービスサービスはてAmazon Music HDに加入しているので、Ultra HD音源を聴いていますが、直挿しの3.5mmイヤホンでも十分な音質を出していると感じます。ワイヤレスオーディオは日進月歩で進化していますが、まだまだ有線には敵わないですね……。

Mi 10 Lite 5Gはカメラ・写真系が充実している

Mi 10 Lite 5Gに搭載されている機能で面白いと思ったのは、カメラメニューのショートビデオで使える「AI魔法万華鏡エフェクト」。万華鏡のエフェクトが出せて、複数のフレームがある。実際の動画は以下のツイートにて。


写真の基本機能もよくできていて、AIが最適なシーンを選択して撮ってくれるらしい。うどんも鮮やか。

西新宿に向かう道すがら、都庁を撮ってみた。これは標準画角。

それから、超広角へ。

それからズーム。自然な彩度で精細感もあり、綺麗な写真が撮れる。

それからぜひ一度試してもらいたいのが「AIスカイスケイピング」。これはギャラリーアプリで使える編集機能。

空を差し替えることで、昼間の画像を星空にしたり、晴天の画像を雨にすることもできます。

実際に、先ほどの都庁の画像を晴天に変更してみました。

これは「銀河」。

これは「フレア」。現実にはあり得ない風景です。

季節を変えることもできます。これは「積雪」。

さらに動画にすることまでできます。自然な合成なので、違和感も少ない。これもAIのなせる技なのか。


Mi 10 Lite 5Gはカメラ機能や写真加工が充実していて、別途アプリを落さなくても十分に楽しむことができます。

赤外線ブラスターで、家電のリモコンになる

そして、地味な機能ではあるものの、確実に生活の中で役立つのが「赤外線リモコン」です。Mi 10 Lite 5Gには赤外線ブラスターが内蔵されているので、テレビやエアコンのリモコンになるのですよ。

Miリモートアプリを開くと、どの家電を操作するのか、カテゴリーを選択します。

例えばテレビを選択すると、主要なテレビメーカーが並ぶのでその中から選択します。その後、実際にテレビが反応するか確認して設定は完了です。

リモコンはこのように表示され、電源やチャンネル、音量といった基本的なものから、ホームボタン、カーソルといった最近のテレビで必要なものまで備えています。

しかも、設定後はいちいちMiリモートアプリを開かずとも、各リモコン別のアプリショートカットができており、ダイレクトにリモコンを呼び出せるのです。これは便利!

最近の家電はネットワーク機能やBluetooth機能を内蔵しているので、スマホアプリがリモコンになるものが増えてきましたが、まだごく一部に限られます。この赤外線ブラスターなら、日本中のほぼ全ての家電に対応できるので、利便性は非常に高いでしょう!

家電も作っているXiaomiならではの使いやすさです。

5G通信はどれだけ速いのか、測定してみた

さて、せっかく5G通信契約にしたので、5Gの速度を試してみたいところ。ただ、東京都内でさえ、auで5G通信可能なエリアはごくわずか……。

そこで最も確実そうな場所に来てみました。西新宿にあるKDDIビルです。都内でも数少ない5Gのエリアの一つです。KDDI本社は飯田橋ですが、登記上の本店はここ。

この場所でMi 10 Lite 5Gのアンテナピクトを見ると、5G表示に切り替わっていました。

そこでスピードテストを実行してみたところ、下り400Mbps前後の数値を叩き出しました!これはもう固定回線並みの速度です。(理論値では、下り最大2.8Gbps)

このあと5Gエリアを離れ、新宿駅付近で4Gでのスピードテストを実行してみたところ、下り20〜30Mbpsをうろうろ……。早く5Gのエリアが広がってほしいものです。

まとめ

Mi 10 Lite 5Gは、5Gデビューのスマートフォンとして十分な機能を備えた端末でした。10万円を超える高級機もいいのですが、案外これで満足できてしまう方は多いのではないでしょうか?オススメです!なお、FelicaやQiワイヤレス充電、フルセグ・ワンセグや防水機能はないので、こういった機能が欲しい方はご注意ください。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
Mi 10 Lite 5G
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ

Amazon タイムセール祭り 開催中! 9/21[月] 23:59 までセール対象製品を見る >>
+