\ 最大10%ポイント追加! /

Anker PowerPort Atom III Slim レビュー/最大30W対応の超薄型USB PDアダプタ登場!

  • URLをコピーしました!

USB PDアダプターの、とある欠点とは……

ノートPCだけでなく、iPhoneやニンテンドー スイッチにも搭載され、すっかり定着した感のあるUSB PowerDelivery(以下、USB PD)、各社から様々なスペックを持った、様々なデザインのACアダプタが登場しました。本サイトでもUSB PDアダプター関連は多数レビューしています。

しかし、USB PDアダプターも小型化・大電力化が進み、スペック的にも大半の人には十分な域に達しています。今後はポート数を増やしつつ、大電力・小型化が進む、という方向で新製品が登場していくでしょう。
そんな、万能のUSB PDアダプターですが、一点だけ不満に感じていることがあります。

INDEX

Ankerから超薄型のUSB PDアダプタが登場

Ankerの新製品発表で知ったのがこの超薄型のUSB PDアダプタ。最大30WというMacBook Airへフルで給電できる性能を持ちながら、胸ポケットに収まる超薄型を実現しています。

さっそく購入してみましたので、レビューしてみます。このAnker PowerPort Atom III Slimが、とある問題を解決してくれるのです。

Anker PowerPort Atom III Slimをレビュー

見慣れたAnkerのホワイトとブルーのパッケージですが……

パッケージがすでに薄いですね、これは期待できます。ちなみに、Amazonで注文したらクッション封筒に入って、届きました。それくらいのサイズです。

内容物は、ユーザーマニュアルとAnker PowerPort Atom III Slimのみです。

これが「世界最薄」を謳うAnker PowerPort Atom III Slimです。GaN(窒化ガリウム)採用もあって、極小のデバイスに仕上がっています。そして、AnkerのUSB-AC充電器としては珍しい、表面に網目処理が施されています。

こういった極小デバイスを語る際によく言われるのが「クレジットカードサイズ大」ですが、Anker PowerPort Atom III Slimはなんと、クレジットカードよりもさらに、ひと回り小さいのです。

iPhone XS Maxと比べてください。最大30Wも出すACアダプタとは思えない、極小のサイズ感です。

約16mmのAnker PowerPort Atom III Slimを、ケースを外したiPhone XS Maxと厚さ比較してみました。さすがにiPhoneには敵いませんが、十分に薄いと言えるサイズ感です。

また、Anker PowerPort Atom III Slimは、当然のようにプラグ収納機構を備えています。

プラグは90度開きます。

超小型、超薄型のUSB PDアダプターであることが分かってもらえたでしょうか。続けて、他機種とも比較してみます。

AnkerのPowerPort III miniと比較

そして、USB PDの極小アダプターと言えば、同じくAnkerのPowerPort III mini(写真右)との比較を忘れてはいけません。フットプリントだけを見ると、Anker PowerPort III miniがコンパクトですが、薄さは圧倒的にAnker PowerPort Atom III Slim(写真左)です。

https://www.makkyon.com/2019/08/14/anker-powerport-iii-mini/
Anker PowerPort III miniの重量は63.3gです。

しかし、Anker PowerPort Atom III Slimはさらに下回る56.8gと、プラグ収納機構のないAnker PowerPort Atom PD 1(54.5g)に迫る値です。

https://www.makkyon.com/2019/02/21/anker-powerport-atom-pd-1/
Anker PowerPort Atom III Slimは、超小型・超薄型・超軽量、と三拍子揃ったUSB PDアダプターです。

USB PD搭載で、iPhoneもMacBook Airも問題なし

Anker PowerPort Atom III Slimをコンセントに繋ぐと、ブルーのLEDが点灯します。

ユーザーマニュアルによれば、Anker PowerPort Atom III Slimの出力は、

  • 5V – 2.4A
  • 9V – 3A
  • 15V – 2A
  • 20V – 15A

となっています。計測してみると、同じ値が出てきます(当たり前です)。

iPhone XS Maxに接続してみました。9V 3Aで出力できているようです。

MacBook Airに接続してみました。20V 1.5Aで出力されているようです。

iPhoneからiPad、MacBook Airに至るまで、このAnker PowerPort Atom III Slim一つでカバーできます。

PowerIQ 3.0搭載だからQuickChargeも問題なし

そして、AnkerがUSB-Cポートに積極的に採用しているのが独自技術のPowerIQ 3.0です。もちろんAnker PowerPort Atom III Slimにも搭載されています。

PowerIQ 3.0は、QuickChargeとUSB PDを自動的に判別して切り替えてくれるので、QuickCharge搭載のAndroidスマホでも急速充電が可能になります。
Anker PowerPort III miniとPowerPort Atom III 2のレビュー記事でもレビューしていますので、参考にしてみてください。
https://www.makkyon.com/2019/09/01/anker-powerport-atom-iii-2/

安定して壁付けできるACアダプタって、超貴重

ところで、Anker PowerPort Atom III Slimは「超薄型」という形状が特徴ですが、私の推しポイントは「壁付けできる」です。
「壁付けできる」がどういうことなのか、モバイルバッテリー搭載のAC充電器 Anker PowerCore Fusion 5000で見ていきましょう。

https://www.makkyon.com/2017/04/03/anker-powercore-fusion/
実は、壁面のコンセントがゆるい場合、このように自重で傾いてしまうことがあるのです。

PowerCore Fusion 5000は重量が190g程度あるため、コンセントがゆるいと外れかかったり、最悪の場合、自然と抜けてしまうこともあります。
ただ、同じくモバイルバッテリー搭載のAC充電器であるPanasonic QE-AL201は違います。このように、コンセントに対して90度曲がっているため……

https://www.makkyon.com/2015/07/28/qe-al201/
重量はPowerCore Fusion 5000と同じく190g程度ありますが、コンセントがゆるくても、バランスよく刺さったままです。

PowerCore Fusion 5000ほど分かりやすく抜けたりはしませんが、軽いはずのPowerPort III miniでも同様の症状が起きます。

その点、Anker PowerPort Atom III Slimは壁面に対して90度曲がって支えるため、重量バランスがよく、抜ける心配がありません。

地味な違いではあるものの、日頃のちょっとしたストレスが使用頻度に直結します。世の中に出回るUSB PDアダプターの多くは、こうした壁付けに弱く、大電力アダプタであるほど大きく重いため、抜けやすい製品になるのです。
Anker PowerPort Atom III Slimは、この不満を解消したアダプターなのです。

最大45W供給可能なAnker PowerPort Atom III 45W Slimも登場

本製品よりもさらに出力の大きい45W出力可能なPowerPort Atom III 45W Slimも登場しました。レビュー記事はこちらからどうぞ。
https://www.makkyon.com/2020/06/08/anker-powerport-atom-iii-45w-slim/

まとめ

超薄型・超小型・超軽量、ほぼカードサイズ。当然、持ち運びに便利だし、カバンに入れっぱなしにしても、悪目立ちしないサイズ感です。
それでいて、iPhoneやiPadへの急速充電どころか、最大30WでMacBook Airに給電できるというパワフルさを持ち合わせています。さらに、PowerIQ 3.0によって、QuickChargeにも対応するマルチな性能を持ち合わせた、最高の製品です。
USB PD対応機器、QuickCharge対応機器をお持ちの方なら、末長く、便利に使えるはずです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる