\ お買い物マラソン開催中! /

ポータブルゲーミングPCが5万円台で買える!Steam Deckレビュー!PCゲーム初心者にもおすすめ!Windowsも動かせる……!

  • URLをコピーしました!

PCゲームをポータブルで遊ぶ時代がやってきた!

PSPやPS Vitaとかゲームボーイとか3DSとか、昔からポータブルゲーム機ってありますけど、最近はニンテンドースイッチくらいしか無くなっちゃいましたね。スマホに取って代わられた感はあります。

ところが最近は、PCゲームを動かす目的で、Windows PCとしての性能を持ったポータブルゲーム機が出回り始めています。私が最初に認識したのはGPD Winで、両手で持って使う超小型ノートPCでした。

そのうち、コントローラーがメインになって、ニンテンドースイッチと同じようなフォルムのWindows PCが登場し始めます。話題になったのは、ONEXPLAYERやAYANEOですね。GPDもWIN4で専用機に参入しました。

ただ、ゲーミングPCとしての性能を詰め込んでいるため、価格も10万円超えが当たり前。そこらのノートPCを蹴散らすレベルのハイスペックマシンなので当然ですね。世間的にはニッチな製品なので、価格競争も起きにくいです。Windowsが使えるゲーム機として考えれば妥当な価格なんですけど、それでも躊躇してしまいます。

そんなポータブルゲーミングPC市場に、ゲームチェンジャーとなりうるデバイスが登場しました。そう、Steam Deckです。

INDEX

Valve Steam Deckとは?

Steam Deckを開発・販売しているのは、アメリカに本社を置くValve Corporationで、ゲーム配信プラットフォームのSteamを運営しています。Steamプラットフォームは、Windows/macOS/iOS/Android/Linux等に対応していて、世界中に数多くのユーザーがいます。(ただし、ゲーム自体はWindows専用のものも多い)

そんなValveが2022年に発売したのがポータブルゲーミングPC「Steam Deck」です。

ハードウェア構成としては、CPUにAMDのZen2プロセッサ(4コア/8スレッド)、16GBのメモリ、64GB〜512GBのストレージ、7インチ・400ニト・1280×800のIPS液晶、10点マルチタッチ対応の静電容量方式のディスプレイ、USB PDとDisplayPort Alt Mode対応のUSB-Cポート、UHS-I対応のmicroSDカードスロットなど、となっています。

ただし、インストールされているOSはWindowsではなく、Linuxベースの「SteamOS 3.0」です。Windowsゲームは動かないの?と思われるかもしれませんが、Windows互換レイヤーのProtonを介して動くようになっています。詳しいMacユーザーやLinuxユーザーの方であれば、Wineが動いていると考えれば良いです。

なお、Steam Deck自体にWindowsをインストールすることは可能で、すでにYouTube等でも手順が公開されているので、microSDカードを使って手軽に試すのもアリでしょう!(Steam DeckにWindowsがインストールされていないのは、Windowsのライセンス料金により価格が上がるのを避けたのでしょう)

Steam Deckの発表自体は2021年7月で、2022年2月に北米・ヨーロッパで発売、日本では2022年12月に発売・出荷されました。

Steam Deckのラインナップ

Steam Deckには、3種類の構成が存在します。気にすべきはストレージの容量ですが、最安モデルはeMMCで、中間モデルはNVMeのため、速度差があります。プレミアム防眩エッチングガラスは、液晶の映り込みを防止するものなので、気になる方は選ぶと良いでしょう。

スクロールできます
64GBモデル256GBモデル512GBモデル
ストレージ容量64GB256GB512GB
ストレージ規格eMMCNVMe SSD高速NVMe SSD
ディスプレイプレミアム防眩エッチングガラス
付属ケースなしキャリングケース限定キャリングケース
その他特典なし限定Steamコミュニティプロフィールバンドル限定Steamコミュニティプロフィールバンドル
限定仮想キーボードテーマ
価格59,800円79,800円99,800円
各モデルの比較

とにかく安いものを買いたいということであれば、最安モデルを選ぶのが良いでしょう。保証外になりますが、SSDに換装することもできるそうです(自己責任で!)。バランスが良いのは中間モデルの256GBではないでしょうか。

日本でのSteam Deckは、正規販売代理店である株式会社KOMODOのサイトから購入できます。

ちなみに、価格は5万9,800円〜9万9,800円で、ポータブルゲーミングPCとしては最廉価の部類に入るのですが、北米での販売価格は399ドル〜649ドルとなっていて、レートは1ドル=150円前後で計算されているようです。円安の影響をモロに受けていますね。2022年初頭の1ドル=115円の水準なら、最安モデルは4万5,885円のはずでした……。

Steam Deckをレビュー

前置きが長くなりましたが、Steam Deckを購入しました。今回購入したのは256GB版です。ダンボールで届きました。この中にSteam Deckのパッケージが入っているのでしょうか……。

……と思ったら、このダンボール自体がパッケージでした。注意事項のシートが入っています。パッケージの折り返しには、各国語でSteam Deckを利用するシチュエーションが書かれていました。日本語だと「駅で」「観覧車で」という文字が目に付きます。……観覧車で?

中に入っていたのは、純正のキャリングケースと、ACアダプターの箱でした。

キャリングケースの大きさから「やはり大きいな……」と実感するものの、とりあえずACアダプターから見ていきます。

とりあえずACアダプターからチェック

ACアダプターの箱の中には、アダプター本体と、各種注意事項が入っていました。

ACアダプターのプラグは折りたたみには対応していません。

Steam Deckとの接続コネクターは汎用的なUSB-Cです。

仕様を見てみると、出力は可変で、15W・27W・45Wに対応するようです。Steam Deck以外の機器でも使えそうな仕様でした。

ケーブルは1.5m程度あり、コンセントからちょっと離れた場所でも使えそうです。

Steam Deckのキャリングケースをチェックしてみる

では、いよいよSteam Deck本体をチェックしていきましょう。付属のキャリングケースは硬めの芯材が入っているハードタイプで、表面を叩いても、凹むようなことはありません。

幅広めの持ち手がついています。

背面にもベルトがあります。これは、機能的なカバンによくある「スーツケースのハンドルに通せる」ベルトということでしょうか。楕円形の凹みがありますが、これはSteam Deckの本体デザインに合わせたものでしょう。

Steam Deck購入者が最初に遭遇するゲームは、おそらくこれでしょう。Valveロゴの入ったタグです。キャリングケースを開ける2つのジッパーを固定しているため、このタグをどうにかしないと、Steam Deckを触れません。

タグを切るのが手っ取り早いんですが、「引っ張れば抜ける」というSNS投稿もあったので、一応チャレンジしてみましたが、無理でした。やむなくハサミで切りました。

Steam Deckの外観をチェックしてみる

ようやくSteam Deckと対面です。想像していましたが、やはり巨大です。子供の頃に手にしたゲームギア(セガ/1990年)とかLynx(アタリ/1989年)のような感覚を思い出しました。

……と書いたところで、実際のところゲームギアやLynxってどうだったんだろうと調べてみたら、ゲームギアは約500g、Lynxは約800gあったそうで、さすがにLynx重すぎやろ……って思いました。(ちなみに、Steam Deckは約669gです)

左右にあるトラックパッドは、指で操作するには十分な広さがあるようです。

サムスティックの剛性も十分にあり、ヤワな感じは一切ないですね。

人差し指がかかるL1・L2ボタンも押しやすいです。

上面の左側には、音量ボタンとイヤホンジャックがあります。

冷却ファンを挟んで右側には、USB-Cポートと電源ボタンです。

背面にはR4・R5(L4・L5)ボタンがあり、その横には、広めの吸気口が並んでいます。

ニンテンドースイッチを触っている身からすると、Steam Deckは全体的に巨大ではあるものの、大きさの割には軽く感じるし、重量のバランスに偏りはないし、むしろ両手のグリップがしっかりしている点を加味すると、持ちやすくて手軽なポータブルゲーミングPCだと感じました。

Steam Deckの画面保護フィルムは何がいい?

使い始める前に、画面保護フィルムを貼っておこうと思います。今回は、Spigenの画面保護フィルムEZ Fitを使用しました。貼り付けキット付きなので、貼り間違いがなく、正確に張ることができます。

本製品のレビューは別記事になっています。

ただ、このガラスフィルムは、貼り付けキット付きでやや高価なため、とりあえず安いものでいいという方は、Amazonで2枚セットで売っているようなものを選ぶのがいいでしょう。

というわけで、画面保護フィルムの貼り付けが終了しました。まるで何も貼っていないかのような張り具合です。すごい、さすがEZ Fit。

これで安心して使い始められます……。

Steam Deckをセットアップする

Steam Deck右上の電源ボタンを長押しして、電源を入れます。言語設定から始まります。

ネットワークの設定では、Wi-Fiのパスワードが必要です。

ログイン画面に移ると、アカウントの入力フォームが現れますが、すでにアカウントをお持ちの方はQRコードによるログインを利用できます。

スマホのSteamアプリ(ログイン済み)で、QRコードをスキャンすれば、そのままログインが可能です。便利!

Steam Deckには、Steamアカウントが必要です。Steam Deckを購入された方で、初めてSteamを使う方はアカウントを作成しておきましょう。

これで、Steam Deckの設定が完了です。簡単なチュートリアルが始まります。

Steam Deck内から直接ストアにもアクセスできます。

これで、Steam Deckで遊ぶことができます。

Steam Dockドッキングステーションも買ってみた

Steam Deck本体と一緒に、純正のドッキングステーションも購入してみました。

内容物には、Steam Deckドッキングステーション本体と、ACアダプター、各種注意事項が含まれます。

ACアダプターは、Steam Deck本体に含まれているものと同じですね。2個目だ……。

ドッキングステーションは、Steam Deckを立てかけられるようになっています。

拡張用のポートとしては、映像出力用のDisplayPort 1.4、HDMI 2.0、電源供給用のUSB-C、ギガビットイーサネットポート、USB 3.1(USB-A)×3ポートとなっています。

なお、Steam Deckとは、上部のUSB-Cポートで接続します。ニンテンドースイッチのように本体下部で挿すのではなく、USB-Cケーブルの抜き差しです。

ところで、純正ドッキングステーションの難点はその価格の高さ。14,800円です。(89ドルなので、1ドル166円換算ですね……)一方で、Amazon等で探せば数千円台のドッキングステーションが多数並びます。どれを選べばいいのか。

そこで、先行して発売していた北米・ヨーロッパの情報を探して、Amazon.comで300件以上のレビューを集める、JSAUXのドッキングステーションが人気のようだと分かりました。

日本でのレビューはまだ少数ですが、迷ったならこれでいいんじゃないでしょうか。純正品の半額以下だし……。ちなみに、DisplayPortはありません。でも、HDMIがあれば、なんとかなるよね。

Steam Deckの画面サイズをニンテンドースイッチと比較する

Steam Deckの画面サイズを他のデバイスと比較してみましょう。Steam Deckの画面は7インチです。写真の左に写っているのは有機ELのニンテンドースイッチでこちらも7インチ、右に写っているのはiPhone 14 Pro Maxで6.7インチです。

同じ7インチ前後でも、Steam Deckは一際大きく見えます。これは、それぞれのデバイスの画角が違うため。「7インチ」は対角の長さを表しており、各デバイスのアスペクト比はiPhone 14 Pro Maxは19.5:9、ニンテンドースイッチは16:9、そしてSteam Deckは16:10です。

四角形の面積を求める公式を思いだしてもらえば分かりますが、同じ7インチでもニンテンドースイッチよりもSteam Deckの方が大きくなります。つまり、Steam Deckはニンテンドースイッチより画面が大きい!

Steam Deckに入れるmicroSDカード、どれを選べばいい?

Steam Deckの内蔵ストレージは3種類から選べますが、容量がいっぱいになったとしても、microSDカードによってストレージを拡張することができます。

Steam DeckのmicroSDカードスロットは、右下にあります。

Steam DeckのmicroSDカードリーダーは、公式にUHS-I対応と明記されています。UHS-Iは、SDカードのデータ伝送規格で、最高104MB/秒の転送に対応します。これに対応したmicroSDカードを選びましょう。

またSDカードの規格としては、Androidスマートフォン用に選ぶのと同様(ランダムリード・ライトとシーケンシャルの最低処理速度を規定した)アプリケーションパフォーマンスクラスに基づいて「A2」を選んでおきたいところです。

UHS-IとA2に対応したTranscendのmicroSDカード

というわけで、Steam Deck用に買うのにオススメのSDカードを紹介しておきます。いずれもUHS-I、A2に対応しています。(補足:ネクストレージはソニーグループの企業です)

スクロールできます
128GB256GB512GB
SanDisk
SDSQXAA-128G-GH3MA

SDSQXAV-256G-GH3MA

SDSQXAV-512G-GH3MA
Samsung
MB-MC128KA/EC

MB-MC256KA/EC

MB-MC512KA/EC
シリコンパワー
SP128GBSTXDA2V20SP

SP256GBSTXDA2V20SP

SP512GBSTXDA2V20SP
トランセンド
TS128GUSD340S

TS256GUSD340S
SUNEAST
SE-MSDU112818ON

SE-MSDU125618ON
ネクストレージ
NM1A128/GHAE SYM

NM1A256/GHAE SYM

UHS-IとA2に対応していれば、あとは容量や速度の違いで選ぶことになります。予算に余裕があれば、容量が多くて高速なmicroSDカードを選んでおきましょう。Steam内では余裕で100GBを超えるゲームがうじゃうじゃしてますからね……たくさんインストールしようとすると秒で詰みます。

Amazonで購入する場合、「海外パッケージ品」や「並行輸入品」を選ばないように気をつけてください。「販売元 Amazon.co.jp」となっている製品が安心です。特にSanDiskやSamsung製品は注意が必要です。

Steam Deckの電源はUSB PDに対応している、何が使える?

Steam DeckのUSB-Cポートは、汎用的なUSB PDの充電器が使えるようになっています。付属のACアダプターはそこそこ大きいので、旅行では小さい充電器を持ち運びたいものです。

Steam DeckのACアダプターは45Wになっていますが、30Wの充電器でも問題なく使えました。

Steam Deckを高速充電できるUSB充電器の中では、最小クラスではないでしょうか。

モバイルバッテリー内蔵のUSB充電器であるAnker 521 Power Bankも使えました。ただし、コンセント接続時は45W出るので問題なく高速充電できますが、バッテリーからの給電だと20Wになるため、「低速充電」のアラートが表示されます。

Steam Deckに限らず、1つ持っておくと何かと使えるUSB充電器だったりします。

USB PDで最低でも30W出せるUSB充電器なら使えそうです。

Steam Deckで低遅延のワイヤレスイヤホンを使う

Steam Deckと組み合わせて使いたいと思ったのが、Ankerの完全ワイヤレスイヤホン「Anker Soundcore VR P10」です。なぜかというと、Soundcore VR P10は低遅延をウリにした完全ワイヤレスイヤホンだからです。ゲーム機では音の遅延はストレスなので……。

Soundcore VR P10は、VRヘッドセットのMeta Quest 2に最適化された完全ワイヤレスイヤホンですが、付属のUSB-Cドングルは汎用に使えるので、ニンテンドースイッチやMacやiPadでも使用できます。

Steam Deckは、ハードウェア的にはPCと同等なので、USB-Cポートに挿せばそのまま使うことができました。

最近のワイヤレスイヤホンには、ゲームモード/ゲーミングモードという名目で低遅延モードが搭載されていますが、その多くが処理速度を上げることで音質を犠牲にしています。その点、Soundcore VR P10は最新のLE AudioとLC3コーデックのおかげで、高音質を保ったままaptX Low Latency並みの低遅延を実現しています。

LE AudioとLC3コーデックは次世代のBluetoothオーディオ規格なので、今後もこういったイヤホンは増えてくるでしょうが、最新規格をいち早く体験できるのがSoundcore VR P10というわけです。

なお、Soundcore VR P10に付属のUSB-Cドングルは、電源をパススルーしてくれますが、20Wの制限があるため、低速充電器のアラートが表示されます。

Steam Deckで快適に遊べるゲームはどれ?

Steam Deckは、SteamにラインナップされているPCゲームをプレイできます。しかし、すべてプレイできるわけではありません。各ゲームの詳細ページには、互換性を示す表示があります。これを参考にゲームを選ぶようにしてください。

問題なく動く
一部問題がある
動かない

詳細ボタンを押すと、互換性でどういった問題が発生しているのか詳しく表示されます。キーボードを使った入力があるゲームでは互換性に注意が必要です。

例:MONSTER HUNTER RISEでの互換性(2023年1月時点)

Steamのストアでは、Steam Deckで快適に動作するゲームを紹介してくれています。ラインナップが気になる方は、次のリンクから確認してみてください。

ちなみに、2023年1月2日時点の売上上位100本のゲームを調べてみたところ、確認済み 34本/プレイ可能 45本/非対応 19本でした(一部バンドル等で不明なゲームあり)。約80%が動くということ。

北米・ヨーロッパでは2022年2月に発売されていたこともあり、すでにかなりの数のゲームが動くようです。

Steam DeckにWindowsがインストールできるらしい

Steam DeckはPCと同等のハードウェア構成です。Windowsもインストールできます。内蔵のSSDだけでなく、外付けのmicroSDからも起動が可能です。詳しく解説してくれているYouTuberの方もいるので、説明はそちらを見ていただくのが早いでしょう。

ただ、問題点があります。インストール用のメディアを作るためにWindowsマシンが必要です。私は、MacユーザーでWindowsマシンを持っていないので、どうしようか思案中です……。

ちなみに、Steam公式でSteamOSとWindowsのデュアルブートは可能だと明記しています(2023年1月現在)。ただし、現状では対応しておらず、デュアルブートウィザードの実装待ちとのこと。詳細は下記の公式ページから。

初心者の方へ……Steamでのゲームの買い方

アカウントにクレジットカードを登録しておけば、いつでも購入できます。VISAやMasterCardはもちろんのこと、JCBにも対応しています。この手のサービスでは除外されがちなデビットカード/プリペイドカードも登録が可能です。私は、au PAYプリペイドカード(旧au WALLET)や、ソニー銀行のデビットカードで購入できました。

クレジットカード以外にも、多彩な支払い方法が選べます

  • PayPal
  • コンビニ払い
  • 銀行振込
  • ペイジー
  • WebMoney
  • Steamプリペイドカード
  • nanacoギフトカード
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • PayPay
  • au PAY

Steamプリペイドカードは、コンビニ等で購入できます。個人的にはPayPayで買えるのが気に入っています。

PayPayはスマホでQRコードを読んで即支払いできる

Steam Deckのまとめ

ゲームハードといえば、ニンテンドースイッチしか持っていなかったので、PS4/5やXbox用のゲームには手が出せませんでした。Steamのプラットフォームと、Steam Deckというハードウェアがあるおかげで、これらのゲームを気軽にプレイできるようになりました。PS4ポータブル、Xboxポータブルとでも呼びたい気分です。

また、PCスペックを持つSteam Deckは、抜群の拡張性と互換性を保証してくれます。まさに夢が広がるハードウェアといえるでしょう。これが5万円台から手に入るとは、いい時代になったものです。

Steamプラットフォームが成熟していることで、初心者もSteam Deckを買いやすくなっています。気になった人はぜひ前向きに検討してみてください。

Valve Steam Deck
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • PCゲームがポータブルで楽しめる
  • Steamプラットフォーム上の多数のゲームが動く
  • PCのアーキテクチャで動くので多くの周辺機器が使える
  • microSDカードでストレージを拡張できる
  • Windowsをインストールできる
デメリット
  • とにかくでかい
  • ゲーム機としては高価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX