\ お買い物マラソン開催中! /

chipolo wallet finder/財布を無くさないために!クレジットカードサイズで「探す」アプリが使えるBluetoothトラッカー

  • URLをコピーしました!

AirTagでは厚すぎる

Apple製の紛失防止スマートタグ「AirTag」は、カバンや鍵と一緒に持ち歩くことで、盗難や置き忘れで手元から離れた際に通知してくれます。非常に便利なデバイスではあるんですが、一つだけ困ったことがあります。

分厚すぎて、財布に入らないのです。

INDEX

chipolo wallet finderをレビュー

今回購入したのは、カード型のBluetoothトラッカー「chipolo wallet finder」です。

wallet finderは、chipoloの公式サイトから購入できます。

「Works with Apple Find My」は、iPhoneやiPadの「探す」アプリに対応する証です。

シンプルなブラックのカードです。

chipolo wallet finderに、マニュアル類が付属しています。

chipolo wallet finderは、クレジットカードサイズのBluetoothトラッカーです。

その薄さは2.4mmしかありません。しかもこの薄さで、2年間のバッテリーライフがあるそうです。

クレジットカードサイズのBluetoothトラッカーは、chipolo wallet finderだけではありません。MAMORIO CARDやtile slimといった競合製品もあります。

MAMORIO CARDは、ワイヤレス充電が可能という他にはない特徴があります。

いずれもクレジットカードサイズです。(右下は実際のクレジットカード)似たようなトラッカーですが、それぞれに特徴があります。chipolo wallet finderは「探す」アプリ対応ですね。

設定を進めていきましょう。chipoloの電源を入れると、iOS側で認識されるので接続します。

iPhoneに設定されているApple IDに紐づけられたことが通知されます。

クレジットカード並みの薄さと軽さなので、薄く軽い財布の中にも問題なく収まります。私は、フレキシブルIoT財布の「TIME」を使っているので、この中に入れていきます。

クレジットカードや運転免許証と一緒に入れてみました。厚みとしてはプラスチックカード1.5枚分といったところでしょうか。

カード型なので、膨らんだり、出っ張ったりすることはありません。

現行のAirTagでは実現できない薄さですね!

chipolo wallet finderのまとめ

chipolo wallet finderの存在を忘れて、財布を持ち運んでいます。無くしたり盗まれたりしない限りは、chipolo wallet finderが活躍する機会はありません。できれば、chipolo wallet finderが活躍しないことを願うばかりです。

chipolo wallet finder
総合評価
( 5 )
メリット
  • クレジットカードサイズで、薄くて軽くて財布に入る
  • Appleの「探す」アプリに対応する
  • 2年間のバッテリー持ち
デメリット
  • 販売ルートが限られる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX