Anker

Anker PowerPort III Nano 20W レビュー/これ標準付属でいいのでは?iPhone 12と使いたいACアダプター!

ACアダプターが付属しなくなったiPhone 12シリーズ……

iPhone 11以前のiPhoneシリーズには、有線イヤホン・USB-ACアダプター・Lightningケーブルが標準で付属していました。しかし、iPhone 12シリーズからは環境への配慮ということで、付属品はLightningケーブルのみとなりました。

有線イヤホンはともかく、ACアダプターが付属しないと困る方も多いのではないかなと思うんですが……

iPhone 12シリーズにふさわしいACアダプターは、Ankerから?

ACアダプターが付属しない一方で、iPhone 12シリーズは最大20Wで急速充電が可能になっています。もし、これからACアダプターを買おうと考えている方は、この20W充電に対応した製品を買うのがオススメです。

そして、この分野のリーディングカンパニーといえば、Anker。iPhone 12シリーズに対応した超小型のACアダプターを発売しました。

結論からいうと、これをiPhone 12に標準付属してほしいと思える出来の製品でした。それでは、レビューをどうぞ。

Anker PowerPort III Nano 20Wをレビュー

最近はコンビニでもAnker製品を入手できるようになってきました。それに合わせてなのか、パッケージにも変化があったようです。

これまでのAnker製品のパッケージから、明らかに文字情報が増えました。店頭で手にとってもらって、分かりやすく伝えるにはこれくらいの訴求が必要なのでしょう。

背面にも詳しく製品の特徴が掲載されています。ここに書いてある「一般的な5W充電器」というのは重要な表記です。このあとのレビューで見ていきましょう。

パッケージを開封して取り出すと、トレイにのっているACアダプターが登場します。パッケージを手にとった瞬間に「軽すぎない?」と感じたのはこれが理由だったようです。とにかく小さすぎる。

取扱説明書や製品保証書も、スタイリッシュさは控えめに、分かりやすい表記になっていました。

それでは、PowerPort III Nano 20W本体を見ていきましょう。

超小型のPowerPort III Nano 20W、500円玉サイズは本当?

手のひらに乗せてみれば、一目瞭然。PowerPort III Nano 20W急速充電器はとにかく小さすぎます。

Ankerロゴは側面にあります。なお、プラグは折りたたみではありません。(折りたたみだったら、大きくなっていたでしょう)
この急速充電器はUSB PDに対応しているので、当然USBポートはUSB Type-C(以下USB-C)です。PowerIQ 3.0のロゴがある通り、USB PDとQuick Chargeの両方に対応しているので、iPhoneだけでなくAndroidユーザーにもメリットがあります。

PowerIQ 3.0について詳しく知りたい方は、下記のページがオススメです。

スマートフォンやノートPC等の機器の充電に必要不可欠な充電器。機器毎に採用されている給電規格が異なり、外出の際に複数の充電器を持ち歩く人も少なくありません。Ankerの最新技術であるPowerIQ 3.0を搭載した充電器なら、どのような機器でも1つの充電器でこと足りる毎日を実現できるかもしれません。
よりスマートな生活を実現するPowerIQ 3.0

さて、このPowerPort III Nano 20W急速充電器ですが、とにかく小さい。Anker公式に500円玉サイズと宣伝していました。一応、500円玉と比較してみましょうか。

はい、綺麗に500円玉サイズ!看板に偽りなしですね。

壁面コンセントに挿しても、出っぱりは控えめ、他のコンセントに干渉することも無さそうです。
ところで、パッケージ背面に「一般的な5W充電器と同じサイズ」と書いてありましたよね。iPhoneユーザーならお馴染みこの「一般的な5W充電器」と比較してみましょう。

PowerPort III Nano 20Wを「一般的な5W充電器」と比較してみる

手元にある充電器2種類と、PowerPort III Nano 20W急速充電器を並べてみました。

PowerPort III Nano 20W急速充電器(写真左)は、一般的な5W充電器(写真右)とほぼ同じ大きさでした。

そう、一般的な5W充電器は、iPhoneシリーズに付属していたACアダプターです。ほぼ同じなのに、20Wと5W、まったく性能が違うのです。

そして、iPhone 11 Pro Maxに付属しているACアダプター(写真右)とも比較してみます。このACアダプターはUSB PD 18Wでの充電が可能ですが、PowerPort III Nano 20W急速充電器(写真左)の方が最大出力は上です。

参考までに、最大30Wの出力が可能なPowerPort Atom III Slim(写真左)ともサイズ比較してみます。PowerPort Atom III Slimも十分小さく薄いのですが、それでもPowerPort III Nano 20Wと比べると大ぶりに見えます。

PowerPort Atom III Slimのレビュー記事はこちらから。

Anker PowerPort Atom III Slim レビュー/最大30W対応の超薄型USB PDアダプタ登場!USB PDアダプターの、とある欠点とは…… ノートPCだけでなく、iPhoneやニンテンドー スイッチにも搭載され、すっかり定着した...
PowerPort III Nano 20W急速充電器をコンセントに繋いで、PDOを確認してみました。9V 2.22Aなので19.98W、約20Wですね。

参考までに、iPhone 11 Pro Maxに付属する18Wアダプター。

こちらは9V 2Aなので18Wぴったりです。

PowerPort III Nano 20W、iPhone 11シリーズでは使える?

ところで、PowerPort III Nano 20W急速充電器はiPhone 11シリーズでも急速充電できるのでしょうか?答えは「できる」ですが、20Wではなく最大18Wの充電になるでしょう。

最大20Wで充電可能なiPhone 12 Pro Maxと、最大18Wで充電可能なiPhone 11 Pro Max、充電時間にどれほど差がでるのか、実機を入手できたら試してみたいところです。

まとめ

とりあえず、量販店やキャリアショップでiPhone12シリーズを購入すると「ACアダプターが付属していないので、こちらも一緒に買ったほうがいいですよ」と、やたら高い製品をオススメされる可能性があります。

もし、まわりでiPhone 12シリーズを買おうとしている方がいたら、このPowerPort III Nano 20W急速充電器をオススメしてみるとよいのではないでしょうか。

なお、auショップではコラボ商品としての扱いが決まっていて、店頭およびオンラインでの取り扱いがあります。

500円玉サイズ&わずか30gという世界最小・最軽量設計の急速充電器「Anker PowerPort III Nano 20W」を2020年10月23日より「au+1 collection SELECT」として全国のauショップ、au Online Shop、KDDIおよび沖縄セルラーの直営店にて販売開始。au×Ankerのコラボレーション第11弾です。
【アンカー・ジャパン】auコラボ第11弾!超小型急速充電器「Anker PowerPort III Nano 20W」を「au+1 collection SELECT」にて販売開始

価格的にはAmazonの方が圧倒的に安いので、よく検討してみてください(auショップだとPontaポイントで買えたりするので)。

ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ

ブラックフライデー&サイバーマンデー 11/27[金]9:00 - 12/1[火]23:59Amazon.co.jp >
+