\ ポイント最大10倍セール! /

Anker PowerPort Strip PD 3 レビュー/USB PD 30Wが出る電源タップ!MacBook Airも充電可!

  • URLをコピーしました!

USBポートを内蔵した電源タップの存在

本サイトには「コンセントにUSBを加える」というカテゴリーがあります。これは文字通り、USBポートを内蔵した電源タップのレビュー記事です。

最初の記事は2015年のもので、当時からいくつかUSBポート搭載の電源タップがありました。(無印良品からも出ていました)。ただ、初期のUSBポート内蔵電源タップは、出力も弱く、「とりあえず充電できればいい」というものでした。

最近は……?

INDEX

USB PDに対応した電源タップが欲しい……

現在、デスク下にはMerossのスマート電源タップを設置しています。USBポートが4基あるのですが、iPad Proを充電したり、MagSafe充電アダプタを接続するのにUSB PDが必要で、結局延長ケーブルを導入し、デスク上にコンセントを引き出しています。

Merossのスマート電源タップはアプリから制御できるので、とても便利なのですが、USB PDが無いことに不満がありました。


そこで導入したのが、AnkerのPowerPort Strip PD 3です。

PowerPort Strip PDシリーズにはコンセント差し込み口が3口のものと6口のものがあります。今回は3口で十分だったので、PowerPort Strip PD 3を購入しました。

Anker PowerPort Strip PD 3 レビュー

Anker製品はACアダプタやケーブルなどの小型商品を購入することが多いので、PowerPort Strip PD 3のパッケージは大きいと感じました。新鮮です。

内容物は、PowerPort Strip PD 3本体と説明書類です。ケーブルは直付けで、長さは1.8m。長すぎず、短すぎず、といったところでしょうか。

プラグがスイングプラグだとなおよかったのですが……。棚の後ろのコンセントを使うのにあたって、プラグが出っ張って不便だったので、マイクロタップを使って、下からコードを出すようにしました。(こんなにコンセントはいらないんですけどね……)

PowerPort Strip PD 3には、集中スイッチと、3口のコンセント、3基のUSBポートが備わっています。コンセントには、ほこり防止シャッターが付いているので、トラッキング火災が起こりにくくなっています。

底面には、両端に滑り止めとビス用のフックが2箇所ありました。

USBポート3基のうち、2基はUSB-Aポート(PowerIQ対応)、1基はUSB-Cポート(USB PD 30W対応)となっています。

Merossのスマート電源タップと並べてみると、短めに仕上がっています。(USBポートもコンセントも1基ずつ少ないですが)

集中スイッチをONにすると、白色のLEDが点灯します。目立ちすぎない光なので、夜中に室内で目立つようなことがありません。

使い始める前に、USBポートの挙動を確認しておきましょう。

使い方によって最大出力が異なるUSBポート

中央のUSB-Cポートは、USB PDに対応しているため、最大で30Wもの出力を出せます。iPhoneやiPad Proの急速充電どころか、MacBook Airも問題なく充電できるほどの出力です。

ただし、この最大出力30Wは、USBポート全体で共有します。USB-Aポートも併用した場合、USB-Cポートの最大出力は18Wまで下がります。

最大18WだとiPhoneやiPad Proまでは大丈夫ですが、MacBook Airを充電するにはパワーが足りません。(充電そのものはできても、充電速度が遅かったり、緩やかに減る可能性があります)

PowerPort Strip PD 3の底面に書かれた仕様です。

USBポートの電源周りの仕様は、分かりづらいことが多いので、注意して使い分けましょう。

まとめ

私は、USB-Cポートだけ使っているので、USB PD 30Wの恩恵を受けられていますが、何でもかんでもUSBで充電したい方には物足りない仕様かもしれません。

この出力が物足りない方は、無理せずにUSB-ACアダプターを併用するのがいいでしょう。PowerPort Strip PD 6はコンセントが6口あるので、こちらも検討してみてください。

【追記】けっきょく、コンセントが足りなくなって、PowerPort Strip PD 6を買い足してしまいました。続けて、こちらのレビューもどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる